新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 六 章



  1. かくてパウロはデルベおよびルステラに至れり こゝにテモテといへる弟子あり その母はユダヤのをんなにて信者なり その父はギリシヤびとなり
  2. 彼はルステラ イコニオムの兄弟よりほまれを得たり
  3. パウロこれたづさへともゆかん事をのぞみ其處そのところにをるユダヤびとために彼に割禮かつれいを行へり そは人々皆彼が父のギリシヤびとなるをしればなり
  4. かく諸邑まちまちをすぎヱルサレムにある使徒および長老等ちゃうらうたちさだめたる條規いましめまもらせんとてこれその人々にさづ
  5. これよりて諸敎會の信仰かたくなり其數そのかずも日々にまし

  6. 彼等フルギヤとガラテヤの地をすぎし時アジアにみちつたふる事を聖靈にとゞめられ
  7. つひにムシアにちかづきビテニアにゆかんとせしがイエスのみたまこれを許さゞりければ
  8. 彼等ムシアをてトロアスにくだれり
  9. かくてパウロおいて一人のマケドニヤびとたちておのれこひマケドニヤにわたり我儕われらたすけよといふまぼろしに見たり
  10. 彼がまぼろしこれを見しのちわれまことしゅ我儕われらをしてマケドニヤびとに福音をのべしめんと我儕われらめし給ふ事を推量おしはかりたゞちにマケドニヤにゆかんとす
  11. こゝおいてトロアスより航海ふなでをし眞直ますぐにはせてサモトラケに至りその次日あくるひネアポリスにゆき
  12. 彼處かしこよりピリピに至る ピリピはマケドニヤのひとつわかれうちなる名あるまちにしてすなは殖民地しょくみんちなり 我儕われら數日すじつこのまちとゞまれり
  13. 安息日あんそくにち我儕われらまちをいでかはほとりなる常に祈禱いのりをするところにゆきしてあつまれる婦女等をんなたちかたりしに
  14. 紫布むらさきぬのあきなふテアテラのまち商人あきびとにて神を敬ふルデヤとなづくるをんなきゝゐたり しゅその心をひらきてパウロの語る事に心をもちゐしめ給ふ
  15. かのをんなその家族とともにバプテスマをうけこふいひけるは 爾曹なんぢらもししゅを信ずる者とわれわが家にきたとゞまれとしひ我儕われらいらしめたり
  16. われら祈禱所いのりのばゆけるとき卜筮うらなひをするれいよられたる一人のをんなの奴隷われらにあふ かれは卜占うらなひよりそのあるじたちにおほくの利を得させし者なり
  17. パウロと我儕われらに從ひて喊呌さけびいひけるは この人々はいと高き神のしもべにして救道すくひのみち我儕われらのぶる者なり
  18. このをんなかくすることひさしかりければパウロこれうれへかへりみてれいいひけるは われイエスキリストの名によりなんぢに命ず このをんなよりいでれい立刻たちどころいづ
  19. こゝおいそのあるじたち利ののぞみすでにされるを見てパウロとシラスをとら市塲いちばひき有司等いうしたちに至れり
  20. 既に上官つかさもと曳來ひきゝたりていひけるは この人々はユダヤびとにして我儕われらまちみだ
  21. ロマびとたる我儕われらうくべからず行ふべからざるところ習俗ならはしつたふる者なり
  22. 大勢たいぜいのものひとしたちて彼等をせめ上官つかさその衣をはぎ命じてこれむちうたしむ
  23. 多くむちうちてのちひとやいれこれをかたく守れと獄吏ひとやもりに命ず
  24. 獄吏ひとやもりかくの如きめいうけしにより彼等を奥のひとやいれあしかせをかけたり
  25. かく夜半よなかごろパウロとシラス祈禱いのりをなしかつ神を讃美す 囚者めしうどら耳を傾けてこれきゝゐたりしが
  26. にはかおほいなる地震ありてひとや基礎いしづゑふるひ動きことごとくたゞちひらすべて囚者めしうど械繫なはめとけたり
  27. 獄吏ひとやもり目をさま獄門ひとやのとひらけたるを見て囚者めしうどすでににげしとおもかたなぬきて自殺せんとしければ
  28. パウロ大聲によばゝいひけるは みづかそこななか我儕われらみなこゝあり
  29. この時かれあかりもとめおどりいり戰慄おのゝきてパウロとシラスの前に俯伏ひれふし
  30. 彼等を外に携出つれいだしていひけるは きみわれすくはれんためなになすべき
  31. 彼等いひけるは しゅイエスキリストを信ぜよ しからばなんぢおよびなんぢの家族もすくはるべし
  32. つひに彼およびその家のすべての者にしゅことばを語れり
  33. この卽時そのときかれ二人をいざなその杖傷うちきずあらひたゞちその家族とともに皆バプテスマをうけ
  34. かつかれらをおのが家に引來つれきた食物しょくもつその前にそなへすべての家族とともに神を信じて喜べり
  35. 天明よあけいたり上官つかさたち下吏したやくつかはいはせけるは その人々をゆるすべし
  36. 獄吏ひとやもりこのことばをパウロにつげいひけるは 上官つかさなんぢらをゆるせと言遣いひつかはせり されば今いでゝ安然やすらかゆけ
  37. パウロ彼等にいひけるは 我儕われらロマびとなるに罪をさだめずして公然おほやけ我儕われらむちうかつひとやいれたり しかして今ひそかにいださんとするよろしからず 彼等みづからきたり我儕われら引出つれいだすべし
  38. 下吏したやくこのこと上官つかさたちにつげければ彼等そのロマびとなるをきゝおそ
  39. きたりて彼等にこゝよりいでんことをこひつひに引出つれいだして又そのまちさらんことをねがひたり
  40. 二人のものひとやいでルデアの家にいり兄弟たちあひこれにすゝめをなして出去いでさり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |