新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 十 二 章



  1. 兄弟よ れいたまものについてはわれなんぢらがしらざるをこのま
  2. なんぢら異邦人なりしとき引誘みちびかるゝしたがひてものいはざる偶像のもとさそはゆきしは爾曹なんぢらしるところなり
  3. 是故このゆゑわれなんぢらに示さん 神のみたまに感じて語る者はイエスをのろふべき者といふものなし 又人聖靈に感ぜざればイエスをしゅいふあたはず
  4. たまものことなれどもみたまは同じ
  5. つとめことなれどもしゅは同じ
  6. また行爲はたらきことなれども一切すべての事をすべての人のうちに行ふ神は同じ
  7. みたまあらはし各人おのおのたまひしはえきを得しめんためなり
  8. あるひみたまによりて智慧のことばたまはあるひは同じみたまより智識ちしきことばたまは
  9. あるひは同じみたまよりて信仰をたまはあるひは同じみたまよりやまひいやすのちからたまは
  10. あるひ異能ちからあるわざを行ひあるひは預言しあるひれいわきまあるひは方言をいひあるひは方言をやくするのちからたまはれり
  11. されすべ此等これらの事を行ふ者はおなじ一靈ひとつのみたまなり 彼その心のまゝに各人おのおの頒與わけあたふるなり
  12. からだひとつにしておほくえだあり 一體ひとつからだすべてえだは多けれどもひとつからだなり キリストもまたかくの如し
  13. あるひはユダヤびとあるひはギリシヤびとあるひは奴隷あるひは自主じしゅかゝはらず我等われらみな一靈ひとつのみたまありてバプテスマをうけひとつからだとなり又みなひとつみたまのめ
  14. そはからだ一肢ひとつえだのみにあらおほくあればなり
  15. 足もしわれ手にあらざるがゆゑからだに屬せずといはそれよりからだに屬せざる
  16. また耳もしわが目にあらざるがゆゑからだに屬せずといはそれによりてからだに屬せざる
  17. もし全身目ならばきくところはいづこぞや し全身耳ならばかぐところはいづこぞや
  18. それ神は心のまゝにえだをおのおのからだおきたまへり
  19. もしみなひとつえだならばからだいづこぞや
  20. えだおほくあれどもからだひとつなり
  21. 目は手にわれなんぢに用なしといふを得ず 又かしらも足にわれなんぢに用なしといふを得ず
  22. からだのうちもっとよわしとみゆえだかへっなかるべからざる者なり
  23. からだのうちたふとからずとおもふ所に物をまとひ我儕われらことこれたふとこれより我儕われら不美みにくきところはすぐれうるはしくなるなり
  24. 我儕われらうるはしき所は心をもちゐるに及ばず 神はその劣れる所にこと尊貴たふときくはへからだ調和とゝのへたまへり
  25. これからだのうちわかるゝ事なくもろもろえだたがひに相顧あひかへりたすけんためなり
  26. もしひとつえだくるしまばすべてえだともにくるしひとつえだたふとばれなばすべてえだともに喜ぶなり
  27. 爾曹なんぢらはキリストのからだにしてまたおのおのそのえだなり
  28. 神は第一に使徒 第二に預言者 第三に敎師 その次に異能ちからあるわざを行ふ者 次にやまひいやちからうけし者 救濟ほどこしする者 治理者つかさどるもの 方言をいふ者を敎會におきたまへり
  29. これみな使徒ならん みな預言者ならん みな敎師ならん みな異能ちからあるわざを行ふ者ならん
  30. みなやまひいやちからもてる者ならん みな方言をいふ者ならん みなやくする者ならん
  31. なんぢら至美すぐれたるたまものを慕ふべし もっと善道よきみち爾曹なんぢらに示さん


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |