新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 十 二 章



  1. わがほこりもとよりえきなし 今はしゅの顯現と默示に及ばん
  2. われキリストにある一人の者をしれこの人十四年さきたづさへられて第三の天に至る(あるひは肉體にありしかわれしらず あるひは肉體のほかありしかわれしらず 神しりたまふ)
  3. われこの人をしる(かれあるひは肉體にありしかあるひは肉體のほかありしかしらず 神しり給ふ)
  4. かれたづさへられて樂園パラダイスに至りいふべからざることばすなはち人の語るまじきことばきけ
  5. われかくの如き人のために誇るべし よわきことのほかみづから誇らず
  6. われもしみづから誇らんとするともおろかなる者とならず そはまこといへばなり しかれども人のわれみるところあるひわれきくところにすぎわれはからんことを恐るゝによりて誇ることをとゞむべし
  7. またたまはりしあまたの默示によりたかぶることなからんためひとつとげが肉體にあたすなはたかぶることなからんためわれうつサタンの使者つかひなり
  8. われこれがため三次みたびしゅこれわれよりさらんことをもとめたり
  9. われいひ給ひけるは めぐみなんぢにたれそはわがちからよわきおいまったくなればなり このゆゑむしよろこびて自己みづからよわきに誇らん これキリストのちからわれにやどらんためなり
  10. これよりわれキリストのため懦弱よわき凌辱はづかしめ空乏ともしき迫害せめ患難なやみあふたのしみとせり そはわれ弱き時に强ければなり
  11. われ誇るによりおろかなる者となれり 爾曹なんぢらわれをしひ如此かくなせり そはわれとるたらざる者なれどもすべての事もつともおほいなる使徒におとらず もとより爾曹なんぢらほめらるべき者なればなり
  12. われ休徵しるし奇跡ふしぎなるわざ妙用ちからあるわざをもて爾曹なんぢらうちに多く忍びて使徒のしるしをなせり
  13. 爾曹なんぢらわづらはせざる事のほか爾曹なんぢらほかの敎會になにおとる所かある ねがはくはわがこの不義をゆる
  14. われ今第三次みたびめなんぢらにいたらんとてそなへせり 又なんぢらをわづらはせざらんとす そはわれ爾曹なんぢら所有ものを求めずたゞなんぢらをもとむればなり それ子は親のためたくはふべき者にあらず 親は子のためたくはふべきものなり
  15. われいよいよ爾曹なんぢらを愛すればいよいよ爾曹なんぢらに愛せられず されよろこびて爾曹なんぢら靈魂たましひためざいつひやし身をつくすべし
  16. されあるいはわがなんぢらをわづらはせざるはたくみなる者なるにより詭計いつはり爾曹なんぢら牢籠とりこむるなりと
  17. われ爾曹なんぢらつかはしゝ者のうちたれより爾曹なんぢらより利を得しや
  18. われこひてテトスを爾曹なんぢらつかはし又かれととも我儕われらの兄弟をもつかはせり テトス爾曹なんぢらより利を得し われら同心おなじこゝろにてあゆまざりしや 同跡おなじあとあゆまざりし

  19. 爾曹なんぢらまた我儕われらみづから爾曹なんぢらいひわけするとおもふや われキリストにありて神の前にいふ 愛する者よ 我儕われらの行ふ所は皆爾曹なんぢらの德をたてためなり
  20. わがいたらん時われ爾曹なんぢらみるおもひし如くならず 爾曹なんぢらわれみるにも爾曹なんぢらおもひし如くならざらん事をおそる また爭鬪あらそひ娟嫉ねたみ忿怒いかり 爭ひわかるゝこと 毀謗そしり讒言ざんげん驕矜たかぶり混亂さわぎなどのあらん事を恐る
  21. 又わが再び至らん時わが神われをして爾曹なんぢらうちはぢしめ給はん事をおそる またわれおほくの人の罪ををかしその行ひし所の汚穢けがれ、姦淫、放肆はうしなどの事を悔改くひあらためざるを見てうれへんことを恐る


| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |