第三十篇  題目 二つの叫び



  1. 殿をさゝぐるときに謳へるダビデのうた
    ヱホバよわれ汝をあがめん なんぢ我をおこしてわが仇のわがことによりて喜ぶをゆるし給はざればなり
  2. わが神ヱホバよわれ汝によばはれば汝われをいやしたまへり
  3. ヱホバよ汝わがたましひを陰府よりあげ我をながらへしめて墓にくだらせたまはざりき
  4. ヱホバの聖徒よ ヱホバをほめうたへ奉れ きよき名(みな)に感謝せよ
  5. その怒はたゞしばしにてその惠はいのちとともにながし 夜はよもすがら泣かなしむとも朝にはよろこびうたはん
  6. われ安けかりしときに謂(いへら)く とこしへに動かさるゝことなからんと
  7. ヱホバよなんぢ惠をもてわが山をかたく立せたまひき 然はあれどなんぢ面(みかほ)をかくしたまひたれば我おぢまどひたり
  8. ヱホバよわれ汝によばはれり 我ひたすらヱホバにねがへり
  9. われ墓にくだらばわが血なにの益あらん 塵はなんぢを讃たゝへんや なんぢの眞理(まこと)をのべつたへんや
  10. ヱホバよ聴たまへ われを憐みたまへ ヱホバよ願くはわが助となりたまへ
  11. なんぢ踴躍(をどり)をもてわが哀哭(なげき)にかへ わが麁服(あらたへ)をとき歡喜(よろこび)をもてわが帶としたまへり
  12. われ榮をもてほめうたひつゝ黙すことなからんためなり わが神ヱホバよ われ永遠(とこしへ)になんぢに感謝せん

 二度神に呼ばふ
第一の叫び(二)──『わが神ヱホバよわれ汝によばはれば汝われをいやしたまへり』
第二の叫び(八)──『ヱホバよわれ汝によばはれり 我ひたすらヱホバにねがへり』
其れによりて第一に更生(うまれかはり)を、第二に聖潔(きよき)を得。
▲第一の叫びによりて得る恩惠(=更生)
一、醫癒(いやし)(二)──『われ汝によばはれば汝われをいやしたまへり』
二、甦生(よみがへり)(三始)──『ヱホバよ汝わがたましひを陰府よりあげ』
三、生命を獲(三終)──『我をながらへしめて墓にくだらせたまはざりき』
四、强めらる(七始)──『ヱホバよなんぢ惠をもてわが山をかたく立せたまひき』
 斯る恩惠を得たるも、神其聖顏を隱し給ひたれば怖ぢ惑ひて(七節下半)困難と苦痛を覚ゆるに至れり。然れば再び叫び出せり。
▲第二の叫びによりて得る恩惠(=聖潔)
一、豐なる生命(十一始)──『なんぢ踴躍をもてわが哀哭にかへ』
二、歡喜(十一終)──『わが麁服をとき歡喜をもてわが帶としたまへり』
三、天の處に擧げらる(一始)──『なんぢ我をおこして』
四、勝利(一終)──『わが仇のわがことによりて喜ぶをゆるし給はざればなり』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |