新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 三 章



  1. アンテオケの敎會に數人すにんの預言者と敎師あり すなはちバルナバおよびニゲルとよばるゝシメオン又クレネのルキヲ及び分封わけもちきみヘロデの乳兄弟ちきゃうだいマナエンおよびサウロなり
  2. 彼らしゅつかへて斷食をせるとき聖靈いひけるは わがためにバルナバとサウロを甄別えらびわかちてわがかれらに命ぜし所の事を行はしめよ
  3. こゝおいて斷食し祈禱いのりをなし手を二人の上におきこれゆかしむ
  4. 如斯かくこの二人は聖靈につかはされてセルキアにくだ彼處かしこより舟出ふなでしてクプロにおもむけり
  5. 彼等サラミスにつきユダヤびとの諸會堂において神のことばのべまたヨハネを用ゐてその幇助たすけとなせり
  6. かくて彼等島のうちてパポスにいたりしときいつはりの預言者バリエスとなづく卜筮うらなひをなすユダヤびとあふ
  7. この人は國の方伯つかさセルギヲパウロといふ智人かしこきひとともにあり 時に方伯つかさバルナバとサウロをまねきて神のことばきかん事を求む
  8. しかるに卜者うらなひしゃエルマス(この名をとけ卜者うらなひしゃ)二人の者にさから方伯つかさをして信ずる事なからしめんとせり
  9. サウロ一名またのなはパウロ聖靈に滿みたされ目をとめて彼を見
  10. いひけるは あゝすべての詭譎いつはり奸惡わるだくみにててるもの 惡魔の子 すべての義事たゞしきことの敵よ なんぢしゅすぐなるみちまげやめざる
  11. しゅの手いまなんぢの上にあり なんぢめしひとなり暫く日を見ざるべし すなはかれの目かすみくらみておのれてびきせん者をもとめさまよへり
  12. こゝおい方伯つかさこの所爲ありしことを見てしゅをしへおどろこれを信ぜり

  13. パウロおよびその從人ともなへるものパポスより舟出ふなでしてパムフリアのペルゲに至り此處こゝにてヨハネは彼等にわかれてヱルサレムに歸り
  14. 彼等はこゝより旅してピシデアのアンテオケに至り安息日あんそくにちに會堂にいりしぬ
  15. 律法おきてと預言者のふみ讀畢よみをはりしのち會堂のつかさたち人をもって彼等にいはせけるは 人々兄弟よ もし民にすゝむることあらいへ
  16. パウロたちて手をうごかいひけるは イスラエルの人々および神をうやまふ者よ 爾曹なんぢらきくべし
  17. このイスラエルの民の神は我儕われらの先祖たちを選びその民のエジプトの地にやどりをりし時これをそだてかつ勁手つよきてて彼等を彼處かしこより導きいだ
  18. おほよ四十年しじふねんのあひだにてこれ撫養いだきやしな
  19. 又カナンの地の七族しちぞくの民をほろぼその地を彼等につがしめ
  20. のちおよそ四百五十年しひゃくごじふねんのあひだすなはち預言者サムエルの時までこれ審士さばきびとあたへたまへり
  21. 厥後そのゝちかれら王をもとめければ四十年しじふねんあひだベニヤミンの支派わかれキスの子サウロをあた
  22. のちまた彼をうつしダビデをたてて彼等の王となしかつこれがためあかししていひたまひけるは われエツサイの子ダビデといへわが心にかなふ人を得たり 彼はすべ我旨わがむね行遂なしとぐべし
  23. 神はその約束に從ひてこの人のすゑより救主すくひぬしイエスをイスラエルにおこたまへ
  24. そのきたる前にヨハネまづイスラエルのすべての民に悔改くひあらためのバプテスマを宣傳のべつたへたり
  25. ヨハネそのつとめを行ひし時いひけるは 爾曹なんぢらわれをたれおもふや われその人にあらわれよりのちくる者あり われその足のくつとくにもたらざる者なり
  26. 人々兄弟アブラハムの子孫および爾曹なんぢらのうち神を敬ふ者よ このすくひことば爾曹なんぢらおくりたまへり
  27. それヱルサレムにすめる者およびその有司つかさたちはキリストをしらず彼を罪にさだめ安息日あんそくにちごとによむところの預言者のことばならしめたり
  28. かつ殺すべきゆゑを得ざれどもピラトにこれを殺さんことを求め
  29. すでに彼についしるされたるすべてことならしめければこれを木よりおろして墓におけ
  30. されども神はこれを死よりよみがへらせたまへ
  31. 多日おほくのひあひだかれはガリラヤよりおのれともにヱルサレムにのぼりし者に現れたり 今かれのためあかしを民にする者はその人々なり
  32. 我儕われらよろこびおとづれ爾曹なんぢらにつぐ 神はイエスをよみがへらせて先祖たちたてたまひし約束をその子孫たる我儕われらなしたまへり
  33. すなはち詩の第二へんなんぢわが子なり われ今日けふなんぢをうめりとしるされたるが如し
  34. また朽壞くされせざるさまに彼を死よりよみがへらする事についてはの如くいへいはく われダビデに約束せし所の賴むべきめぐみ爾曹なんぢらあたべし
  35. 是故このゆゑに又ほかのへんなんぢその聖者きよきもの朽果くちはてしめずといへ
  36. それダビデは神のむねしたがその世のため勞苦はたらきしのちねむりて先祖たちとともおかつひ朽果くちはてたり
  37. しかれども神のよみがへらせたまひし者は朽果くちはてざりき
  38. されば人々兄弟よ この人によりて罪のゆるし爾曹なんぢらつたはれるを知れ
  39. 爾曹なんぢらモーセの律法おきてよりて義とせらるゝことあたはざるすべての罪も信ずる者は皆かれによりゆるされ義とせらるゝなり
  40. され爾曹なんぢらつゝしめおそらくは預言者のふみいはれたる事なんぢらにおよば
  41. いは藐忽者あなどるものおどろかつほろびそはわれ爾曹なんぢらの日にひとつわざを行はん 人これを爾曹なんぢらつぐるとも爾曹なんぢら信ぜざるべければなり

  42. かれら會堂をいでんとせしとき次の安息日あんそくにちまたこの事をのべよとこはれたり
  43. あつまりすでにさんじておほくのユダヤびとおよびそのをしへいりし神を敬ふ人々パウロとバルナバに從へり パウロ バルナバ彼等にかたりつねに神のめぐみをらん事を勸む
  44. 次の安息日あんそくにちに至りまちの人々神のことばきかんとてほとんど皆集まれり
  45. その多くあつまれるを見てユダヤびと嫉妬ねたみを心に滿みたせて爭辯さからひかつのゝしりパウロがいふところを拒めり
  46. パウロとバルナバ毅然はばからずしていひけるは それ神のことばは必ずまづ爾曹なんぢらつぐべきなり しかれども爾曹なんぢらこれすてかつおのれ永生かぎりなきいのちうくべき者にあらずとみづかさだめたれば我儕われらうつりて異邦人にむかふべし
  47. そはしゅかく我儕われらに命じ給へり いはなんぢすくひとなりて地のはてにまで及ばんためわれなんぢをたてて異邦人の光となせり
  48. 異邦人はこれをきゝ喜びてしゅことば讃美あがむ すべて永生かぎりなきいのちさだめられたる者は信ぜり
  49. こゝおいしゅみちあまねくこの地にひろまりぬ
  50. しかるにユダヤびと神を敬ふ貴婦等たふときおんなたちおよびまち尊長おもだちたる人々の心をうごかさせてパウロとバルナバを窘迫くるしめそのさかひより逐出おひいだせり
  51. 二人は彼等にむかひ足のちり打拂うちはらひてイコニオムに至れり
  52. かくて弟子たちおほい喜樂よろこびいだきかつ聖靈にみたされたり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |