新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 十 六 章



  1. われケンクレアにある敎會の執事なる我儕われらの姉妹フィベを爾曹なんぢらすゝ
  2. なんぢら聖徒のなすべき如くしゅよりて彼をうけそのもとむる所はこれたすけよ 彼はもとおほくの人をたすけまたわれをもたす
  3. こふ プリスキラとアクラにやすきとへ かれらはイエスキリストについわれと共につとむる者なり
  4. 又わが命のためおのれくびつるぎしたおけたゞわれ而已のみならず異邦人のすべての敎會もまた彼等に感謝せり
  5. 又その家にある敎會にもやすきとへ またが愛する所のエパイネトにやすきとへ かれはアジアにおいてキリストのはじめに結べる實なり
  6. 我儕われらためおほくの苦勞をせしマリアにやすきとへ
  7. またわれとも囚人めしうどとなりしが親戚なるアンデロニコとジユニヤにやすきとへ かれら使徒たちうち名聲きこえある者なり われさきだちてキリストにをりし者なり
  8. キリストにありが愛するアンピリアトにやすきとへ
  9. キリストについ我儕われらと共につとむるウルバノ又わが愛するスタクにやすきとへ
  10. キリストにおいて鍛鍊なるアペレにやすきとへ アリストブロの家の者にやすきとへ
  11. わが親戚なるヘロデオナにやすきとへ ナルキソの家なるしゅにをる者等ものどもやすきとへ
  12. テルパイナとテルポサにやすきをとへ 彼等はしゅおいて苦勞せし女なり 又愛せらるゝペルシーにやすきとへ かれはしゅをりて多く苦勞せし女なり
  13. しゅえらばれしルポとその母とにやすきとへ かれが母はすなはわが母なり
  14. アスキゝリト ピリゴン ヘレマ パトロバ ヘレメ又彼等とともにある兄弟にやすきとへ
  15. ピロロコ ジユリヤ ネリオとその姉妹又オルンパ及び彼等とともなるすべての聖徒にやすきとへ
  16. 爾曹なんぢらきよき接吻くちづけをもてたがひやすきとへ キリストのすべての敎會なんぢらにやすきとへ
  17. 兄弟よ われなんぢらに勸む おほよ爾曹なんぢらまなべる所のをしへそむきて爭ひわかたせ又つまづかする者をとめてこれさけ
  18. かくの如き者は我儕われらしゅイエスキリストにつかへおのれの腹につかふる者なり 又ことたくみにし媚諂こびへつらひて質朴なる者の心を欺くなり
  19. され爾曹なんぢら順從したがへること衆人すべてのひと傳揚ひろがりたればわれなんぢらのために喜べり われなんぢらが善にかしこく惡におろかならんことを願ふ
  20. 平安へいあんの神なんぢらの足のしたおいてサタンをすみやかに碎くべし 我儕われらしゅイエスキリストのめぐみなんぢらとともあらんことを願ふ
  21. われと共につとむるテモテとが親戚ルキ ヤソン ソシパテロより爾曹なんぢらやすきとへ
  22. 此書このふみかけるテリテオわれキリストにおい爾曹なんぢらやすきとふ
  23. われと全會の寓主あるじガヨス爾曹なんぢらやすきとへまち庫司くらつかさヱラストまた兄弟クワルト爾曹なんぢらやすきとへ
  24. 我儕われらしゅイエスキリストのめぐみなんぢらとともあらんことを願ふ アメン
  25. 世のならざりしさきより隱藏かくれたりしかど萬國の民をして信じしたがはしめんがためいまかぎりなき神のめいかなひ預言者のふみよりあらはれしその奥義おくぎしたがひてわがつたふる福音
  26. およびとくところのイエスキリストの敎訓をしへてら爾曹なんぢら堅固かたうすることをうるもの
  27. すなは獨一睿智神ひとりのかしこきかみに榮光かぎりなくイエスキリストによりあらんことを願ふ アメン

新約全書羅馬書ろまのふみ をはり



| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |