詩 篇 の 靈 的 思 想

          ビー・エフ・バックストン講述
          米   田   豊   筆記



緖  言



 詩篇を繙くに當りて先づ下の三つの事を記憶すべし。
 第一 本書によりて神の御性質、其稜威(みいつ)、其聖力等を學ぶ事を得。又格別に新約に於て顯されたる父なる神の御性質を本書に於て讀む也。
 神は其聖旨(みこゝろ)を顯すに種々なる方法を以てしたまふ。即ち或は歴史により、或は預言により、或は詩歌により、或は又書翰によりて之を顯したまへり。就中詩歌は最も好く聖旨の顯されたるものにして、詩篇は實に之が讃美歌ともいふべき也。
 第二 詩篇は神が我等に與へ給へる讃美歌たると共に、此は又神が我等に授け給へる祈禱書なり。聖靈は是によりて祈禱(いのり)の言を示し、祈禱の順序を示し、又祈禱の心を敎へ給ふ。然れば度々此祈禱書を繙き、其敎ふる所に從って祈るべし。例へば神の導きを求むる時には第五篇を、聖顏の光を求むる時には第四篇等の如し。
 詩篇は斯く多く祈禱に就いて記さるゝものなるが、其各篇の終には概ね祈禱答へられたりとの信仰に就いて記さる。我等もかく祈禱の終に於て信仰を抱かざる可(べか)らず。我等は詩篇に於て祈禱の大膽を學ぶ。例へば『ヱホバよ起き給へ』などの言は、詩篇に就いて敎へらるゝ事なくば知る能はざる句にして、是實に些(すこし)も遠慮もなき大膽なる祈禱の言也。我等も詩篇に敎へられて、斯の如く憚らずして神の聖前に出でゝ大膽なる祈禱を捧ぐる事を得る也。
 第三 新約書の引照の多くが詩篇より引かれたるを見て、本書が如何に大切なるかを知るべし。

       ◎詩の五卷とモーセの五卷
 詩篇全體を分類して五卷とす。而して是が如何にモーセの五卷と符合せるかを見よ。
   第一卷 自第一篇至第四十一篇
         創世記と符合す
      題目 幸福(さいはひ)と聖潔(きよめ)
   第二卷 自第四十二篇至第七十二篇
         出埃及記と符合す
      題目 試練(こゝろみ)と救贖(すくひ)
   第三卷 自第七十三篇至第八十九篇
         利未記と符合す
      題目 靈的暗黑と交際(まじはり)
   第四卷 自第九十篇至第百六篇
         民數記と符合す
      題目 荒野の旅と保護
   第五卷 自第百七篇至第百五十篇
         申命記と符合す
      題目 恩寵(めぐみ)と感謝

 各卷の結末は讃美頌榮を以て終り、アーメン、アーメンを附記せられたり(四十一・十三、七十二・十九、八十九・五十二、百六・四十八、百五十篇全體)。最終の第百五十篇は全體が讃美頌榮の詞なり。

       ◎詩篇の預言
 詩篇中には主イエス・キリストに就いて預言せられたる處多し。
 第一 第八篇五〜八節──主イエスの受肉降誕(incarnation)
   ヘブル書二・六〜九は上に對する聖靈の註釋なり。
 第二 第廿二篇全體──十字架と贖ひ
   此篇を讀みて十字架上の主の御心膓を味はふ。
 第三 第十六篇十、十一節──主イエスの復活
   かのペテロはペンテコステの説敎中に是を引照して主の復活(よみがへり)を證せり(使徒行傳二・廿五〜廿八)。
 第四 第廿四篇七〜十節──主イエスの昇天
   主は十字架の戰ひに勝利を得て明らかに昇天し給ひし事を見る。
 第五 第百十篇一、四節──キリストの國と祭司
   使徒行傳二・三十四〜三十六、ヘブル書一・十三、同五・六等を對照せよ。
 是等の引照によりて、主イエスに對する預言の如何に明瞭なるかを知らん。勿論此外多くの預言ありと雖も、爰には唯聖靈の註解によりて明白に示されたるものゝみを掲げたる也。讀者は聖靈の示しに從ひて他の處をも調ぶべし。又此等によりて如何に詩篇を學ぶべきものなるかをも悟るべし。
 今試みに其例を擧げんに、キリストの再臨に就いては第九十六篇、九十七篇、九十八篇を見よ。此三篇は格別に主の再臨を預言せるもの也。また第百四十六篇は主イエスの奇蹟に就いて預言せられたるもの也。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |