新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 三 章



  1. 兄弟よ われさきに爾曹なんぢらに語れるときみたまつける者に語るが如くするあたはず たゞ肉につける者の如くまたキリストにをる赤子あかごに語る如くせり
  2. われ爾曹なんぢらに乳をのましめて堅き物をあたへざりき 爾曹なんぢらくらふことあたはざればなり 今もなほあたはず
  3. そはなんぢらなほ肉につける者なればなり なんぢらのうち嫉妒ねたみ紛爭あらそひあり これなんぢら肉につきて人の如く行ふにあらずや
  4. われはパウロにつきわれはアポロにつくといふ者のあるはこれなんぢら肉につけるならず
  5. パウロはたれ アポロはたれ われらたゞおのおのにたまはれるものしたが爾曹なんぢらをして信ぜしめんとてつとむる者なるのほかなし
  6. されわれうゑアポロはみづそゝそだつる者はたゞ神なり
  7. うゝるものみづそゝぐ者もかぞふるにたらたゞたふときはそだつる所の神なり
  8. それうゝる者もみづそゝぐ者も異なることなし 各々おのおの功力はたらきしたがひてそのむくいべし
  9. 我儕われらは神とともに働く者なり 爾曹なんぢらは神のはたけ 神のいへなり
  10. 神のわれたまひめぐみしたがひてわれかしこ工師こうしの如く既に基礎いしずゑすゑたり 今ほかの人その上にたつ いかにその上にたつべきおのおのつゝしみべし
  11. そはすゑ給ひし基礎いしずゑほかたれ基礎いしずゑすうることあたはざればなり この基礎いしずゑすなはちイエスキリストなり
  12. もし人この基礎いしずゑの上に金銀寶石はうせき木草禾稿わらたてなば
  13. 各人おのおのわざあきらかならん 夫日かのひこれをあらはべければなり これは火にてあらはれん その火おのおののわざ如何いかんを試むべし
  14. もしそのたつる所のわざたもたばむくい
  15. もしそのわざやかれなば損をうく されどおのれは火より脫出のがれいづる如くつひにはすくはれん
  16. 爾曹なんぢらは神の殿みやにして神のみたまなんぢらのうちいますことをしらざる
  17. もし人神の殿みやこぼたば神かれをこぼたん そは神の殿みやきよきものなればなり この殿みやすなは爾曹なんぢらなり
  18. たれみづから欺くなかもしなんぢらのうち此世このよおいて智慧ありとおもふ者あらば智者とならんためおろかになるべし
  19. そはこの世の智慧は神の前にはおろかなればなり しるしていはく 神は智者をそのみづからの詭計たくみよりとら
  20. またいはしゅは智者の思念おもひむなしきものとしりたまふ
  21. されたれも人に誇るなか萬物ばんぶつ爾曹なんぢらの物なり
  22. あるひはパウロ あるひはアポロ あるひはケパ あるひは世界あるひはせいあるひは死あるひは今のものあるひのちのものこれみな爾曹なんぢらものなり
  23. 爾曹なんぢらはキリストのもの キリストは神のものなり


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |