第十五篇  題目 神に屬ける人



  1. ダビデのうた
    ヱホバよなんぢの帷幄(あげばり)のうちにやどらん者はたれぞ なんぢの聖山(きよきやま)にすまはんものは誰ぞ
  2. 直くあゆみ義をおこなひ そのこゝろに眞實(まこと)をいふものぞその人なる
  3. かゝる人は舌をもてそしらず その友をそこなはず またその隣をはぢしむる言をあげもちひず
  4. 惡にしづめるものを見ていとひかろしめ ヱホバをおそるゝものをたふとび 誓ひしことはおのれに禍害となるも變(かふ)ることなし
  5. 貨(たから)をかして過たる利をむさぼらず 賄賂(まひなひ)をいれて無辜(つみなきもの)をそこなはざるなり 斯ることどもを行ふものは永遠(とこしへ)にうごかさるゝことなかるべし

▲神に屬ける人は
一、行ひの義しき人(二始)──『直くあゆみ義をおこなひ』
二、の眞實の人(二終)──『そのこゝろに眞實をいふものぞその人なる』
三、を慎む人(三)──『かゝる人は舌をもてそしらず その友をそこなはず またその隣をはぢしむる言をあげもちひず』
四、罪を憎み神を畏るゝ者(四始)──『惡にしづめるものを見ていとひかろしめ ヱホバをおそるゝものをたふとび』
五、約束を忠實に守る者(四終)──『誓ひしことはおのれに禍害となるとも變ることなし』
六、金銭を正しく取り扱ふ者(五始)──『貨をかして過たる利をむさぼらず 賄賂をいれて無辜をそこなはざるなり』
七、堅く立ちて動かざる者(五終)──『斯ることどもを行ふものは永遠にうごかさるゝことなかるべし』
▲本篇と第廿四篇の比較
 廿四・三──『ヱホバの山にのぼるべきものは誰ぞ』
 十五・一──『なんぢの聖山にすまはんものは誰ぞ』
 聖潔を受くる事は一つの事、其受けし惠を保つ事は別の事なり。廿四篇は聖潔を受くる事に關し、十五篇は其聖潔を保つ事に關す。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |