第三十一篇  題目 聖顏を輝かせ給へ (十六)



  1. 伶長にうたはしめたるダビデのうた
    ヱホバよわれ汝によりたのむ 願くはいづれの日までも愧(はぢ)をおはしめたまふなかれ なんぢの義をもてわれを助けたまへ
  2. なんぢの耳をかたぶけて速かにわれをすくひたまへ 願くはわがためにかたき磐となり我をすくふ保障(まもり)の家となりたまへ
  3. なんぢはわが磐わが城なり されば名(みな)のゆゑをもてわれを引(ひき)われを導きたまへ
  4. なんぢ我をかれらが密かにまうけたる網よりひきいだしたまへ なんぢはわが保砦(とりで)なり
  5. われ靈魂(たましひ)をなんぢの手(みて)にゆだぬ ヱホバまことの神よ なんぢはわれを贖ひたまへり
  6. われはいつはりの虛きことに心をよする者をにくむ われは獨(ただ)ヱホバによりたのむなり
  7. 我はなんぢの憐憫(あはれみ)をよろこびたのしまん なんぢわが艱難(なやみ)をかへりみ わがたましひの禍害(わざはひ)をしり
  8. われを仇の手にとぢこめしめたまはず わが足をひろきところに立たまへばなり
  9. われ迫りくるしめり ヱホバよ我をあはれみたまへ わが目はうれひによりておとろふ 靈魂も身もまた衰へぬ
  10. わが生命(いのち)はかなしみによりて消えゆき わが年華(とし)はなげきによりて消ゆけばなり わが力はわが不義によりておとろへ わが骨はかれはてたり
  11. われもろもろの仇ゆゑにそしらる わが隣にはわけて甚だし 相識(あひしる)ものには忌憚られ衢(ちまた)にてわれを見るもの避てのがる
  12. われは死(しに)たるもののごとく忘られて人のこゝろに置れず われはやぶれたる器もののごとくなれり
  13. そは我おほくの人のそしりをきゝ到るところに懼あり かれら我にさからひて互にはかりしが わが生命をさへとらんと企てたり
  14. されどヱホバよわれ汝によりたのめり また汝はわが神なりといへり
  15. わが時はすべてなんぢの手にあり ねがはくはわれを仇の手よりたすけ われに追迫るものより助けいだしたまへ
  16. なんぢの僕のうへに聖顏をかゞやかせ なんぢの仁慈(いつくしみ)をもて我をすくひたまへ
  17. ヱホバよわれに愧をおはしめ給ふなかれ そは我なんぢをよべばなり 願くはあしきものに恥をうけしめ陰府にありて口をつぐましめ給へ
  18. 傲慢(たかぶり)と輕侮(あなどり)とをもて義きものにむかひ妄りにのゝしるいつはりの口唇(くちびる)をつぐましめたまへ
  19. 汝をおそるゝ者のためにたくはへ なんぢに依賴むもののために人の子のまへにてほどこしたまへる汝のいつくしみは大なるかな
  20. 汝かれらを御前なるひそかなる所にかくして人の謀略(はかりごと)よりまぬかれしめ また行宮のうちにひそませて舌のあらそひをさけしめたまはん
  21. 讃べきかなヱホバは堅固なる城のなかにて奇(あや)しまるゝばかりの仁慈をわれに顯したまへり
  22. われ驚きあわてゝいへらく なんぢの目のまへより絕れたりと 然どわれ汝によびもとめしとき汝わがねがひの聲をきゝたまへり
  23. なんぢらもろもろの聖徒よヱホバをいつくしめ ヱホバは眞實(まこと)あるものをまもり傲慢者(たかぶるもの)におもく報をほどこしたまふ
  24. すべてヱホバを俟望むものよ雄々しかれ なんぢら心をかたうせよ

▲本篇の分解
 (一〜八)周圍(まはり)にある敵より救を求む
 (九〜十八)更に深く自己(みづから)の心を探りて内心の汚穢(けがれ)を見出す
 (十九、廿)溢るゝ恩惠(めぐみ)
 (廿一〜廿四)感謝の歌
▲本篇に七つの要點あり、注意せよ。
一、信仰(一)──『ヱホバよわれ汝によりたのむ』
    (六終)──『われは獨ヱホバによりたのむなり』
    (十四始)──『ヱホバよわれ汝によりたのめり』
二、獻身(五)──『われ靈魂をなんぢの手にゆだぬ』
三、懺悔(九)──『われ迫りくるしめり ヱホバよ我をあはれみたまへ』
四、祈禱(十五、十六)──『ねがはくはわれを仇の手よりたすけ われに追迫るものより助けいだしたまへ なんぢの僕のうへに聖顏をかゞやかせ なんぢの仁慈をもて我をすくひたまへ』
五、禮拜(十九)──『汝をおそるゝ者のためにたくはへ なんぢに依賴むもののために人の子のまへにてほどこしたまへる汝のいつくしみは大なるかな』
六、感謝(廿一)──『讃べきかなヱホバは堅固なる城のなかにて奇しまるゝばかりの仁慈をわれに顯したまへり』
七、勸告(すすめ)(廿三、廿四)──『なんぢらもろもろの聖徒よヱホバをいつくしめ‥‥‥すべてヱホバを俟望むものよ雄々しかれ なんぢら心をかたうせよ』
▲神の聖徒とは如何なる者ぞや
一、神を畏るゝ者(十九)──『汝をおそるゝ者』
二、神に依賴む者(十九)──『なんぢに依賴むもの』(信仰)
三、神を愛しむ者(廿三)──『もろもろの聖徒よヱホバをいつくしめ』(愛)
四、神を俟望む者(廿四)──『すべてヱホバを俟望むものよ』(望)
 聖徒の中には常に信仰の三つのものあるべき也。是れ基督者(クリスチャン)の特質と謂ふべし。
▲主は『わがためにかたき磐』(二)
   『我をすくふ保障の家』(二)
   『わが磐』又『わが城』(三)
   『わが保砦』(四)──なり。故に此主に依賴むべし。
▲『御前なるひそかなる所にかくし』
 『行宮のうちにひそませ』(廿)
 『堅固なる城のなかにて』(廿一)──是等は皆「主に居る」經驗也。主に居る者は敵の誘惑より免れ又神の愛を感ずべし(『若子よ、主に居れ』──ヨハネ壹書二・廿八)。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |