第三十五篇



  1. ダビデのうた
    ヱホバよねがはくは我にあらそふ者とあらそひ我とたゝかふものと戰ひたまへ
  2. 干(たて)と大盾とをとりてわが援(たすけ)にたちいでたまへ
  3. 戟(ほこ)をぬきいだしたまひて我におひせまるものの途(みち)をふさぎ且わが靈魂(たましひ)にわれはなんぢの救なりといひたまへ
  4. 願くはわが靈魂をたづぬるものの恥をえていやしめられ 我をそこなはんと謀るものの退けられて惶(あわ)てふためかんことを
  5. ねがはくはかれらが風のまへなる粃糠(もみがら)のごとくなりヱホバの使者(つかひ)におひやられんことを
  6. 願くはかれらの途をくらくし滑(すべ)らかにしヱホバの使者にかれらを追ゆかしめたまはんことを
  7. かれらは故なく我をとらへんとて網をあなにふせ 故なくわが靈魂をそこなはんとて穽(あな)をうがちたればなり
  8. 願くはかれらが思ひよらぬ間にほろびきたり己がふせたる網にとらへられ自らその滅(ほろび)におちいらんことを
  9. 然(さる)ときわが靈魂はヱホバによりてよろこび その救をもて樂しまん
  10. わがすべての骨はいはん ヱホバよ汝はくるしむものを之にまさりて力つよきものより並(また)くるしむもの貧しきものを掠めうばふ者よりたすけいだし給ふ 誰かなんぢに比(たぐ)ふべき者あらんと
  11. こゝろあしき證人(あかしびと)おこりてわが知ざることを詰(なじ)りとふ
  12. かれらは惡をもてわが善にむくひ我がたましひを依仗(よるべ)なきものとなせり
  13. 然どわれかれらが病しときには麁服(あらたへ)をつけ糧をたちてわが靈魂をくるしめたり わが祈はふところにかへれり
  14. わがかれに作(なせ)ることはわが友わが兄弟(はらから)にことならず母の喪にありて痛哭(なげく)がごとく哀しみうなたれたり
  15. 然どかれらはわが倒れんとせしとき喜びつどひ わが知ざりしとき匪類(をこのもの)あつまりきたりて我をせめ われを裂てやめざりき
  16. かれらは酒宴にて穢(きたな)きことをのぶる嘲笑者(あざけりびと)のごとく我にむかひて齒をかみならせり
  17. 主よいたづらに見るのみにして幾何時(いくそのとき)をへたまふや 願くはわがたましひの彼等にほろぼさるゝを脫(のが)れしめ わが生命をわかき獅よりまぬかれしめたまへ
  18. われ大なる會(つどひ)にありてなんぢに感謝し おほくの民のなかにて汝をほめたゝへん
  19. 虛僞(いつはり)をもてわれに仇するもののわが故によろこぶことを容(ゆる)したまふなかれ 故なくして我をにくむ者のたがひに眴(めくば)せすることなからしめたまへ
  20. かれらは平安(やすき)をかたらず あざむきの言をつくりまうけて國内(くにのうち)におだやかぬすまふ者をそこなはんと謀る
  21. 然のみならず我にむかひて口をあけひろげ あゝ視よや視よやわれらの眼これをみたりといへり
  22. ヱホバよ汝すでにこれを觀たまへり ねがはくは默したまふなかれ 主よわれに遠ざかりたまふなかれ
  23. わが神よわが主よ おきたまへ醒たまへ ねがはくはわがために審判(さばき)をなし わが訟(うたへ)ををさめたまへ
  24. わが神ヱホバよ なんぢの義にしたがひて我をさばきたまへ わが事によりてかれらに歡喜(よろこび)をえしめたまふなかれ
  25. かれらにその心裡(こゝろのうち)にて あゝこゝちよきかな視よこれわが願ひしところなりといはしめたまふなかれ 又われらかれを呑つくせりといはしめたまふなかれ
  26. 願くはわが害なはるゝを喜ぶもの皆はぢて惶てふためき 我にむかひてほこりかに高ぶるものの愧とはづかしめとを衣(き)んことを
  27. わが義をよみする者をばよろこび謳はしめ大なるかなヱホバその僕のさいはひを悅びたまふと恒にいはしめたまへ
  28. わが舌は終日(ひねもす)なんぢの義となんぢの譽(ほまれ)とをかたらん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |