第三十一篇  題目 聖顏みかほを輝かせ給へ (十六)



伶長うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

  1. ヱホバよわれなんぢによりたのむ ねがはくはいづれの日までもはぢをおはしめたまふなかれ なんぢの義をもてわれを助けたまへ
  2. なんぢの耳をかたぶけてすみやかにわれをすくひたまへ ねがはくはわがためにかたきいはとなりわれをすくふ保障まもりの家となりたまへ
  3. なんぢはわがいはわが城なり さればみなのゆゑをもてわれをひきわれを導きたまへ
  4. なんぢわれをかれらがひそかにまうけたる網よりひきいだしたまへ なんぢはわが保砦とりでなり
  5. われ靈魂たましひをなんぢのみてにゆだぬ ヱホバまことの神よ なんぢはわれをあがなひたまへり
  6. われはいつはりのむなしきことに心をよする者をにくむ われはただヱホバによりたのむなり
  7. われはなんぢの憐憫あはれみをよろこびたのしまん なんぢわが艱難なやみをかへりみ わがたましひの禍害わざはひをしり
  8. われをあたにとぢこめしめたまはず わが足をひろきところにたてたまへばなり
  9. われ迫りくるしめり ヱホバよわれをあはれみたまへ わが目はうれひによりておとろふ 靈魂たましひも身もまた衰へぬ
  10. わが生命いのちはかなしみによりて消えゆき わが年華としはなげきによりてきえゆけばなり わが力はわが不義によりておとろへ わが骨はかれはてたり
  11. われもろもろのあたゆゑにそしらる わが隣にはわけてはなはだし 相識あひしるものには忌憚いみはゞかられちまたにてわれを見るものさけてのがる
  12. われはしにたるもののごとく忘られて人のこゝろにおかれず われはやぶれたるうつはもののごとくなれり
  13. そはわれおほくの人のそしりをきゝ到るところにおそれあり かれらわれにさからひてたがひにはかりしが わが生命いのちをさへとらんとくはだてたり
  14. されどヱホバよわれなんぢによりたのめり またなんぢはわが神なりといへり
  15. わが時はすべてなんぢのみてにあり ねがはくはわれをあたよりたすけ われに追迫おひせまるものより助けいだしたまへ
  16. なんぢのしもべのうへに聖顏みかほをかゞやかせ なんぢの仁慈いつくしみをもてわれをすくひたまへ
  17. ヱホバよわれにはぢをおはしめ給ふなかれ そはわれなんぢをよべばなり ねがはくはあしきものに恥をうけしめ陰府よみにありて口をつぐましめ給へ
  18. 傲慢たかぶり輕侮あなどりとをもてたゞしきものにむかひみだりにのゝしるいつはりの口唇くちびるをつぐましめたまへ
  19. なんぢをおそるゝ者のためにたくはへ なんぢに依賴よりたのむもののために人の子のまへにてほどこしたまへるなんぢのいつくしみはおほいなるかな
  20. なんぢかれらを御前みまへなるひそかなる所にかくして人の謀略はかりごとよりまぬかれしめ また行宮かりいほのうちにひそませて舌のあらそひをさけしめたまはん
  21. ほむべきかなヱホバは堅固なる城のなかにてあやしまるゝばかりの仁慈いつくしみをわれにあらはしたまへり
  22. われ驚きあわてゝいへらく なんぢの目のまへよりたゝれたりと されどわれなんぢによびもとめしときなんぢわがねがひの聲をきゝたまへり
  23. なんぢらもろもろの聖徒せいとよヱホバをいつくしめ ヱホバは眞實まことあるものをまもり傲慢者たかぶるものにおもくむくいをほどこしたまふ
  24. すべてヱホバを俟望まちのぞむものよ雄々をゝしかれ なんぢら心をかたうせよ

▲本篇の分解
 (一〜八)周圍(まはり)にある敵より救を求む
 (九〜十八)更に深く自己(みづから)の心を探りて内心の汚穢(けがれ)を見出す
 (十九、廿)溢るゝ恩惠(めぐみ)
 (廿一〜廿四)感謝の歌
▲本篇に七つの要點あり、注意せよ。
一、信仰(一)──『ヱホバよわれ汝によりたのむ』
    (六終)──『われは獨ヱホバによりたのむなり』
    (十四始)──『ヱホバよわれ汝によりたのめり』
二、獻身(五)──『われ靈魂をなんぢの手にゆだぬ』
三、懺悔(九)──『われ迫りくるしめり ヱホバよ我をあはれみたまへ』
四、祈禱(十五、十六)──『ねがはくはわれを仇の手よりたすけ われに追迫るものより助けいだしたまへ なんぢの僕のうへに聖顏をかゞやかせ なんぢの仁慈をもて我をすくひたまへ』
五、禮拜(十九)──『汝をおそるゝ者のためにたくはへ なんぢに依賴むもののために人の子のまへにてほどこしたまへる汝のいつくしみは大なるかな』
六、感謝(廿一)──『讃べきかなヱホバは堅固なる城のなかにて奇しまるゝばかりの仁慈をわれに顯したまへり』
七、勸告(すすめ)(廿三、廿四)──『なんぢらもろもろの聖徒よヱホバをいつくしめ‥‥‥すべてヱホバを俟望むものよ雄々しかれ なんぢら心をかたうせよ』
▲神の聖徒とは如何なる者ぞや
一、神を畏るゝ者(十九)──『汝をおそるゝ者』
二、神に依賴む者(十九)──『なんぢに依賴むもの』(信仰)
三、神を愛しむ者(廿三)──『もろもろの聖徒よヱホバをいつくしめ』(愛)
四、神を俟望む者(廿四)──『すべてヱホバを俟望むものよ』(望)
 聖徒の中には常に信仰の三つのものあるべき也。是れ基督者(クリスチャン)の特質と謂ふべし。
▲主は『わがためにかたき磐』(二)
   『我をすくふ保障の家』(二)
   『わが磐』又『わが城』(三)
   『わが保砦』(四)──なり。故に此主に依賴むべし。
▲『御前なるひそかなる所にかくし』
 『行宮のうちにひそませ』(廿)
 『堅固なる城のなかにて』(廿一)──是等は皆「主に居る」經驗也。主に居る者は敵の誘惑より免れ又神の愛を感ずべし(『若子よ、主に居れ』──ヨハネ壹書二・廿八)。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |