新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 八 章



  1. この日ヱルサレムにあるところの敎會をおほい窘迫せむることおこり使徒たちほかは皆ユダヤとサマリアの地にちらされたり
  2. 敬虔つゝしみある人々ステパノをはうむこれためおほいなる哭泣なげきをなせり
  3. サウロは敎會を殘害あらして此處こゝ彼處かしこの家にいり男女をとこをんな曳出ひきいだしてこれひとやわたせり
  4. こゝおいちらされたる者どもあまねゆきて福音を宣傳のべつたへたり
  5. ピリポはサマリアのまちくだりてキリストの事を彼等に示す
  6. おほくの人々ピリポが行へるふしぎなるわざ見聞みきゝして心をおなじうしつゝしみその語れることきけ
  7. そはけがれたる鬼おほい喊呌さけびそのつける所のおほくの人よりいでまた癱瘋ちゅうぶおよび跛者あしなへの人も多くいやされたればなり
  8. これより此邑このまちおほいなるよろこびありき
  9. こゝにシモンといへもと魔術を行ひみづからをおほいなる者としてサマリアの民をおどろかしゝ者あり
  10. 小より大に至るまで皆つゝしみて彼にきゝこの人は神のおほいなるちからなりといへ
  11. 彼等のつゝしみこれきけるはひさしその魔術におどろかされたるがゆゑなり
  12. しかれども彼等神の國およびイエスキリストの名につきて福音をのぶるピリポを信ぜしかば男女をとこをんなともバプテスマをうく
  13. シモンもまた信じてバプテスマをうけ常にピリポとともありて彼が行ふ所のふしぎなるわざ休徵しるしを見ておどろけり
  14. ヱルサレムにをる使徒たちサマリアすでに神のことばうけたりときゝてペテロとヨハネを彼處かしこつかは
  15. この二人の者くだりて彼等が聖靈をうけために祈れり
  16. そはかれらたゞしゅイエスの名にいれられバプテスマをうけのみにていまその一人にも聖靈くだらざりしによる
  17. この時二人の者手を彼等の上におきければ彼等聖靈をうけたり
  18. 使徒たちの手をおけるによりて聖靈をあたへられしを見てシモンかね携來もちきたり彼等にいひけるは
  19. わが手をおくところの者もすべて聖靈をうけためこのちからわれにもあたへ
  20. ペテロ彼にいひけるは なんぢかねなんぢともほろびなんぢは神のたまものかねにて得んとおもへ
  21. なんぢこの事においわかちなく又あづかりなし そはなんぢの心 神の前にたゞしからず
  22. ゆゑなんぢこの惡を悔改くひあらためて神に祈れ なんぢの心のおもひあるひゆるされん
  23. われなんぢたんにがきにをり不義のつなぎをるを見ればなり
  24. シモンこたへいひけるは 爾曹なんぢらが語れるところひとつわれおよばざるやうわがためしゅに祈れ
  25. かれらしゅことばあかしかつこれをかたりのちヱルサレムへ返往かへりゆくときサマリアびと諸邑むらむらに福音をつたへたり

  26. しゅ使者つかひピリポにかたりいひけるは たちて南のかたむかひヱルサレムよりガザにくだる所のみちゆけ そのみちなり
  27. かれたちゆけり エテヲピアびとすなはちエテオピアびと女王にょわうカンダケの大臣なる寺人じゞんにてすべその女王にょわう財寶たからつかさどる者禮拜おがみためにヱルサレムにきたり
  28. そのかへりなるが車のうちし預言者イザヤのふみよみをれり
  29. みたまピリポにいひけるは ゆきこの車につけ
  30. ピリポはしりよりて彼が預言者イザヤのふみよむきゝこれにいひけるは なんぢそのよむところの事をさとるや
  31. 彼いひけるはもしわれをみちびく者なくば如何いかさとることを得んや つひこふてピリポをおのれともせしむ
  32. そのよみをりし聖書のぶんの如し 彼は羊の屠塲ほふりばひかるゝ如くひかれ又こひつじその毛をきる者の前にて聲をいださぬが如くその口をひらか
  33. かれ卑賤いやしきをりしとき義判たゞしきさばきうばゝれたり たれよくその世のさまのべ得んや そはかれの生命いのち地よりとられたればなり
  34. 寺人じゞんピリポにむかひいひけるは こふ われに示せ 預言者はたれさしこれかたりしや 自己みづからさししか 他人ほかのひとさししか
  35. ピリポ口をひらきこのしるされたる所にもとづきてイエスの福音を彼に宣傳のべつた
  36. かくて二人の者みちをゆき水ある所にいたりければ寺人じゞんいひけるは 水を見よ われバプテスマをうけんとす なにさはりある
  37. ピリポいひけるは なんぢもし全心まったきこゝろをもて信ぜばよからん 彼こたへていひけるは われイエスキリストは神の子なりと信ず
  38. つひに命じて車をとゞめしめピリポと寺人じゞんの二人水にくだりピリポ バプテスマを彼に施せり
  39. かれら水よりあがれるときしゅみたまピリポを引去ひきさ寺人じゞんまた彼をみることを得ざりき 寺人じゞん喜びてそのみちゆけ
  40. さてアシドゞにてピリポにあへる者あり 彼すべての邑鄕むらさとて福音を宣傳のべつたへカイザリヤに至れり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |