新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 五 章



  1. ユダヤよりくだりし人々 兄弟たちに敎へけるは もしなんぢらモーセのならはしに從ひて割禮かつれいうけずばすくはるゝことを得じ
  2. これよりてパウロとバルナバはおほいに彼等と爭ひかつ論ぜしかば兄弟たちこの事につきてパウロ バルナバおよびそのうち數人すにんをヱルサレムにのぼらせ使徒と長老等ちゃうらうたちあはしめん事を定む
  3. こゝおいて彼等敎會の人々に送られいで ピニケおよびサマリアをて異邦人の神に歸せし事をつぶさのべすべての兄弟をおほいに喜ばしめたり
  4. 彼等ヱルサレムに至り敎會と使徒および長老ちゃうらうたちにむかへられおのれを助けて神のなしたまひしすべての事をつげしに
  5. パリサイしゅううちなる信者數人すにんたちていひけるは 彼等に必ず割禮かつれいを施しかつ命じてモーセのおきてまもらしむべし
  6. 使徒たちおよび長老ちゃうらうたちこの事をはからためあつまれり
  7. こゝおほくの論ありしがペテロたちて彼等にいひけるは 人々兄弟よ ひさしき先に神われを爾曹なんぢらうちより選び福音のことばわが口により異邦人にきかせ彼等をしてこれを信ぜしめたまひし事は爾曹なんぢらしるところなり
  8. かつ人の心をしりたまふ神は我儕われらに聖靈をあたへし如く彼等にもあたへそのあかしをなし
  9. 又信仰をもてその心をきよ我儕われらと彼等のあひだわかちなさざりき
  10. しかるに今何故なにゆゑわれらの先祖たちも我儕われらおひあたはざるくびきを弟子たちくびつけて神を試むる
  11. 彼等のすくはるゝ如く我儕われらしゅイエスキリストのめぐみよりすくはるゝことを信ずるなり
  12. こゝおいて人々みな默してバルナバとサウロが神のおのれをもて異邦人のうちに行ひ給へる休徵しるし奇跡ふしぎなるわざとをのぶるをきけ
  13. 彼等が言畢いひをはりしのちヤコブこたへいひけるは 人々兄弟よ われきけ
  14. はじめて異邦人を眷顧かへりみそのうちよりおのが名をあがむる民をとり給ひし事はシモン既にこれのぶ
  15. 預言者のことばこれとあへ其書そのふみ
  16. 此後このゝちわれかへりすで傾圯たふれたるダビデの幕屋をふたゝおこその破壞くづれの跡を再びつくりこれたつべし
  17. これそののこりの民およびすべわが名をもてとなへらるゝ異邦人にしゅたづねさせんためなり このすべての事を行ふ神これをいふしるされたるが如し
  18. 神は世のなじめよりそのすべての所作わざしりたまへり
  19. 是故このゆゑわれおもふ 異邦人のうちより神にする者をわづらはすはよろしからずと
  20. しかれどもふみを彼等におくりて偶像にけがされたる物と姦淫と勒殺くびりころしたる物と血とをいましむべし
  21. そはいにしへより安息日あんそくにちごとに會堂にてモーセのふみよむゆゑそれのぶるもの各邑まちまちにあればなり

  22. こゝおいて使徒および長老ちょうらうたち全會ととも其中そのうちより人を選びこれをパウロ バルナバと共にアンテオケにつかはさん事をさだむ そのえらばれたる人は兄弟のうち尊者おもきものすなはちバルサバとよばるゝユダおよびシラスなり
  23. 彼等の手によせおくりふみいはく 使徒長老ちょうらう及び兄弟 アンテオケ スリヤ キリキヤにをる異邦人の兄弟にやすきとふ
  24. 我儕われらが命ぜざるもの我儕われらうちよりいでことばをもて爾曹なんぢらわづらは爾曹なんぢらの心をみだしたりときく
  25. これより我儕われら心をおなじうし人をえらび我儕われらの愛するバルナバ パウロとともつかはさんとさだむ
  26. この二人は我儕われらしゅイエスキリストの名のためその命をもをしまざりし者なり
  27. 我儕われらユダとシラスをつかはし彼等の口よりこの事をのべしめんとす
  28. そは聖靈と我儕われらの肝要なるものゝほかなにをも爾曹なんぢらをはせじとさだめたり
  29. すなはち偶像にさゝげし物と血と勒殺くびりころしたる物と姦淫とをいましむべし もしこれらの事を爾曹なんぢらみづからつゝしまばよし ねがはくは爾曹なんぢら健剛すこやかなれ
  30. かれらつかはされてアンテオケに至り衆人ひとびとあつめ此言このふみわた
  31. 衆人ひとびとこれをよみそのすゝめうけて喜べり
  32. ユダとシラスもまた預言者なればおほくことばて兄弟を勸め彼等をかたうせり
  33. かくて二人の者しばら彼處かしことゞまのち兄弟たちに安然あんぜんしくされそのおのれつかはしゝ者のもとおくられたり
  34. パウロとバルナバはアンテオケにとゞま其餘そのほかおほくの人と共にをしへをなししゅことば宣傳のべつた

  35. 數日すじつのちパウロ バルナバにいひけるは 我儕われらさきにしゅことばのべし所の諸邑まちまちまたゆきて兄弟の光景ありさまいざとふべし
  36. さてバルナバはマコとなづくるヨハネを伴はんとおもへり
  37. しかれどもパウロはさきにパムフリアにておのれより離れ役事はたらきのため共にゆかざりしこのマコを伴ふはよからじとおもひしにより
  38. つひに二人のなか激論はげしきあらそひおこり相別あひわかれてバルナバはマコを伴ひクプロにわたれり
  39. パウロはシラスを選び兄弟よりおのれしゅめぐみゆだねられて出立いでたち
  40. スリヤ及びキリキヤをて諸敎會をかたうせり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |