新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 九 章



  1. サウロはなほ兇言おどしと殺氣をはきしゅの弟子たちをせめ祭司のをさゆき
  2. ダマスコの諸會堂によすふみを求む 彼は此道このみちに從へる者を見ば男女なんにょにかゝはらずとらへこれをヱルサレムにひかんとおもへ
  3. 彼ゆきてダマスコにちかづけるときたちまち天より光ありて彼を環照めぐりてらせり
  4. かれ地にたふその時 サウロ サウロ なにゆゑわれ窘迫せむるやといふ聲をきけ
  5. サウロいひけるは しゅなんぢたれしゅいひたまひけるは われなんぢ窘迫せむるところのイエスなり なんぢとげあるむちけるかた
  6. かれおのゝおどろきていひけるは しゅわれなになさしめんと給ふや しゅかれにいひけるは おきまちいれ さらばなんぢなすべき事を示さるべし
  7. 彼とともゆける人々ものいふ亊あたはずして立止たちとゞまその聲をきけどもたれをも見ざりき
  8. サウロ地よりおきひらきたるになにみえざりければ伴へる人たちその手をひきてダマスコにいり
  9. かれ三日の間みえず又飮食のみくひをもざりき
  10. かくてダマスコにアナニアといへる一人の弟子あり しゅまぼろしの如く彼にいひ給ひけるは アナニアよ こたへけるは しゅわれこゝあり
  11. しゅいひ給ひけるは たちすぐいへちまたゆきユダの家にいたりてタルソの人サウロといふ者をたづねよ 彼はいのりをり
  12. かつアナニアといふ人きたりてみることを得させんがため手をその上におきしとまぼろしに見たればなり
  13. アナニアこたへけるは しゅわれこの人につきておほくの人の語るをきゝしに彼がヱルサレムにてなんぢの聖徒をくるしめしこと如何いかばかりぞ
  14. かつこのところにても彼はすべなんぢの名をよぶ者をとらへんとて祭司のをさよりうけたる權威をもて
  15. しゅいひ給ひけるは ゆけよ 彼は異邦人および王とイスラエルの子孫の前にわが名をになはしめんためわがえらびうつはなり
  16. 彼はわが名のため如何いかばかりの苦難くるしみうくるかわれこれを彼に示さん
  17. こゝおいてアナニアゆきその家にいり手を彼の上におきいひけるは 兄弟サウロよ なんぢきたれるみちにて現れし所のしゅイエスなんぢが再びみることをかつ聖靈に滿みたされんためわれつかはせり
  18. たちまち彼の眼よりうろこごときものおちて再びみることをすなはちたちてバプテスマをうく
  19. 彼すでにしょくして强健ちからづきたり かくてサウロは數日すじつあひだダマスコにある弟子たちまじは
  20. たゞちに會堂においてイエスの事をのべすなはこれは神の子なりといふ
  21. きく者みな駭異おどろきいひけるは この人はヱルサレムにおいこの名をよぶ者を殘害ほろぼかつこゝにきたりしもこれとらへて祭司のをさひかんとするにあらずや
  22. しかれどもサウロはますます堅固つよくしてこのイエスはキリストなりとあかしをなしダマスコにをる所のユダヤびと辨折いひふせたり
  23. 既におほくの日をのちユダヤびと サウロを殺さんとはかりしが
  24. その計謀はかりごとつひにサウロにしらる 彼等はひるまちもんまもりこれを殺さんとせしに
  25. よる弟子たちかごをもてサウロを石牆いしがきより縋下つりおろせり
  26. サウロはヱルサレムにいたりて弟子たちにつらならんとたりしに皆かれが弟子たることを信ぜずしてこれおそ
  27. バルナバ彼をひきて使徒たちのもとに至り その途中みちにてしゅを見しこと又しゅの彼に語り給ひしことおよびダマスコにありはゞからずイエスの名によりかたりしことをつげたり
  28. 彼ヱルサレムにありて弟子たちととも往來ゆきゝ
  29. しゅイエスの名によりはゞからずかたりかつギリシヤ方言ことばのユダヤびと辨論いひあらそへり 彼等サウロを殺さんとはか
  30. されど兄弟たちこれさとり彼をカイザリヤまでおくりてタルソにゆかしめたり
  31. こゝおいてユダヤ ガリラヤおよびサマリアぢうの敎會は平安おだやかかつ成立なりたちしゅを畏れ事を行ひ聖靈のすゝめよりそのかずいやまされり

  32. さてペテロあまね諸方しょはうの地をてルツダにすめる聖徒のもとに至れり
  33. そのところにて一人の癱瘋ちゅうぶを患ひ八年のあひだとこつけるアイネアとなづくる者にあふ
  34. ペテロ彼にいひけるは アイネアよ イエスキリストなんぢいやおきなんぢみづからとこをさめよ 彼たゞちにおく
  35. ルツダおよびサロンにすめすべての人これを見てしゅに歸せり

  36. ヨツパに女の弟子あり タビタとなづとけばドルカス 彼はおほくよき事と施濟ほどこしを行へる者なりしが
  37. そのころやみしにたるによりそのしかばねあらひたかどのおけ
  38. ヨツパはルツダに近きゆゑに弟子たちペテロの彼處かしこあることをきゝ二人の者をつかはして我儕われらくることをおそくするなかれとこはしむ
  39. ペテロたちて彼等とともゆき既にいたりければ人々かれをひきたかどのに登る すべて寡婦やもめたちペテロのかたはらたち哭泣なげきつゝドルカスがともありしとき常に作れる所の上衣うはぎ下衣したぎを彼に
  40. ペテロ彼等をことごとく外にいだひざまづきて祈り又しかばねむかひて タビタよ おきよといひければかのをんな眼をひらきペテロを見おきてしぬ
  41. ペテロ手をのべこれおこし聖徒および寡婦等やもめたちよびこのいきたるタビタをその前にたゝしめたり
  42. この事ヨツパぢうにしれおほくの人々しゅを信ず
  43. かくてペテロひさしくヨツパにとゞまりて皮工かはなめしシモンの家にをれ


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |