第十八篇  題目 大いなる救 (十五)



  1. 伶長にうたはしめたるヱホバの僕ダビデの歌、 このうたの詞はもろもろの仇およべサウルの手より救れしときヱホバに對ひてうたへるなり 云く
    ヱホバわれの力よ われ切(せち)になんぢを愛しむ
  2. ヱホバはわが巖 わが城 われをすくふ者 わがよりたのむ神 わが堅固なるいはほ わが盾 わがすくひの角 わがたかき櫓(やぐら)なり
  3. われ讃稱(ほめたゝ)ふべきヱホバをよびて仇人よりすくはるゝことをえん
  4. 死のつな我をめぐり惡のみなぎる流われをおそれしめたり
  5. 陰間(よみ)のなは我をかこみ死のわな我にたちむかへり
  6. われ窮苦(なやみ)のうちにありてヱホバをよび又わが神にさけびたり ヱホバはその宮よりわが聲をきゝたまふ その前(みまへ)にてわがよびし聲はその耳にいれり
  7. このときヱホバ怒りたまひたれば地はふるひうごき山の基はゆるぎうごきたり
  8. 烟その鼻よりたち火その口よりいでてやきつくし炭はこれがために燃あがれり
  9. ヱホバ天をたれて臨(くだ)りたまふ その足の下はくらきこと甚だし
  10. かくてケルプに乗りてとび風のつばさにて翔り
  11. 闇をおほひとなし水のくらきとそらの密雲(くろくも)とをそのまはりの幕となしたまへり
  12. そのみまへの光輝(かゞやき)よりくろくもをへて雹ともえたる炭とふりきたれり
  13. ヱホバは天に雷鳴(いかづち)をとゞろかせたまへり 至上者(いとたかきもの)のこゑいでて雹ともえたる炭とふりきたり
  14. ヱホバ矢をとばせてかれらを打ちらし數しげき電光(いなづま)をはなちてかれらをうち敗りたまへり
  15. ヱホバよ斯るときになんぢの叱咜となんぢの鼻のいぶきとによりて水の底みえ地の基あらはれいでたり
  16. ヱホバはたかきより手をのべ我をとりて大水よりひきあげ
  17. わがつよき仇とわれを憎むものとより我をたすけいだしたまへり かれらは我にまさりて最(いと)强かりき
  18. かれらはわが災害(わざはひ)の日にせまりきたれり 然どヱホバはわが支柱(さゝへ)となりたまひき
  19. ヱホバはわれを悅びたまふがゆゑにわれをたづさへ廣處(ひろきところ)にいだして助けたまへり
  20. ヱホバはわが正義(たゞしき)にしたがひて恩賜(たまもの)をたまひ わが手のきよきにしたがひて報賞(むくい)をたれたまへり
  21. われヱホバの道をまもり惡をなしてわが神よりはなれしことなければなり
  22. そのすべての審判はわがまへにありて われその律法(おきて)をすてしことなければなり
  23. われ神にむかひて缺るところなく己をまもりて不義をはなれたり
  24. この故にヱホバはわがたゞしきと その目前(めのまへ)にわが手のきよきとにしたがひて我にむくひをなし給へり
  25. なんぢ憐憫(あはれみ)あるものには憐みあるものとなり完全(またき)ものには全きものとなり
  26. きよきものには潔きものとなり僻むものにはひがむ者となりたまふ
  27. そは汝くるしめる民をすくひたまへど高ぶる目をひくゝしたまふ可ればなり
  28. なんぢわが燈火(ともしび)をともし給ふべければなり わが神ヱホバわが暗(くらき)をてらしたまはん
  29. 我なんぢによりて軍(いくさ)の中をはせとほり わが神によりて垣ををどりこゆ
  30. 神はしもその途またくヱホバの言はきよし ヱホバはすべて依賴むものの盾なり
  31. そはヱホバのほかに神はたれぞや われらの神のほかに巖はたれぞや
  32. 神はちからをわれに帶(おば)しめ わが途を全きものとなしたまふ
  33. 神はわが足を麀(めじか)のあしのごとくし我をわが高處(たかきところ)にたゝせたまふ
  34. 神はわが手をたゝかひにならはせてわが臂(かひな)に銅弓(かなゆみ)をひくことを得しめたまふ
  35. 又なんぢの救の盾をわれにあたへたまへり なんぢの右手(みぎのて)われをさゝへ なんぢの謙卑(へりくだり)われを大ならしめたまへり
  36. なんぢわが步むところを寬闊(ひろらか)ならしめたまひたればわが足ふるはざりき
  37. われ仇をおひてこれに追求(おひしき)かれらのほろぶるまでは歸ることをせじ
  38. われかれらを擊てたつことを得ざらしめん かれらはわが足の下(もと)にたふるべし
  39. そはなんぢ戰争(たゝかひ)のために力をわれに帶しめ われにさからひておこりたつ者をわが下にかゞませたまひたればなり
  40. 我をにくむ者をわが滅しえんがために汝またわが仇の背(そびら)をわれにむけしめ給へり
  41. かれら叫びたれども救ふものなく ヱホバに對ひてさけびたれども答へたまはざりき
  42. 我かれらを風のまへの塵のごとくに搗(つき)碎き ちまたの泥(ひぢ)のごとくに打棄たり
  43. なんぢわれを民のあらそひより助けいだし我をたてゝもろもろの國の長(をさ)となしたまへり わがしらざる民われにつかへん
  44. かれらわが事をきゝて立刻(たちまち)われにしたがひ異邦人(ことくにびと)はきたりて佞(おもね)りつかへん
  45. ことくにびとは衰へてその城よりをのゝきいでん
  46. ヱホバは活ていませり わが磐はほむべきかな わがすくひの神はあがむべきかな
  47. わがために讎(あた)をむくい異邦人をわれに服(まつろ)はせたまふはこの神なり
  48. 神はわれを仇よりすくひたまふ 實(げ)になんぢは我にさからひて起りたつ者のうへに我をあげ あらぶる人より我をたすけいだし給ふ
  49. この故にヱホバよ われもろもろの國人のなかにてなんぢに感謝し なんぢの名(みな)をほめうたはん
  50. ヱホバはおほいなる救をその王にあたへ その受膏者ダビデとその裔とに世々かぎりなく憐憫(あはれみ)をたれたまふ

サムエル後書廿二章に本篇と同じ歌記さる。何故聖書に二度記さるゝやといふに、是れ大切なる歌なれば也。或はダビデの諸の詩の中最も大切なるものなるやも知れず、聖靈は其爲に二度同じものを記さしめ給へるならん。
▲本篇の中に『すくひ』又は『助けいだし』(英語にて Deliver)の字屢々出づ。
 二  十七  十九  四十三  四十八  五十
即ち本篇は救の歌なり。
▲此救を得し者は常に
一、神を愛す(一)──『われ瀬切になんぢを愛しむ』
 此『愛しむ』とは原語にては燃え上がる熖を以て愛するの意味の字にて稀なる字也。救を得し者は斯る愛を以て神を愛する也。
二、神に信賴す(二)──『わがよりたのむ神』(其他二節全體)
 此節の中に一々『わが‥‥‥』と記されしを見よ。『わが巖』『わが城』『わが救拯者(すくひて=英譯)』『わがよりたのむ神』『わが堅固なるいはほ』『わが盾』『わがすくひの角』『わがたかき櫓』。實に神こそ信賴すべき御方なれ。
三、神に祈る(六)──『われ窮苦のうちにありてヱホバをよび又わが神にさけびたり』
▲尚本篇に於て更に詳しく救の順序を見るを得。
(1) 四節五節 に滅亡(ほろび)の恐れあり。
 『死のつな我をめぐり惡のみなぎる流われをおそれしめたり 陰間のなは我をかこみ死のわな我にたちむかへり』──故に
(2) 六節 に於て神に祈る。
 『われ窮苦のうちにありてヱホバをよび又わが神にさけびたり』
 神に祈るには正直なる心を以て祈らざるべからず。本篇の詩人は神の道を守り義しき行ひをなしたる事を神に訴へて大膽に祈れり(廿〜廿四節參照)。若し我等祈る時己の心に知れる不義あらば神は我等に聴き給はざるべし。
(3) 六節下半 に神は其祈禱を聴きて答へ給ふ。
 『ヱホバはその宮よりわが聲をきゝたまふ その前にてわがよびし聲はその耳にいれり』
 七節以下十五節迄を見れば神が祈禱に答へる爲に天地を震ひ動かし給ふこと記さる。我等は祈禱が答へらるゝときに見えざる世界に何事の行はれしかを知らず、此處に其を示さる。例へば此處に一人の罪人が祈禱に答へられて悔い改めたりとせよ。彼は神前に跪き碎けたる心を以て祈り、また終(つひ)に救の確信を得て感謝し喜ばん。見ゆる所は其のみ。然れども事茲に至るまでには見えざる世界に於て何事の行はれしか。神は榮光の中に起ち上がりて御自分の大能を表し、サタンの權力(ちから)を碎きて其人を救ひたまひし也。シナイ山に於て天地を震ひ動かし給へる同じ神の大能が、祈禱の結果として発動せる也。
(4) 十六、十七節 に於て救はる。
 『ヱホバはたかきより手をのべ我をとりて大水よりひきあげ わがつよき仇とわれを憎むものとより我をたすけいだしたまへり』
 唯救はれしに非ず、其救たるや大なる救也。即ち
 『ヱホバはわれを悅びたまふがゆゑにわれをたづさへ廣處にいだして助けたまへり』(十九節)
 廣處とは自由のある處、幸福(さいはひ)の處、富める所にてエペソ書二章にある『天の處』(六)也。神は其處まで導き給ふ也。
▲救はれし者は
一、光を與へらる(廿八)──『なんぢわが燈火をともし給ふべければなり わが神ヱホバわが暗をてらしたまはん』
二、力を與へらる(三十二、三十四)──『神はちからをわれに帶しめ‥‥‥わが手をたゝかひにならはせてわが臂に銅弓をひくことを得しめたまふ』
三、守護(まもり)を加へらる(三十五)──『なんぢ救の盾をわれにあたへたまへり なんぢの右手われをさゝえ‥‥‥たまへり』
四、勝利を與へらる(三十八)──『われかれらを擊てたつことを得ざらしめん かれらはわが足の下にたふるべし』
五、感謝を歌ふ事を得(四十六〜五十)
 此は五十節にある如く『おほいなる救』を感謝する歌なり。此『おほいなる救』の字は仏蘭西語譯には『壯大なる(magnifique)又は『広大なる』救とあり。或人の救の經驗は未だ狭し。然れど主の救は『廣處にいだ』さるゝ救、広大なる救也。ルカ一・七十四、七十五の如き救也(『我らを仇の手より救ひ、生涯、主の御前に、聖と義とをもて懼なく事(つか)へしめ給ふなり』)。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |