新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 十 一 章



  1. ねがはくは爾曹なんぢら少しくいれ爾曹なんぢらもとよりわれいるる者なり
  2. われ神の熱心の如き熱心をもて爾曹なんぢらおもわれなんぢらを一人のおっと聘定いひなづけせり これなんぢらをきよむすめとしてキリストにさゝげんとするなり
  3. 蛇の詭詐あしきたくみにエバのまどはされし如く爾曹なんぢらの心そこなはれてキリストにむか誠實まことはなれん事を我儕われらおそ
  4. もし人きたりて我儕われらいまのべざるほかのイエスをのべんに爾曹なんぢらあるひはいまうけざるほかれいをうけあるひいまうけざるほかの福音をうくるときは爾曹なんぢらよくこれをいれ
  5. われは何事にももっとおほいなる使徒たちおとらずとおもふなり
  6. われことばつたなけれども智識ちしきしからず 我儕われらの事はすべての事について爾曹なんぢら顯明あきらかなり
  7. われ爾曹なんぢらたかくせんがためみづかへりくだりてあたひなしに神の福音を爾曹なんぢらつたへしは罪を犯したる
  8. われほかの敎會より奪ひて給料をとりなんぢらのためつとめたり
  9. 又われ爾曹なんぢらうちありともしかりしときたれをもわづらはせざりき そはマケドニヤよりきたりし兄弟わがともしき所を補ひたればなり すべての事においわれみづからまもり爾曹なんぢらわづらはせざりき なほみづから守らんとす
  10. われあるキリストのまことに從ひてわれいふ わがこの誇る所のことをアカヤの地にてとゞむる者あらじ
  11. これ何故なにゆゑぞや 爾曹なんぢらを愛せざるによるか 神しりたまへり
  12. われをりもとむる者のをりたゝんためにが行ふ所をなほ行はんとす これ彼等をしてその誇るところ我儕われらおなじからんためなり
  13. かのともがらいつはりの使徒また詭譎いつはりを行ふ者にしてキリストの使徒のかたちへんじたる者なり
  14. これめづらしき事にあらず サタンもみづか光明ひかり使つかひかたちへんずるなり
  15. 是故このゆゑかれ役者つかへびとたとひ義の役者つかへびとかたちへんずるともおほいなる事にあらず 彼等のをはりは必ずそのなすところにかなふべし
  16. 又いふ 人われをおもなかしからずば爾曹なんぢらわれをなる者として受納うけいれこれわれも少しく誇らんためなり
  17. わがいふところはしゅしたがひていふあらなる者の如くはゞからずほこりいふなり
  18. 多くの人 肉によりて誇ればわれまた誇るべし
  19. そは爾曹なんぢらある者にして喜びてなる者をいるればなり
  20. 人もし爾曹なんぢらを奴隷とし人もし爾曹なんぢらくらひ人もし爾曹なんぢらかすめ人もし爾曹なんぢらたかぶり人もし爾曹なんぢらかほうつとも爾曹なんぢらこれをいるるなり
  21. われはぢいふ われらは懦弱者よわきものごとくなりき されど人の强き所にはわれまた强し(わが如此かくいふはおろかなるが如し)
  22. 彼等ヘブルびとなるか われしかり 彼等イスラエルの人なるか われしかり 彼等アブラハムのすゑなる われもしか
  23. 彼等キリストの役者つかへびとなるか われこれまされり(わが如此かくいふはくるへる者の如し)われ勞苦ほねをりし事彼等より多くむちうたれし事彼等よりおびたゞしくひとやに入れらるゝこと多く死にあふこと屢々しばしばなり
  24. 又われは五次いつたびユダヤびと四十しじふひとつを減じたるむちうけ
  25. たびえだにてうた一次ひとたび石にてうたたび破船にあひ一晝夜いっちうや海にあり
  26. 又しばしば旅路をかつかはの難 盜賊の難 同族の難 異邦人の難 城裹まちのうちの難 うちの難 海中の難 いつはりの兄弟のうちの難にあへ
  27. また彼等にまさり勞苦ほねをりつかれ屢々しばしばねむら飢渴うゑかわきしばしば食を絕ちこゞえ裸なりしなり
  28. こゝいはざるほかの事ありて日々われに迫る すなはすべての敎會の憂慮おもんばかりなり
  29. たれよわりわれよわらざらんや たれつまづきが心ねっせざらん
  30. もしわれかならず誇るべくばよわきことを誇るべし
  31. 永遠かぎりなくほむべき神 しゅイエスキリストの父わがいつはらざるをしりたまふ
  32. ダマスコにおいてアレタ王につけ邑宰まちつかさわれをとらへんとしてダマスコびとまちを守れり
  33. われかごまどより石垣にそひ縋下つりおろされてかれの手よりまぬかれたり


| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |