新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 一 章



  1. 神のむねよりてイエスキリストの使徒となれるパウロ及び兄弟テモテ コリントにある神の教會とあまねくアカヤにあるすべての聖徒にふみおく
  2. ねがはくは爾曹なんぢら我儕われらの父なる神およびしゅイエスキリストより恩寵めぐみ平康やすきうけ

  3. 頌美ほむべきかな神すなは我儕われらしゅイエスキリストの父 慈悲の父 すべての安慰なぐさめたまふの神
  4. 神は我儕われら諸般もろもろ患難なやみうちにわれらを慰めたまふ これ我儕われらをして神の我儕われらを慰めたまふ安慰なぐさめもって又もろもろの患難なやみにをるものを慰むることを得しめんためなり
  5. そはキリストのくるしみわれらに多くあるが如く我儕われら安慰なぐさめもキリストによりて多くあればなり
  6. われらあるひ患難なやみうくるも爾曹なんぢら安慰なぐさめすくひためなり この安慰なぐさめすくひ爾曹なんぢらうちに働きて我儕われらうくる如きくるしみ爾曹なんぢらにもおなじしのばしむるなり 我儕われらあるひは安慰なぐさめうくるもまたなんぢらが安慰なぐさめすくひためなり
  7. 爾曹なんぢらくるしみともうくる如くまた安慰なぐさめをもともうくることを我儕われらしる このゆゑ爾曹なんぢらにつき我儕われらが望むところは堅し
  8. 兄弟よ 我儕われらがアジアにおいあひし所の苦難なやみ爾曹なんぢらしらざるをこのまず すなはせめらるゝことはなはだしくして勢ひあたりがたく生命いのちたもたのぞみをも失ふに至れり
  9. かつわれら心中こゝろのうちに必死を定む 是故このゆゑおのれたのまずしてしにし者をよみがへらする神をたのめり

  10. 神すでに我儕われらかくの如きの死より救ひ今また救へり のちなほわれらを救ひ給はんことを望む
  11. 爾曹なんぢら我儕われらために祈りてあひ助く かく許多あまたの人により我儕われらたまはりし恩寵めぐみ許多あまたの人も我儕われらために感謝するに至らん

  12. 我儕われらの良心われら神の賜ふ所の丹心まごゝろと信實によりまた肉の智慧によらず神の恩寵めぐみにより世にありおこなひをなしこと爾曹なんぢらむかひてかくの如きおこなひなせりとあかしこれわれらが誇る所なり
  13. 我儕われらなんぢらに書遺かきおくる所は爾曹なんぢらよむところさとる所のほかあらざるなり
  14. われ爾曹なんぢらをはりに至るまでの事を爾曹なんぢらうち識者しるものあるが如くしらんことを望む すなはしゅイエスの日に爾曹なんぢら我儕われらよりて誇る如く我儕われら爾曹なんぢらよりて誇るこれなり
  15. われこれを信ずるによりて再び爾曹なんぢらえきを得させんためさきにはまづなんぢらに至り
  16. また爾曹なんぢらすぎてマケドニヤにゆきまたマケドニヤより爾曹なんぢらに歸り爾曹なんぢらをしてわれをユダヤのかたおくらしめんことをおもへり
  17. わがかく定めしとき虛浮心うきたるこゝろあらん またさだめしところ肉によりてさだめなりなりといひまた非なり非なりといはんや
  18. 眞實まことの神われらが爾曹なんぢらむかひていへことばいひまた非といひしことなしとあかし
  19. そはわれらすなはわれとシルワノ及びテモテ爾曹なんぢらうちつたへたる神の子イエスキリストはいひまた非といふが如き事なし 彼にはたゞいふことあるのみ
  20. すべて神の約束はかれうちとなり又かれのうちにアメンとなり我儕われらよりて神のさかえあらはるゝに及ぶ
  21. 我儕われら爾曹なんぢらともにキリストに堅固かたうかつわれらにあぶらそゝぎしものは神なり
  22. 彼また我儕われらいんかつかたしてみたま我儕われらの心に賜へり

  23. われいまだコリントに至らざるは爾曹なんぢら寬容ゆるやかにせんがためなり わが神をよびわがたましひためあかしを求む
  24. 我儕われらなんぢらの信仰をつかさどらんとするにあらたゞなんぢらの喜樂きらくたすけんとするなり そはなんぢら信仰によりたてばなり


| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |