第十九篇  題目 神の書



  1. うたのかみに謳はしめたるダビデのうた
    もろもろの天は神のえいくわうをあらはし穹蒼(おほそら)はその手(みて)のわざをしめす
  2. この日ことばをかの日につたへ このよ知識をかの夜におくる
  3. 語らずいはずその聲きこえざるに
  4. そのひゞきは全地にあまねくそのことばは地のはてにまでおよぶ 神はかしこに帷幄(あげばり)を日のためにまうけたまへり
  5. 日は新郎(にひむこ)がいはひの殿をいづるごとく勇士(ますらを)がきそひはしるをよろこぶに似たり
  6. そのいでたつや天の涯(はて)よりし その運(めぐ)りゆくや天のはてにいたる 物としてその和煦(あたゝまり)をかうぶらざるはなし
  7. ヱホバの法(のり)はまたくして靈魂(たましひ)をいきかへらしめ ヱホバの證詞(あかし)はかたくして愚かなるものを智(さと)からしむ
  8. ヱホバの訓諭(さとし)はなほくして心をよろこばしめ ヱホバの誡命(いましめ)はきよくして眼(まなこ)をあきらかならしむ
  9. ヱホバを惶(かしこ)みおそるゝ道はきよくして世々にたゆることなく ヱホバのさばきは眞實(まこと)にしてことごとく正し
  10. これを黃金(こがね)にくらぶるも おほくの純精金(まじりなきこがね)にくらぶるも弥增りてしたふべく これを蜜にくらぶるも蜂のすの滴瀝(したゝり)にくらぶるもいやまさりて甘し
  11. なんぢの僕はこれらによりて儆戒(いましめ)をうく これらをまもらば大なる報賞(むくひ)あらん
  12. たれかおのれの過失(あやまち)をしりえんや ねがはくは我をかくれたる愆より解放ちたまへ
  13. 願くはなんぢの僕をひきとめて故意(ことさら)なる罪ををかさしめず それをわが主たらしめ給ふなかれ さればわれ玷(きず)なきものとなりて大なる愆をまぬかるゝをえん
  14. ヱホバわが磐わが贖主よ わがくちの言わがこゝろの思念なんぢのまへに悅ばるゝことを得しめたまへ

 神の書(ふみ)に三つあり、本篇は其三つの神の書に就て記す。
第一(一〜六)──自然界のあらゆる物は神の榮光を啓示する神の書なり。
第二(七〜十一)──聖書は神の言を記す神の書なり。
第三(十二〜十四)──本心も亦神の道を示す神の書なり。我等は此三つの書によりて神の敎へを學ぶべし。
▲聖書によりて何を得るや。
一、生命(七始)──『ヱホバの法はまたくして靈魂をいきかへらしめ』
二、智慧(七終)──『ヱホバの證詞はかたくして愚なるものを智からしむ』
三、喜悅(八始)──『ヱホバの訓諭はなほくして心をよろこばしめ』
四、聡明(八終)──『ヱホバの誡命はきよくして眼をあきらかならしむ』
五、聖潔(九始)──『ヱホバを惶みおそるゝ道はきよくして世々にたゆることなく』(即ち聖潔は神を畏るゝ事によりて得られ、神を畏るゝ道は聖言によりて得らるゝ也。)
六、善惡を弁ふる光(九終)──『ヱホバのさばきは眞實にしてことごとく正し』(茲に聖言を神の審判と言はる、是によりて善惡を判別し得る也。)
七、儆戒(十一始)──『なんぢを僕はこれらによりて儆戒をうく』
八、報賞(十一終)──『これらをまもらば大なる報賞あらん』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |