新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 二 章



  1. 當時そのころヘロデ王敎會のうち數人すにん困苦なやまさんとて彼等をとら
  2. かつやいばをもてヨハネの兄弟ヤコブを殺せり
  3. この事のユダヤびとこゝろかなへるを見て彼またペテロをもとらこの時は除酵節たねいれぬぱんのいはひの日なりき
  4. 既に彼をとらへひとやにいれ逾越節すぎこしのいはひののち民の前に曳出ひきいださんとおもひ十六人の兵卒にこれまもらしめたり
  5. ペテロは如此かくひとやに守られ敎會はこれため懇切ひたすら神に祈る
  6. ヘロデ彼を曳出ひきいださんとする前夜ペテロはふたつくさりつながれて二人の兵卒のあひだねむ守者まもるものもんの前にありそのひとやを守れり
  7. 時にしゅ使者つかひきたりければ光ひとやうち照輝かゞやく その使者つかひペテロの脇をたゝきこれさますみやかにおきよといひしにくさりその手よりおちたり
  8. 使者つかひかれにいひけるは なんぢ帶をしめくつはけよ ペテロそのごとくせり 天使つかひまたいひけるは なんぢうはぎを身にまとひわれに從へ
  9. ペテロいでこれに從ひしがその使者つかひなすことの眞實まことなるをしら異象まぼろしならんとおも
  10. かくて第一第二の警固かためすぎ域邑まちいるところの鐵門てつのもんいたりしにその門おのづから彼等のためひらすなはいでひとつちまた徑行すぎゆくときその使者つかひたちまち彼より離れたり
  11. ペテロさとりいひけるは われいままことに知る しゅその使者つかひつかはしてヘロデの手およびすべてユダヤびと願望のぞみよりわれ拯出すくひいだたまひし事を
  12. かれさとりのちヨハネ 名をマコといふ人の母なるマリアの家にいたりしにおほくの人こゝにあつまりていのりゐたり
  13. ペテロがもんの戶を叩ける時ローダとなづく下婢しもめきたりてこれうかゞひしが
  14. ペテロの聲なるをしりければよろこびたへず門をもひらかずして趨入かけいりペテロの門の前にたつことをつぐ
  15. 彼等ローダにいひけるは なんぢくるへされども女力言いひはりわがことばたがはずといふ かれら又いひけるは そはペテロの天の使者つかひなり
  16. ペテロなほ門をたゝきやめざりしかば彼等門をひらきペテロを見ておどろけり
  17. ペテロ手をうごかして彼等の声をしづめしめしゅおのれひとやより引出ひきいだたまひし事のありさまつげまたこの事をヤコブ及び兄弟たちに示せといひつひいでほかところゆけ
  18. 天明よあけおよびし時ペテロは如何いかゞなりしと兵卒どものうちにてその騒擾さわぎ容易ひとかたならざりき
  19. ヘロデ ペテロをたづぬれども見出みいださず つひ守卒まもるもの審問たゞして彼等に死罪を命じかくてヘロデはユダヤよりカイザリヤにくだりとゞまれり

  20. ヘロデ ツロとシドンの者にむかひはなはだしくいかりいだきければ彼等心をあはせて其所そのもときた内侍なんじしんブラストに親睦したしみをなしこれより平和やはらぎを求む そはかれらの國は王の國により糧食しょくもつうればなり
  21. ヘロデそのさだめたる日におい王服わうのころもつけそのくらゐし彼等にむかひて語れり
  22. たみ聲をあげいひけるは は神の聲なり 人の聲にあら
  23. ヘロデさかえを神にせざるによりしゅ使者つかひたゞちに彼をうちしかば彼はむしためかまれていき絕ゆ
  24. さて神のことばますますひろま
  25. バルナバ及びサウロはそのつとめ成畢とげをはりてマコとなづくるヨハネをともなひてヱルサレムより返れり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |