新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 十 三 章



  1. パウロ議會に目をそゝぎかれらを見ていひけるは 人々兄弟よ われ今日こんにちに至るまですべての事良心によりて神につかへたり
  2. 祭司のをさアナニアかたはらたてる者に命じてかれの口をうたしむ
  3. こゝおいてパウロ彼にいひけるは 粉塗しろくぬりたる壁よ 神はなんぢうたなんぢせるは律法おきてしたひてわれさばかためなるに律法おきてたがひ命じてわれうたしむる
  4. かたはらたてる者どもいひけるは なんぢ神の祭司のをさのゝしるや
  5. パウロいひけるは 兄弟よ われその祭司のをさなるをしらざりき しらいはざりしなり そはなんぢの民の有司つかさそしなかれとしるされたり
  6. パウロ彼等のそのなかばはサドカイの人 なかばはパリサイの人なるをしりて議會のなかよばゝいひけるは 人々兄弟よ われはパリサイの人またパリサイびとの子なり しにたる者のよみがへるをのぞむよりわれいま審判さばか
  7. パウロ如此かくいひしかばパリサイの人とサドカイの人のあひだ爭論あらそひおこりてあつまりたるおほくの人々相分あひわかれたり
  8. そはサドカイびと復生よみがへりまた天使てんのつかひおよびれいなしいひパリサイびとこれをみなありいへなり
  9. つひおほいなる喧嘩さわぎとなりぬ パリサイびとの學者たちたちて爭ひいひけるは 我儕われらこの人のあしきことを見ず もしれいあるひは天使てんのつかひの彼にかたりし事あらんには我儕われら神にてきべからざるなり
  10. かくおほいなる爭ひおこりければ千夫せんにんかしらパウロが彼等に引裂ひきさかれん事をおそれて兵隊に命じ彼等のなかくだらせこれうばひとり陣營に引入ひきいれしめたり

  11. しゅそのパウロのかたはらたちいひ給ひけるは パウロよ いさめ そはなんぢわれについてヱルサレムにあかしせし如く必ずロマにもあかしすべければなり
  12. 明日あくるひおよびてユダヤびとたうを結び共にちかひいひけるは パウロを殺すまでは飮食くひのみをもまじ
  13. このちかひなせる者は四十人しじふにんあまりなり
  14. かれら祭司のをさおよび長老ちゃうらうたちのもときたりいひけるは 我儕われらパウロを殺すまではなにをもくはじとちかひたてたり
  15. 是故このゆゑこふ なんぢら議會とともにパウロの事をなほくはしたづぬさまなし千夫せんにんかしらつげかれを爾曹なんぢら曳下ひきくだらしめよ 彼がちかづかざるさきこれを殺さんと我儕われらすでにそなへなせ
  16. しかるにパウロの妹姊しまいの子このくはだてをきゝすなはゆきて陣營にいりパウロにつぐ
  17. パウロこふ百夫ひゃくにんかしら一人をまねきいひけるは この少者わかきもの千夫せんにんかしら携往つれゆけ この者かれにつぐべき事あればなり
  18. こゝおい百夫ひゃくにんかしらかれを千夫せんにんかしら携往つれゆきいひけるは 囚者めしうどパウロわれまねきこの少者わかきものなんぢにいふべき事あればこれなんぢ携往つれゆかんことをねがへり
  19. 千夫せんにんかしらその手をひき僻靜ひそかなるところに退きてとひけるは なんぢわれつげんとする事はなにぞや
  20. 彼いひけるは ユダヤびとパウロの事をなほくはしたづぬさまなしなんぢにこひ明日あくるひかれを議會に曳下ひきくださん事を約せり
  21. されなんぢかれらがことに從ふなかそはそのうち四十人しじふにんあまりの者パウロを殺すまではくはず又のまじと共にちかひ埋伏まちぶせし今すでにその預備そなへをなしてなんぢゆるしまて
  22. 千夫せんにんかしら少者わかきものなんぢわれこの事をつげしと人に語るなかれと囑付いひふくめこれさらしめ
  23. 百夫ひゃくにんかしらの二人をめして 兵卒二百人騎兵七十人しちじふにんほこもつもの二百人を備へ今夜このよ第九時にカイザリヤにゆけ
  24. かつけものそなへてパウロをのらしめこれまもり方伯つかさペリクスのもとに送るべしといひ
  25. またの如きふみをかきそへたり
  26. いはく クラウデヲ ルシアス もっとたふと方伯つかさペリクスのやすきとふ
  27. この人ユダヤびととらはれまさに殺されんとせしをわれそのロマびとなるをきゝしにより兵隊をひきゆきこれたす
  28. 彼等がうったふゆゑしらんとおもこれその議會に引下つれくだりしが
  29. 彼がうったへられしはたゞかれらの律法おきてろんよれるのみにてその死にあたるべく又つながるべきのゆゑを見ざるなり
  30. しかるにユダヤびとこれを害せんとはかるよしその事われに現れしによりたゞちこれなんぢもとおくれり 又かれをうったへし者どもに命じてそのうったふところなんぢつげしめんとす

  31. こゝおいて兵卒はめいしたがひてパウロをたづさうちにアンテパトリスに至り
  32. 明日あくるひ騎兵をしてパウロと共にゆかしめ其餘そのよの者は陣營に歸れり
  33. 騎兵はカイザリヤに至りふみ方伯つかさわたしパウロをその前にたゝしむ
  34. 方伯つかさふみ讀畢よみをはりて彼にその國をとひキリキヤの者なるをしり
  35. いひけるは なんぢうったふる者のこゝきたらん時われなんぢきくべし つひに命じてこれをヘロデの公廨やしきおいて守らしめたり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |