第十一篇  題目 義しき者の性質



  1. うたのかみに謳はしめたるダビデのうた
    われヱホバに依賴めり なんぢら何ぞわが靈魂(たましひ)にむかひて鳥のごとくなんぢの山にのがれよといふや
  2. 視よあしきものは暗處(くらき)にかくれ心なほきものを射んとて弓をはり絃(つる)に矢をつがふ
  3. 基みなやぶれたらんには義者(ただしきもの)なにをなさんや
  4. ヱホバはその聖宮(きよきみや)にいます ヱホバの寳座(みくら)は天にあり その目はひとのこを鑒(み)その眼瞼(まぶた)はかれらをこゝろみたまふ
  5. ヱホバは義者をこゝろむ そのみこゝろは惡きものと强暴(あらび)をこのむ者とをにくみ
  6. 羂(わな)をあしきもののうへに降(ふら)したまはん 火と硫磺(いわう)ともゆる風とはわれらの酒杯(さかづき)にうくべきものなり
  7. ヱホバはたゞしき者にして義きことを愛したまへばなり 直きものはその聖顏をあふぎみん

▲義しき人とは如何なる人なりやといふに
一、神に依賴む(一)──『われヱホバに依賴めり』
二、惡(あし)き人に憎まる(二)──『あしきものは暗處にかくれ心なほきものを射んとて弓をはり絃に矢をつがふ』
三、神に試みらる(五)──『ヱホバは義者をこゝろむ』
四、神の旨に適ふ(七)──『ヱホバはたゞしき者にして義きことを愛したまへばなり』
▲又是に對して惡き者の写眞も本篇に出づ。即ち
一、人々を憎む(二)
二、神に見らる(四)──『その目はひとのこを鑒その眼瞼はかれらをこゝろみたまふ』
三、神に憎まる(五)──『そのみこゝろは惡きものと强暴をこのむ者とをにくみ』
四、神の恐ろしき審判に與るべし(六)──『羂をあしきもののうへに降したまはん 火と硫磺ともゆる風とはかれらの酒杯にうくべきものなり』
▲斯く本篇に二つの写眞記さる。我等は過去に於ては斯る惡き者なりしが、現在に於ては先に述べたる如き義しき者とせられたり。然らば過去を顧みては常に碎けたる心を以て謙り、現在を思うては感謝する也。テトス書三章三節以下六節に於てパウロは其過去を顧み神の奇しき御業によりて義しき者となりし事を感謝せり、恰も是本篇の如し。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |