新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 六 章



  1. 爾曹なんぢらのうちたがひに事あるとき聖徒の前にうったふる事をせずあへたゞしからざる者の前にうったふる事をする者ある
  2. なんぢら聖徒の世をさばかんとするをしらざらんや 世もし爾曹なんぢらさばかるゝならば爾曹なんぢらいとちひさき事をさばくたらざる者ならん
  3. 爾曹なんぢらわれらが天の使つかひさばかんとするをしらざらんや いはん此世このよの事をや
  4. 是故このゆゑ爾曹なんぢらもし此世このよのことをさばかんとせば敎會のうちにて卑微者いやしきもの審判さばきの座にすわらしめよ
  5. われなんぢらをはづかしめんとて如此かくいへり 爾曹なんぢらうちその兄弟の間の事をさばき得る智者かしこきもの一人もなからん
  6. されど兄弟と兄弟あひうったかつこの事を不信者の前にてなせ
  7. 爾曹なんぢらたがひにあひうったふるにより爾曹なんぢらのうちまことあやまちあり 爾曹なんぢらなんこれよりもむしろ不義をうけざるや なんこれよりもむしあざむきうけざる
  8. あゝなんぢら不義をなしあざむきをなす 兄弟にもまたこれをなせ
  9. なんぢらたゞしからざる者の神の國をつぐことを得ざるをしらざるか 爾曹なんぢらみづからあざむくなかすべいんを行ひ又は偶像ををがみまたは姦淫をなし又は男娼なんしゃうとなり又は男色なんしょくを行ひ
  10. 又は盜竊ぬすみまたは貪婪むさぼりまたは沉湎さけにゑひまたは辱罵のゝしりまたは勒索うばふ者などは皆神の國をつぐことを得ざるなり
  11. 爾曹なんぢらのうちさきにはかくの如き者ありしかどもしゅイエスの名によりかつ我儕われらの神のみたまより洗滌あらひまたきよまり又義となることを得たり

  12. すべての物われによからざるなし されすべえきあるにあらすべての物われによからざるなし されわれそのひとつをもしゅとなさず
  13. しょくは腹のため 腹はしょくためなり されど神はこれかれほろぼすべし 身はいんを行ふためにあらしゅためなり しゅはまた身のためなり
  14. 神すでにしゅよみがへらせ給ふ 又その能力ちからもっ我儕われらをもよみがへらすべし
  15. 爾曹なんぢらの身はキリストのえだなるをしらざるか わがキリストのえだ娼妓あそびめえだとなしてよからんや しからざるなり
  16. 娼妓あそびめあふものは彼とひとつからだとなるをしらざるか そは二人のもの一體いったいとなるべしといひ給ひたればなり
  17. しゅあふものは一靈ひとつのれいとなるなり
  18. なんぢらいんさけよ 人のすべて行ふ罪は身のそとにあり されいんを行ふ者はおのが身を犯すなり
  19. 爾曹なんぢらの身は爾曹なんぢらが神よりうけたる爾曹なんぢらうちにある聖靈の殿みやにして爾曹なんぢら爾曹なんぢらものあらざる事をしらざる
  20. そは爾曹なんぢらあたひをもてかはれたる者なればなり 是故このゆゑに神のものなる爾曹なんぢら身においても靈魂たましひおいても神のさかえあらはすべし


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |