第八篇



  1. ギデトの琴にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデの歌
    われらの主ヱホバよ なんぢの名(みな)は地にあまねくして尊きかな その榮光を天におきたまへり
  2. なんぢは嬰兒(をさなご)ちのみごの口により力の基をおきて敵にそなへたまへり こは仇人とうらみを報るものを鎭靜(おししづ)めんがためなり
  3. 我なんぢの指のわざなる天を觀 なんぢの設けたまへる月と星をみるに
  4. 世人(よのひと)はいかなるものなればこれを聖念(みこゝろ)にとめたまふや 人の子はいかなるものなればこれを顧みたまふや
  5. 只すこしく人を神よりも卑(ひくゝ)つくりて榮と尊貴(たふとき)とをかうぶらせ
  6. またこれに手(みて)のわざを治めしめ萬物(よろづのもの)をその足下(あしのした)におきたまへり
  7. すべての羊 うし また野の獣
  8. そらの鳥 うみの魚 もろもろの海路(うみぢ)をかよふものをまで皆しかなせり
  9. われらの主ヱホバよ なんぢの名は地にあまねくして尊きかな

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |