第十九篇  題目 神の書



うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

  1. もろもろの天は神のえいくわうをあらはし穹蒼おほそらはそのみてのわざをしめす
  2. この日ことばをかの日につたへ このよ知識をかのにおくる
  3. かたらずいはずそのこゑきこえざるに
  4. そのひゞきは全地にあまねくそのことばは地のはてにまでおよぶ 神はかしこに帷幄あげばりを日のためにまうけたまへり
  5. 日は新郎にひむこがいはひの殿とのをいづるごとく勇士ますらをがきそひはしるをよろこぶに似たり
  6. そのいでたつや天のはてよりし そのめぐりゆくや天のはてにいたる 物としてその和煦あたゝまりをかうぶらざるはなし

  7. ヱホバののりはまたくして靈魂たましひをいきかへらしめ ヱホバの證詞あかしはかたくしておろかなるものをさとからしむ
  8. ヱホバの訓諭さとしはなほくして心をよろこばしめ ヱホバの誡命いましめはきよくしてまなこをあきらかならしむ
  9. ヱホバをかしこみおそるゝ道はきよくして世々にたゆることなく ヱホバのさばきは眞實まことにしてことごとく正し
  10. これを黃金こがねにくらぶるも おほくの純精金まじりなきこがねにくらぶるも弥增いやまさりてしたふべく これをみつにくらぶるもはちのすの滴瀝したゝりにくらぶるもいやまさりて甘し
  11. なんぢのしもべはこれらによりて儆戒いましめをうく これらをまもらばおほいなる報賞むくひあらん
  12. たれかおのれの過失あやまちをしりえんや ねがはくはわれをかくれたるとがより解放ときはなちたまへ
  13. ねがはくはなんぢのしもべをひきとめて故意ことさらなる罪ををかさしめず それをわがしゅたらしめ給ふなかれ さればわれきずなきものとなりておほいなるとがをまぬかるゝをえん
  14. ヱホバわがいはわが贖主あがなひぬしよ わがくちのことばわがこゝろの思念おもひなんぢのまへによろこばるゝことを得しめたまへ

 神の書(ふみ)に三つあり、本篇は其三つの神の書に就て記す。
第一(一〜六)──自然界のあらゆる物は神の榮光を啓示する神の書なり。
第二(七〜十一)──聖書は神の言を記す神の書なり。
第三(十二〜十四)──本心も亦神の道を示す神の書なり。我等は此三つの書によりて神の敎へを學ぶべし。
▲聖書によりて何を得るや。
一、生命(七始)──『ヱホバの法はまたくして靈魂をいきかへらしめ』
二、智慧(七終)──『ヱホバの證詞はかたくして愚なるものを智からしむ』
三、喜悅(八始)──『ヱホバの訓諭はなほくして心をよろこばしめ』
四、聡明(八終)──『ヱホバの誡命はきよくして眼をあきらかならしむ』
五、聖潔(九始)──『ヱホバを惶みおそるゝ道はきよくして世々にたゆることなく』(即ち聖潔は神を畏るゝ事によりて得られ、神を畏るゝ道は聖言によりて得らるゝ也。)
六、善惡を弁ふる光(九終)──『ヱホバのさばきは眞實にしてことごとく正し』(茲に聖言を神の審判と言はる、是によりて善惡を判別し得る也。)
七、儆戒(十一始)──『なんぢを僕はこれらによりて儆戒をうく』
八、報賞(十一終)──『これらをまもらば大なる報賞あらん』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |