新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 十 章



  1. 騒擾さわぎやみのちパウロは弟子たちをよびわかれつげマケドニヤにゆかんとて出立いでたち
  2. その地をおほくのことばて人々を勸めギリシヤに至り
  3. こゝに三ヶ月とゞまりてのちスリヤにわたらんとせし時ユダヤびとかれを害せんとはかりければマケドニヤをすぎかへらんとこゝろさだめたり
  4. 彼とともにアジアまでいたりし者はプロスの子ベレアのソパテルおよびテサロニケびとのアリスタルコとセクンド デルベのガヨスとテモテまたアジアのテキコとトロピモなり
  5. このともがらさきだゆきてトロアスにおい我儕われらまて
  6. 除酵節たねいれぬぱんのいはひのちわれらピリピより舟出ふなでして第五日いつかめにトロアスに至り彼等にあひ其處そのところ七日なぬかとゞまれり

  7. 一週ひとまはりはじめの日われらパンをさくためにあつまりしがパウロ次の日出立いでたゝん事をおもひ彼等にみちをかたりかたりつゞけて夜半よなかに至れり
  8. 彼等があつまれるたかどのおほくともしびあり
  9. ユテコとなづくる一人の少年わかきもの窓により熟睡いたくねぶをりしがパウロのみちを語れる事ひさしかりければ彼ねぶりより三階さんがいよりおつ これを扶起たすけおこしゝに既にしね
  10. パウロくだりその上にふしこれをいだきいひけるは 爾曹なんぢら憂咷うれへさわなかこの人の生命いのちうちにあり
  11. かくてパウロまたまたりパンをさきくらひ久しく彼等と語り天明よあけおよび出立いでたて
  12. 人々この少年わかきものを携へそのいけるを見てはなはだ慰めり
  13. さてわれら舟にのりさきだちてアソスにわたりそのところにてパウロをのせんとせり そはかれくがよりゆかんとみづか如此かくさだめしなり
  14. 彼アソスにおい我儕われらあひければ彼をのせてミテレネに至り
  15. 彼處かしこより舟出ふなでして次日つぎのひキヨスのむかひに至り又次日つぎのひサモスにつきトログリヲムにとま次日つぎのひミレトスに至れり
  16. そはパウロ アジアに時をつひやさゞるために舟にてエペソをすぎんとこゝろさだめしがゆゑなり かくさだめしは彼なるべくペンテコステの日ヱルサレムにあることを得んといそぎたるによる

  17. かくて彼はミレトスよりエペソに使つかひつかはして敎會の長老ちゃうらうたちをよべ
  18. 彼等がきたりし時パウロこれいひけるは わがアジアにきたりしはじめの日より常に爾曹なんぢらなかありて行ひし事は爾曹なんぢらしるところなり
  19. すなはわれすべての事に謙遜へりくだりまた淚を流しユダヤびと詭謀くわだてにより艱難かんなんあひしゅつか
  20. えきある事は殘す所なくこれのべあるひは人々の前あるひは家々におい爾曹なんぢらに敎へ
  21. 神にむかひては悔改くひあらたしゅイエスキリストにむかひては信仰すべき事をユダヤびとまたギリシヤびとに示せり
  22. 今はわがせまりてヱルサレムにゆく かしこにてあふところ如何いかんを知らず
  23. たゞ聖靈邑毎まちごとわれに示していふ 縲絏なはめと患難われをまてりと
  24. しかれどもわれわがゆくべき路程みちしゅイエスよりうけつとめすなはち神のめぐみの福音をあかしする事をとげわめにはわが生命いのちをもおもんぜざるなり
  25. われしる なんぢらのうち遊行へめぐりて神の國を傳へしわがかほ此後このゝちなんぢらふたゝび見ざるべし
  26. 是故このゆゑわれ今日けふなんぢらにあかしすべての人の血においわれいさぎよくしてあづかることなし
  27. そはわれ神のむねを殘す所なくことごと爾曹なんぢらのべたればなり
  28. ゆゑ爾曹なんぢらみづからつゝしかつなんぢらが聖靈にたてられて監督となれるその全群ぜんぐんつゝししゅおのが血をもてかひ給ひし所の敎會をやしなふべし
  29. そはわがさらのちこのむれをしまざるあらおほかみなんぢらのなかいらんことをしればなり
  30. またなんぢらのなかよりも弟子たちおのれに從はせんとて悖理よこしまなること言出いひだす者おこらん
  31. 此故このゆゑ爾曹なんぢら儆醒こゝろせよ わが三年のあひだも晝もたえず淚を流して各人おのおのすゝめしことをおもふべし
  32. 兄弟よ 爾曹なんぢらの德をたてかつすべてきよめられし者のなかおいげふ爾曹なんぢらあたふちからある神およびその恩惠めぐみことばに今われ爾曹なんぢらゆだ
  33. われ人の金銀きんぎん衣服をむさぼりしことなし
  34. わがこの手はわれおよびわれともありし者の需用もとめそなへし事は爾曹なんぢらしるところなり
  35. われ爾曹なんぢら如此かく勤勞つとめ柔弱者よわきものたすかつしゅイエスのいひ給へるうくるよりもあたふるはさいはひなりとのことばを心にとむべきをすべての事において示せるなり
  36. パウロかくかたりひざまづき衆人すべてのものと共に祈れり
  37. 彼等みなおほいなげきパウロのくびいだきこれ接吻くちづけその再びわがかほみるまじといひしことばよりわけてもうれへをなし彼を舟まで伴へり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |