新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 七 章



  1. かくて彼等はアムピポリスおよびアポロニヤをすぎてテサロニケに至る こゝにユダヤびとの會堂あり
  2. パウロ常の如く彼等のなかにいり三回みたび安息日あんそくにちごとに聖書にもとづきて彼等と論じ
  3. キリストの必ず苦難くるしみをうけ死よりよみがへるべき事をときまたわがなんぢらにつたふる所のこのイエスはすなはちキリストなる事を說明ときあかせり
  4. こゝおい其中そのうちの人々信じてパウロとシラスにつけり 又神を敬ふギリシヤびとこれつけるも多く貴女たふときをんなすくなからざりき
  5. しかるにユダヤびとこれをねた市井いちばにをる匪類わるものどもをかたらひむれなしまちさわがせパウロとシラスをとらへ民の前に曳出ひきいださんとてヤソンの家にきたりしが
  6. 彼等を見出みいださゞりければヤソン及び數人すにんの兄弟を邑宰まちづかさの前に曳來ひききたりて大聲にいひけるは 天下を亂すこの者どもこゝにまできたれり
  7. ヤソンはこれ迎納むかへいれたり この人々は皆イエスといふほかの王ありといひてカイザルのめいそむく者なり
  8. 人衆ひとびとまち宰等つかさたちこれをきゝて心をいたましむ
  9. 上官つかさはヤソンおよびそのほかの人々より保狀はうじょうとりこれゆるせり
  10. 兄弟たち夜間よのまに急ぎパウロとシラスをベレアにさらしむ 彼等かしこにいたりてユダヤびとの會堂にゆけ
  11. 此處このところの人々はテサロニケの者よりは性情ひとゝなりよきがゆゑこのみみちをきゝかくごときことはたしてあるなきかをしらんとて日々に聖書をさぐれり
  12. 是故このゆゑ其中そのうちの人おほくこれを信ず 又ギリシヤの貴女たふときをんなおよび男子おとこの信じたる者もすくなからざりき
  13. テサロニケのユダヤびとは神のことばのパウロによりてベレアにもつたはりしをしり彼處かしこいたりて人々をさわがしめたり
  14. こゝおいて兄弟たちたゞちにパウロを海にゆかしむ されどもシラスとテモテはなほこのところとゞまりぬ
  15. パウロを伴ひし者かれをたづさへてアテンスに至る その人々パウロよりシラスとテモテをすみやかきたらしめよとのめいうけ出立いでたて

  16. パウロ アテンスにありて彼等をまてる時そのまちこぞりて偶像につかふるを見ていたく心をいためたり
  17. 是故このゆゑに會堂においてユダヤびとおよび神を敬ふ人々と論じ又日々いちおいそのあふところの者と論ず
  18. 時にエピクリアンおよびストイクの理學者數人すにんこれと相語あいかたれある人いひけるは この嘐晭者さへづるものなにをいはんとする またある人いふ 彼は異なる鬼神きしんつたふる者の如しと そはパウロ彼等にイエス及び復生よみがへりの事をのべしがゆゑなり
  19. く彼をひきつれアレオやまゆきいひけるは なんぢが語る所のこの新しきをしへ我儕われらしらせらるゝ事を得るや
  20. なんぢ異聞ことなること我儕われらの耳にいれしがゆゑ我儕われらその何事なにごとなるをしらんとすればなり
  21. すべこのアテンスびとおよびその地にとゞまれる人はたゞ新しき事をつげあるひきく事にのみその日を送れり
  22. パウロ アレオやまの中にたちいひけるは アテンスの人よ われなんぢらが每事ことごと鬼神きしんを敬ふのはなはだしきをみる
  23. われみちゆくとき爾曹なんぢら敬拜うやまふところの者を見しにしらざる神にと刻書ほりつけひとつの祭壇を見出みいだせり ゆゑ爾曹なんぢらしらずして敬ふこの者をわれなんぢらに示さん
  24. それ宇宙と其中そのうち萬物あらゆるものを造りたまへる神はこれ天地のしゅなれば手にて造れる殿みやすみたまはず
  25. かつ衆人すべてのもの生命いのち氣息いき萬物よろづのものあたへたまへば物にともしきことなし 人の手にてつかへらるゝものにあら
  26. またこの神はすべての民をひとつの血よりつくりことごとく地の全面にすまあらかじめその時とすむところのさかひとを定め給へり
  27. は人をして神をもとめしめ彼等があるひ揣摩さぐりうる事あらんためなり されども神は我儕われら各人おのおのを離るゝこと遠からざるなり
  28. それ我儕われらは彼によりいきまたうごきまたあることをうるなり 爾曹なんぢらの詩人たちも我儕われら其裔そのすゑなりといひしが如し
  29. 如此かくわれらは神のすゑなればその神を金銀また石など人のわざかんがへて造れる者とひとしおもべからず
  30. 往者さき蒙昧くらかりし時は神これを不問みすぐし爲給したまひしが今は何處いづこの人にも皆悔改くひあらたむることを命じ給ふなり
  31. そは神すでにそのたてし所の人により義をもて世をさばくべき日を定め この事については彼を死よりよみがへらせてそのあかしもろもろの人にあたへたまへばなり
  32. かれらしにたる者の復生よみがへりこときゝある人は戲笑あざけりある人は我儕われらこのことを再びなんぢきかんといふ
  33. こゝおいてパウロ彼等のうちより出去いでさ
  34. され數人すにん彼につきて信ぜり 其中そのうちにはアレオやまの裁判人デオヌシオおよびダマリスとなづくる女また其他そのほかの人もこれともあり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |