新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 一 章



  1. 使徒たちおよびユダヤぢゅうあるところの兄弟すでに異邦人も神のことばうけたりときく
  2. ペテロ ヱルサレムにのぼりしとき割禮かつれいある者ども彼と爭ひ
  3. いひけるは なんぢ割禮かつれいなき人の家にいりて彼等とともしょくせり
  4. ペテロそのありはじめより次第にかたりて彼等にあらはいひけるは
  5. われヨツパのまちありて祈れるとき氣をうしなへる心地こゝちして天より四角よすみつりたるおほいなる布の如きうつはくだるを見たるにそのうつはわがもとつけ
  6. われ目をとめ熟々つらつらこれみれなかに地の四足よつあしのものと野獸あらきけもの昆蟲はふものおよびそらの鳥ありき
  7. かつわれに ペテロよ たちこれを殺ししょくすべしといへる聲をきけ
  8. われいひけるは しゅよからじ けがれたる物ときよからざる物はいまわが口にいれしことなし
  9. 聲また天よりわれこたへて 神のきよめたる物をなんぢきよからずとするなかれといふ
  10. かくの如きこと三次みたびつひに各物すべてのものふたゝび天に引上ひきあげられたり
  11. その時にあたりてカイザリヤよりわれつかはせる三人の者わがをるところの家のまへたて
  12. またみたまわれに疑はずして彼等とともゆくべしといへかつこの六人の兄弟もわれと伴ひゆきその人の家にいり
  13. かれ我儕われらにつぐ 天の使者つかひ我家わがいへたちわれにむかひて 人をヨツパへつかはしペテロといふシモンをむかへ
  14. その人なんぢ及びなんぢの家族の救はるべきことばつげんといへるを見たりと
  15. かくわがかたりはじめしとき聖靈はじめに我儕われらくだりし如く彼等にもくだれり
  16. その時われしゅいひたまへる ヨハネは水をてバプテスマをなしたれども爾曹なんぢらは聖靈によりてバプテスマをうけんとのことば意起おもひいだせり
  17. 既に神はしゅイエスキリストを信ずる所の我儕われらたまひごときおなじ賜物たまものを彼等にあたへたまへばわれいかで神にさからふことを得んや
  18. 彼等この事をきゝて答ふる所なくたゞ神をあがめいひけるは しからん 異邦人のいのちを得んために彼等にも悔改くひあらためあたへ給へる事

  19. さてステパノについおこりし苦難によりちらされたる人々 旅してピニケ クプロおよびアンテオケにいたりしがたゞユダヤびとにのみみちを語る
  20. 彼等のうちにクプロ クレネの人々ありてアンテオケにきたしゅイエスの福音をのべてギリシヤびとにも語れり
  21. しゅの手これともにありおほくの人信じてしゅせり
  22. 彼等についそのきこえヱルサレムにあるところの敎會の耳にいりしかばつひにバルナバをつかはしてアンテオケにいたらしむ
  23. 彼すでに至り神のめぐみを見て喜び彼らに心をかたうしゅつかんことをすゝめたり
  24. そはかれはよき人にて聖靈と信仰の滿みてる者なればなり こゝおい數多あまたの人しゅくはゝりぬ
  25. さてバルナバはサウロをたづねんためにタルソにおもむ
  26. 彼にあひこれをアンテオケに携來つれきたれり かくて彼等一年のあひだともに敎會にあつまりておほくの民を敎ふ 弟子たちのキリステアンととなへられしはアンテオケよりはじまれり
  27. このころ數人すにんの預言者ヱルサレムよりアンテオケにきた
  28. そのうちの一人アガボとなづくるものたちみたまにより示しけるは あまねく世界におほいなる饑饉あらんと そのことはたしてクラウデヲカイザルの時におこりたり
  29. こゝおいて弟子たち各々おのおのその力量ちからに從ひてユダヤにすめる所の兄弟をすくはために彼等に物をおくらんことを定め
  30. つひ斯事このことを行ふ すなはちバルナバとサウロの手にたくしてこれを長老に送れり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |