新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 四 章



  1. 二人の者イコニオムにおいて共にユダヤびとの會堂にいりみちつたへユダヤびと及びギリシヤびとを多く信ぜしめたり
  2. しかるに信ぜざるユダヤびと異邦人をすゝめその心に兄弟をにくましむ
  3. 彼等は久しく彼處かしことゞましゅよりは同じからずみちを傳ふ しゅまた彼等の手に休徵しるしふしきなるわざを行はしめてそのめぐみことばあかしせり
  4. まちの人々ふたつわかあるひはユダヤびとくみあるひは使徒たちくみせり
  5. かくて異邦人ユダヤびとおよびその有司つかさたちと共に搉上さわぎたちかれらをはづかめて石にてうたんとす
  6. 二人のものこれしりてルカオニヤのまちなるルステラ デルベおよびその四周まはりの地に逃れ
  7. 彼處かしこおいて福音を傳ふ

  8. ルステラに一人の足弱あしよわきものしゐたり 彼は生來うまれつき跛者あしなへにていま歩行あゆみし事なし
  9. この人パウロの語るをきゝをりしがパウロ目をとめそのいやさるべき信仰あるを
  10. 大聲にいひけるは なんぢの足にてたゞしたてよ 彼踊上おどりあがりてあゆめり
  11. 人々パウロのなしし事を見て聲をあげルカオニヤの方言ことばにていひけるは 諸神かみたち人の形になりて我儕われらくだれり
  12. 彼等バルナバをゼウスとよびパウロは專ら說話かたる事をする人なるがゆゑにヘルメスとこれよぶ
  13. 時にそのまちの前にある所のゼウスの祭司こうし花箍はなかざりを門に携來もちきたりておほくの人と共に犧牲いけにへを獻げ彼等をまつらんとせり
  14. 使徒バルナバ パウロこれきゝおのが衣をさきはしりいで大衆おほぜいなかいり
  15. 喊叫さけびいひけるは 人々よ 何故なにゆゑこの事をなす我儕われらまたなんぢらとおなじじゃうをもつ所の人なり 爾曹なんぢらに福音をつたふるは爾曹なんぢらをしてこの虛妄むなしきものをすて天と地と海および其中そのなか萬物すべてのものを造り給へる活神いけるかみかへらしめんがためなり
  16. すぎにし世には神すべての異邦人にそのおのれが道をあゆむ事をゆるたまひしかど
  17. またなんぢらをめぐみて天より雨をふら豐穰ゆたかなる時候ときをあたへ糧食しょくもつ喜樂よろこびをもて爾曹なんぢらの心を滿みたしめおのれみづかあかしせざりし事なし
  18. 此言このこと苦辛からうじておほくの人の己等おのれら犧牲いけにへさゝげんとするをとゞめたり

  19. 時にユダヤ人等びとらアンテオケ イコニオムよりきたりておほくの人をすゝめ石をもてパウロをうたしめ既にしにたりとおもまちの外に曳出ひきいだせり
  20. 弟子たちその周圍まはりたてるとき彼おきてまちにいり次の日バルナバとともにデルベにゆけ
  21. かくてそのまちに福音を傳へおほくの人を弟子となし又ルステラ イコニオム アンテオケに返り
  22. 弟子たちの心をかたふその常に信仰にをらんことを勸め又おほくの艱難かんなん我儕われらが神の國に至るべきことを敎ふ
  23. かくて二人のもの敎會ごとに長老をえらび斷食と祈禱いのりをなしはやくより信じをる所のしゅこれゆだねたり
  24. かれらあまねくピシデアをてパムフリアに至り
  25. 又ペルゲにみちつたへてアツタリアにくだ
  26. 彼處かしこより舟にてアンテオケにわたこゝは彼等さきに神のめぐみゆだねられ今とけしつとめを行はんとていでし所なり
  27. 既に至りて敎會の人を集めおのれを助けて神のなしたまへるすべての事と異邦人のために信仰のを開き給ひし事をつぐ
  28. かくひさしく弟子たちとも彼處かしことゞまれり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |