新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 九 章



  1. われは使徒にあらずや われ自主じしゅあらずや われ我儕われらしゅイエスキリストを見しにあらずや 爾曹なんぢらしゅあるわざあら
  2. われ他人ほかのひとには使徒にあらずとも爾曹なんぢらには使徒なり そはなんぢらのしゅあるわが使徒のしょくいんなればなり
  3. われことをたゞす者に答ふるはこれなり
  4. われら飮食いんしょくうくる權なき
  5. われらほかの使徒たちおよびしゅの兄弟とケパの如く姊妹なる妻をたづさふる權なき
  6. たゞわれとバルナバのみわざやむる事を得ざらん
  7. たれいくさいでおのれの財をつひやす者あらんや たれ葡萄園ぶだうばたけつくりそのくらはざる者あらんや たれか羊をかひそのちゝのまざる者あらん
  8. われ人の事にのみよりこれいはんや 律法おきてまたかくいふあらずや
  9. モーセの律法おきてに穀物をこなす牛に口籠くつごかくべからずとしるされたり 神牛のおもんばかり給へる
  10. 又は我等のためにのみこれいひたまひし こは我等のためしるし給へるなり そはたがやす者はのぞみありてたがやし穀物をこなす者はその穀物をうるのぞみありてこなすうべなればなり
  11. 我等もし爾曹なんぢらためれいの物をまきたらば爾曹なんぢらの肉の物を穫取かりとる大事だいじならん
  12. ほかの人もしこの權威を爾曹なんぢらの上にもたまし我儕われらをや され我儕われらこの權威をもちゐず キリストの福音に阻隔さまたげなきやうに我儕われらすべての事を忍ぶ
  13. なんぢらしらざるか 聖事きよきことつとむる者は殿みやの物をしょくし祭壇につかふる者は祭壇と共にそのわかちとることを
  14. かくの如くしゅ福音を宣傳のべつたふる者は福音により生活すごさんことを定め給へり
  15. されわれ此等これらの事はひとつをももちゐまたかくの如くせられんためこれ書遺かきおくるにあらそはわが誇る所を人にむなしくせられんよりはむししぬるはわれ善事よきことなればなり
  16. われ福音を宣傳のべつたふるといへども誇るべき所なし やむを得ざるなり もしわれ福音を宣傳のべつたへずばじつわざはひなり
  17. もしわれこのみこれなさむくいを得ん もしわれこのまざるもその責任つとめわれあづかれり
  18. しからばむくいなになる われ福音を宣傳のべつたふるに人をしてつひえなくキリストの福音を得しめ又福音にありわがもてる權をみだりもちゐざるすなはこれなり
  19. われすべての人にむかひ自主じしゅの者なれど更におほくの人を得んためみづかおのれすべての人の奴隷となせり
  20. ユダヤびとにはわれユダヤびとの如くなれり これユダヤびとを得んためなり 又律法おきてしたにある者にはわれ律法おきてしたあらざれども律法おきてしたにある者の如くなれり これ律法おきてしたにある者を得んためなり
  21. 律法おきてなき者にはわれ律法おきてなき者の如くなれり これ律法おきてなき者を得んためなり されわれ神にむかひ律法おきてなきにあらすなはちキリストの律法おきてしたあるなり
  22. 柔弱者よわきものにはわれ柔弱者よわきものの如くなれり これ柔弱者よわきものを得んためなり 又すべての人にはわれそのすべての人のさましたがへり これいかにもして彼等數人すにんすくはためなり
  23. われ福音のため如此かくおこなふは人と共に福音にあづからんためなり
  24. なんぢらしらずや 馳塲はせばはしるものは皆はしれども褒美はうびうる者はたゞ一人なるを 爾曹なんぢらも得んためはしるべし
  25. すべかちあらそふ者は何事をもひかつゝしむなり 彼等はやぶれ易きかんむりを得んがためこれを行ひ我儕われらやぶれざるかんむりを得んがためこれを行ふなり
  26. されはしるは定向めあてなきが如きにあらたゝかひくううつが如きにあら
  27. おのれからだうちこれふくせしむ そはほかの人ををしへみづかすてられんことをおそるればなり


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |