第廿篇  題目 禱告の祈禱



伶長うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

  1. ねがはくはヱホバなやみの日になんぢにこたへヤコブのかみのみななんぢをたかきにあげ
  2. 聖所せいじょより援助たすけをなんぢにおくりシオンより能力ちからをなんぢにあたへ
  3. なんぢのもろもろの獻物さゝげものをみこゝろにとめ なんぢの燔祭はんさいをうけたまはんことを セラ
  4. ねがはくはなんぢがこゝろの願望ねがひをゆるし なんぢの謀略はかりごとをことごとくとげしめたまはんことを
  5. 我儕われらなんぢのすくひによりてよろこびうたひ われらの神のみなによりて旗をたてん ねがはくはヱホバなんぢのもろもろのもとめをとげしめたまはんことを
  6. われ今ヱホバその受膏者じゅかうじゃをすくひたまふを知る ヱホバそのきよき天より右手みぎのてなるすくひの力にてかれにこたへたまはん
  7. あるひは車をたのみ あるひはむまをたのみとする者あり されどわれらはわが神ヱホバのみなをとなへん
  8. かれらはかゞみまたたふる われらはおきてかたくたてり
  9. ヱホバよ王をすくひたまへ われらがよぶときこたへたまへ

 本篇は友人の爲に祈る禱告(とりなし)の祈禱(一〜四)と其祈られたる人の信仰の答え也(五〜八)。
▲一節より四節迄の祈禱に八つの願ひ記さる。
一、祈禱の答へらるゝやう(一始)──『ねがはくはヱホバなやみの日になんぢにこたへ』
二、天の處に擧げらるゝやう(一終)──『ヤコブのかみの名なんぢを高にあげ』
三、助けらるゝやう(二始)──『聖所より援助をなんぢにおくり』
四、力づけらるゝやう(二終)──『シオンより能力をなんぢにあたへ』
五、憶えらるゝやう(三始)──『汝のもろもろの獻物をみこゝろにとめ』
六、受け納れらるゝやう(三終)──『なんぢの燔祭をうけたまはんことを』(祭物(さゝげもの)の受け納れられし時には天より火下りて之を焼盡せり、即ち是は獻身せる者の上にペンテコステの熖の下らん事を祈れる也。)
七、滿足の與へらるゝやう(四始)──『ねがはくはねんぢがこゝろの願望をゆるし』
八、働きの祝福せらるゝやう(四終)──『なんぢの謀略をことごとく遂げしめたまはんことを』
▲五節以下八節迄はかく祈られたる人が信仰を以て答ふる所なり。
一、喜悅(よろこび)を抱く(五始)──『我儕なんぢの救によりて歡びうたひ』
二、進擊的に進む(五中程)──『われらの神の名によりて旗をたてん』
三、確信を得(六始)──『われ今ヱホバその受膏者をすくひたまふを知る』
四、希望を握る(六終)──『ヱホバそのきよき天より右手なるすくひの力にてかれに應へたまはん』
五、確(かた)く神に信賴す(七)──『あるひは車をたのみ あるひは馬をたのみとする者あり されどわれらはわが神ヱホバの名をとなへん』
▲本篇の中に『神の名』に就て三度記さる。
(1) 一節、『ヤコブのかみの名なんぢを高にあげ』──罪の中より救出されて天の處に迄擧げらるゝ事
(2) 五節、『われらの神の名によりて旗をたてん』──罪人の前に神の聖名を表す事。ガラテヤ三・一『十字架につけられ給ひしままなるイエス・キリスト、汝らの眼前(めのまへ)に顯されたるに』はパウロが神の御名によりて旗をたてたる所也
(3) 七節、『われらはわが神ヱホバの名をとなへん』──他の物に依賴む事を捨てゝ唯神の御力にのみ依賴む事



| 目次 | 緖言 | 總目次 |