第三十四篇  題目 救の歌



  1. ダビデ、アビメレクのまへにて狂へる狀をなし逐れていでさりしときに作れるうた
    われつねにヱホバを祝ひまつらん その頌詞(たゝへごと)はわが口にたえじ
  2. わがたましひはヱホバによりて誇らん 謙だるものは之をきゝてよろこばん
  3. われとともにヱホバを崇めよ われらともにその名(みな)をあげたゝへん
  4. われヱホバを尋ねたればヱホバわれにこたへ我をもろもろの畏懼(おそれ)よりたすけいだしたまへり
  5. かれらヱホバを仰ぎのぞみて光をかうぶれり かれらの面(かほ)ははぢあからむことなし
  6. この苦しむもの叫びたればヱホバこれをきゝ そのすべての患難(なやみ)よりすくひいだしたまへり
  7. ヱホバの使者(つかひ)はヱホバをおそるゝ者のまはりに營をつらねてこれを援く
  8. なんぢらヱホバの恩惠ふかきを嘗(あぢは)ひしれ ヱホバによりたのむ者はさいはひなり
  9. ヱホバの聖徒よヱホバを畏れよ ヱホバをおそるゝものには乏しきことなければなり
  10. わかき獅はともしくして饑(うゝ)ることあり されどヱホバをたづぬるものは嘉物(よきもの)にかくることあらじ
  11. 子よきたりて我にきけ われヱホバを畏るべきことを汝等にをしへん
  12. 福祉(さいはひ)をみんがために生命をしたひ存(ながら)へんことをこのむ者はたれぞや
  13. なんぢの舌をおさへて惡につかしめず なんぢの口唇をおさへて虛偽(いつはり)をいはざらしめよ
  14. 惡をはなれて善をおこなひ和睦(やはらぎ)をもとめて切(せち)にこのことを勉めよ
  15. ヱホバの目はたゞしきものをかへりみ その耳はかれらの號呼(さけび)にかたぶく
  16. ヱホバの聖顏はあくをなす者にむかひてその跡を地より斷滅(たちほろぼ)したまふ
  17. 義者(たゞしきもの)さけびたればヱホバ之をきゝてそのすべての患難よりたすけいだしたまへり
  18. ヱホバは心のいたみかなしめる者にちかく在してたましひの悔頽(くいくづほ)れたるものをすくひたまふ
  19. たゞしきものは患難おほし されどヱホバはみなその中よりたすけいだしたまふ
  20. ヱホバはかれがすべての骨をまもりたまふ その一つだに折らるゝことなし
  21. 惡はあしきものをころさん 義人(たゞしきひと)をにくむものは刑(つみ)なはるべし
  22. ヱホバはその僕等のたましひを贖ひたまふ ヱホバに依賴むものは一人だにつみなはるゝことなからん

▲本篇の分解
 (一〜七)感謝と證詞
 (八〜十四)聖言を敎ふる事
 (十五〜廿二)護らるゝ事
▲本篇は格別に救の歌なり。以下の言を見よ。
 四 節──『我をもろもろの畏懼よりたすけいだしたまへり』
 六 節──『すべての患難よりすくひいだしたまへり』
 七 節──『ヱホバの使者は‥‥‥これを援く
 十七節──『すべての患難よりたすけいだしたまへり』
 十八節──『たましひの悔頽れたるものをすくひたまふ』
 十九節──『みなその中よりたすけいだしたまふ』
 廿二節──『ヱホバは僕等のたましひを贖ひたまふ』
▲而して其救は全き救なり。以下の言の『すべて(all)』の字に注意せよ。
 四 節──『我をもろもろの畏懼よりたすけいだし』
 六 節──『すべての患難よりすくひいだし』
 十七節──『すべての患難よりたすけいだし』
 十九節──『みなその中(患難)よりたすけいだし』
 廿節──『かれがすべての骨をまもりたまふ』
即ち是によりて完全なる救を見るべし。
▲斯る救は祈禱(いのり)の答として與へらるゝ惠なり。
 四 節──『われヱホバを尋ねたればヱホバわれにこたへ‥‥‥』
 五 節──『かれらヱホバを仰ぎのぞみて光をかうぶれり』
 六 節──『この苦しむもの叫びたればヱホバこれをきゝ』
 十七節──『義者さけびたればヱホバ之をきゝて』
▲本篇中に救はれし者の名に就き八つの方面より記さる。其によりて我等基督者がいかなる心を抱くべきかを知る。
一、謙だるもの(二)
二、ヱホバをおそるゝ者(七)
三、ヱホバによりたのむ者(八)
四、ヱホバの聖徒(九)
五、ヱホバをたづぬるもの(十)
六、たゞしきもの(十五、十七)
七、心のいたみかなしめる者(十八)
八、ヱホバの僕(廿二)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |