新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 十 二 章



  1. 人々兄弟および父たちこふ いまのべんとする事實ことわけ爾曹なんぢらきけ
  2. 彼等そのヘブルの方言ことばにて語るをきゝていよいよしづまれり
  3. パウロいひけるは われはユダヤびとにてキリキアのタルソにうましかして此邑このまちのガマリエルの足下あしもとにてそだてられ先祖のおごそかなる法律おきてよりをしへられ神に熱心なりし事は今日こんにち爾曹なんぢらすべての者のごとくなりき
  4. われさき斯道このみちの人を男女をとこをんなともしばりかつひとやわたし死に至るまでにこれせめたり
  5. すなはち祭司のをさ長老會ちゃうらうくゎいの人のわれついてみなあかしをなすが如し われ彼等より兄弟たちおくふみうけダマスコにをる者をしばりてヱルサレムに曳來ひききたつみうけしめんとて彼處かしこに赴けり
  6. されわれゆきてダマスコにちかづけるに時おほよそ日中ひるごろたちまち天よりおほいなる光ありてわれ環照めぐりてらせり
  7. われ地にたふの時 サウロ サウロ 何故なにゆゑわれせむるやといふ聲をきゝ
  8. われこたへけるは しゅなんぢたれぞや われいひけるは われなんぢせむる所のナザレのイエスなり
  9. われともありしもの光を見ておそれたり されわれかたりし者の聲をきかざりき
  10. われいひけるは しゅわれなにをなすべきか しゅわれにいひ給ひけるは おきてダマスコにゆけ すでにさだまりしなんぢなすべき事は彼處かしこおいなんぢつぐべし
  11. その光のかゞやきよりわれみることを得ずなりければわれともをりし者の手にたすけられてダマスコに至れり
  12. このまちすめすべてのユダヤびとの中にほまれあるアナニアといふ律法おきてしたがへる神を敬ふ人
  13. わがもとにきたかたはらたちいひけるは 兄弟サウロ ふたゝみることを得よ われたゞちに目をあげて彼を見たり
  14. 彼またいふ われらの列祖せんぞたちの神はなんぢに神のむねしらしめ義者たゞしきものを見させその口よりいづる聲をきかしめん事を定め給へり
  15. そはなんぢ彼がためその見聞みきゝせし事をすべての人にむか證人あかしびとなるべければなり
  16. 今なんぢ如何いかためらべけんや たちしゅの名をよびバプテスマをうけその罪を滌去すゝぎさるべしと
  17. われヱルサレムに返り聖殿みやおいて祈れる時まぼろしにて
  18. 見けるはしゅわれにむかひて 急げ 彼等はなんぢわれについてたつあかしうけざるがゆゑすみやかにヱルサレムをいでよといひたまへり
  19. われいひけるは しゅわれもとなんぢを信ずる者をとらあるひは諸會堂にてこれむちうちしことを彼等はしる
  20. またなんぢ證人あかしびとステパノのその血を流さるゝ時われかたはらたちその殺さるゝをよしとし彼を殺す者のころもを守れり
  21. しゅわれにいひけるは ゆけ われなんぢを遠く異邦人につかはすべし
  22. 彼等きゝてこのことばいたりみな聲をあげいひけるは かくの如き者を地よりされ かれは先に生命いのちあるべき者ならざりき
  23. かれら喧呼さけんその衣をぬぎちりを空中にあげければ
  24. 千夫せんにんかしら命じてパウロを陣營に引入ひきいれしめ何故なにゆゑかく彼等がパウロにむかひ喧呼さけぶかをしらんがためむちうちて彼にとふべしといへ
  25. かれら革鞭かはむちあてんとてパウロを引張ひきはりしとき彼そのかたはらたて百夫ひゃくにんかしらいひけるは 罪をさだめずしてロマびとたる者をむちうつは律法おきてかなふや
  26. 百夫ひゃくにんかしらこれをきゝゆきて千夫せんにんかしらいひけるは なんぢなすことをつゝしめよ この人はロマびとなり
  27. 千夫せんにんかしらゆきてパウロにいひけるは なんぢはロマびとなるや われつげよ パウロいひけるは しか
  28. 千夫せんにんかしらこたへけるは われおほくかねこの民籍みんせきを得たり パウロいひけるは われ生來うまれながらなり
  29. こゝおいてパウロを拷問せんとせし者等ものどもたゞちに退けり 千夫せんにんかしらそのロマびとなるをしりかれをしばりしことをおそ

  30. かく明日あくるひユダヤびとの彼をうったへたるゆゑたしかしらんとおもひパウロのなはめをとき祭司の長等をさたちおよび全議会に命じてあつまらしめパウロを携往たづさへゆきその前にたゝせたり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |