新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 九 章



  1. アポロのコリントにをれる時パウロ東のかたの地をてエペソにきたある弟子たちにあひ
  2. これいひけるは 爾曹なんぢら信者となりしとき聖靈をうけしや こたへけるは 我儕われらは聖靈のあることだにきかざりき
  3. パウロいひけるは さら爾曹なんぢらバプテスマをうけなにいれられしや こたへけるは ヨハネのバプテスマにいれられたり
  4. パウロいひけるは ヨハネはまこと悔改くひあらためのバプテスマをなしたみむかひわれのちきたる者すなはちイエスキリストを信ぜよといへ
  5. 彼等これをきゝバプテスマをうけしゅイエスの名にいれられたり
  6. パウロ手をその上におきければ聖靈かれらにくだりみな異なる諸國くにぐに方言ことばかたりてかつ豫言せり
  7. その人おほよそ十二人なりき
  8. パウロ會堂にいりはゞからずして神の國の事を論じかつすゝめて三ヶ月をたり
  9. しかるに剛愎かたくなにしてこれを信ぜざる人々あり おほくの人の前に其道そのみち詆誹そしりければパウロ彼等を離れ弟子たちをもわかれさせて日々テラノスといへる人の講堂において論ぜり
  10. 二年のあひだ如此かくありしかばユダヤびともギリシヤびとすべてアジアにすめる者ことごとしゅことばきゝ
  11. 神はパウロの手によりて希有たゞならぬふしぎのわざを行ひ給へり
  12. すなはちパウロのからだふれたる汗布あせふきあるひは襜布まへだれとり病者やめるものつければやまひはさり惡鬼あくきいでたり
  13. こゝ諸所しょしょ遊行めぐりまじなひをなせるユダヤびとあり 惡鬼あくきつかれたる者に向ひこゝろみしゅイエスの名をよびいひけるは 我儕われらはパウロがのぶる所のイエスによりなんぢいでん事をちかはしむ
  14. 如此かくなせる者はユダヤびとなるスケワといへる祭司のをさ七人しちにんの子なり
  15. 惡鬼あくきこたへていひけるは われイエスをしりまたパウロをしれされ爾曹なんぢらたれぞや
  16. 惡鬼あくきつかれたる人彼等の上に躍上おどりあがりてこれかち壓伏おしふせければ彼等傷つけられ裸にてその家を逃去にげされ
  17. この事エペソにすめすべてのユダヤびとギリシヤびときこえしかば彼等みなおそれいだきぬ 又しゅイエスの名あがめられたり
  18. また信ぜし者のうちおほくきたりてみづかいひあらはしそのなしし事を訴へたり
  19. またさきに魔術を行へるおほく者等ものどもその書籍しょもつあつめ人々の前にてやけそのあたひはかり銀五萬ぎんごまんなる事をしれ
  20. しゅみち廣まりてかちうることかくの如し

  21. この事のをはりのちパウロはマケドニヤおよびアカヤをすぎヱルサレムにゆかんとこゝろを定めいひけるは われかしこにゆきのちかならずロマをもみるべし
  22. すなはおのれつかふる者のうちテモテとエラストの二人をマケドニヤにつかはおのれは暫くアジアにとゞまりぬ
  23. この時そのみちについて容易ひとかたならぬ騒擾さわぎおこれり
  24. そは一人の銀工ぎんざいくにんあり名をデメテリヲといふ かれアルテミスの銀龕ぎんがんを作り工人等さいくにんらに利を得しめしこと僅少すくなからざりき
  25. その工人さいくにんおよびおのたぐひなりはひの者をあつめいひけるは 人々よ 我儕われらとめるはこのなりはひよれること爾曹なんぢらしるところなり
  26. このパウロ手にて作れる者は神にあらずといひおほくの人を誘惑すゝめまどはたゞにエペソのみならずほとんどアジアぢうおよぼせり これまた爾曹なんぢらみるところきくところなり
  27. たゞわれらのなりはひかろしめらるゝあやぶみあるのみならずアジア及び天下こぞりあがむる所のおほいなる女神おんながみアルテミスの宮もなみせられその威光もまたほろぶべし
  28. 彼等これをきゝはなはだしくいかりさけびいひけるは おほいなるかなエペソびとのアルテミスよ
  29. こゝおい擧邑まちぢゅうおほいみだれパウロの同行みちづれなるマケドニヤびとのガイヲスとアリスタルコをとらへ彼等心をあはせて戲園ぎゑん擁入おしいれ
  30. パウロその人々のなかいらんとせしに弟子たちこれを許さゞりき
  31. またアジアの祭をつかさどる者のうちに彼としたし者等ものどもありて人を彼につかはそのみづか戲園ぎゑんいらざらん事をもとめたり
  32. その時ある人は彼事かのことをいひある人は此事このこといひさけべり そは會衆あつまりみだれて大半おほかたなにためあつまれるかしらざればなり
  33. こゝおいてユダヤびとアレキサンデルにいでん事をすゝめければある人群集のうちよりこれ推出おしいだしぬ アレキサンデル手をうごかし民にむかひ事實ことわけつげんとせしが
  34. 彼等そのユダヤびとたるをしるゆゑに皆おなじく聲をあげおほいなるかなエペソびとのアルテミスよと二時ふたときばかりのあひださけびあへり
  35. 書記官人々をしづめいひけるは エペソの人々よ このエペソは天よりおちおほいなるアルテミスの殿みやつかふまちなるをしらざる者あらん
  36. この事はいひけす事あたはざれば爾曹なんぢら靖息おだやかにしてみだりに事をなすべからず
  37. それこの人々は殿みや盜賊ぬすびとにもあら爾曹なんぢら女神をんながみけがす者にもあらしかるに爾曹なんぢらこれを曳來ひきゝたれり
  38. デメテリヲ及びともにある所の工人さいくにんもし人を訴ふる事あらば聽訟さばきの日あり かつ方伯つかさあればたがひこれうったふべし
  39. もしほか事由ことがらについてもとむる事あらば律法おきてかなあつまりおいて定むべし
  40. われら今日けふ騒擾さわぎついてはうったへられんことを恐る そはこのあつまりについて辭解いひひらくべきことばなければなり
  41. 如此かくかたりてあつまりちらせり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |