第三十七篇  題目 救と滅亡



  1. ダビデのうた
    惡をなすものの故をもて心をなやめ 不義をおこなふ者にむかひて嫉(ねたみ)をおこすなかれ
  2. かれらはやがて草のごとくかりとられ靑菜(あをきな)のごとく打萎(うちしを)るべければなり
  3. ヱホバによりたのみて善をおこなへ この國にとゞまり眞實(まこと)をもて糧とせよ
  4. ヱホバによりて歡喜(よろこび)をなせ ヱホバはなんぢが心のねがひを汝にあたへたまはん
  5. なんぢの途をヱホバにゆだねよ 彼によりたのまば之をなしとげ
  6. 光のごとくなんぢの義をあきらかにし午日(まひる)のごとくなんぢの訟(うたへ)をあきらかにしたまはん
  7. なんぢヱホバのまへに口をつぐみ忍びてこれを俟望め おのが途をあゆみて榮(さかゆ)るものの故をもて あしき謀略(はかりごと)をとぐる人の故をもて心をなやむるなかれ
  8. 怒をやめ忿恚(いきどほり)をすてよ 心をなやむるなかれ これ惡をおこなふ方にうつらん
  9. そは惡をおこなふものは斷滅(たちほろぼ)され ヱホバを俟望むものは國をつぐべければなり
  10. あしきものは久しからずしてうせん なんぢ細密(こまか)にその處をおもひみるともあることなからん
  11. されど謙だるものは國をつぎ また平安(やすき)のゆたかなるを樂まん
  12. 惡きものは義(たゞし)きものにさからはんとて謀略をめぐらし之にむかひて切齒(はがみ)す
  13. 主はあしきものを笑いたまはん かれが日のきたるを見たまへばなり
  14. あしきものは劍をぬき弓をはりて苦しむものと貧しきものとをたふし行ひなほきものを殺さんとせり
  15. されどその劍はおのが胸をさしその弓はをらるべし
  16. 義人(たゞしきひと)のもてるもののすくなきは多くの惡きものの豐かなるにまされり
  17. そは惡きものの臂(かひな)はをらるれどヱホバは義きものを扶持(たすけさゝへ)たまへばなり
  18. ヱホバは完全(まつたき)もののもろもろの日をしりたまふ かれらの嗣業(ゆづり)はかぎりなく久しからん
  19. かれらは禍害(わざはひ)にあふとき愧をおはず饑饉(うゑどし)の日にもあくことを得ん
  20. あしき者はほろびヱホバのあたは牧場(まき)のさかえの枯(かる)るがごとくうせ烟(けぶり)のごとく消ゆかん
  21. あしき者はものかりて償(つくの)はず 義きものは惠ありて施しあたふ
  22. 神のことほぎたまふ人は國をつぎ 神ののろひたまふ人は斷滅さるべし
  23. 人のあゆみはヱホバによりて定めらる そのゆく途をヱホバよろこびたまへり
  24. 縦(たと)ひその人たふるゝことありとも全くうちふせらるゝことなし ヱホバかれが手をたすけ支えたまへばなり
  25. われむかし年わかくして今おいたれど 義者(たゞしきもの)のすてられ 或(ある)はその裔の糧こひありくを見しことなし
  26. たゞしきものは終日(ひねもす)めぐみありて貸あたふ その裔はさいはひなり
  27. 惡をはなれて善をなせ 然(さら)ばなんぢの住居(すまひ)とこしへならん
  28. ヱホバは公平をこのみ その聖徒をすてたまはざればなり かれらは永遠(とこしへ)にまもりたすけらるれど惡きもののすゑは斷滅さるべし
  29. たゞしきものは國をつぎ その中にすまひてとこしへに及ばん
  30. たゞしきものの口は智慧をかたり その舌は公平をのぶ
  31. かれが神の法(のり)はそのこゝろにあり そのあゆみは一步(ひとあゆみ)だにすべることあらじ
  32. あしきものは義者をひそみうかゞひて之をころさんとはかる
  33. ヱホバは義者をあしきものの手にのこしおきたまはず 審判(さばき)のときに罰(つみな)ひたまふことなし
  34. ヱホバを俟望みてその途をまもれ さらば汝をあげて國をつがせたまはん なんぢ惡者(あしきもの)のたちほろぼさるゝ時にこれをみん
  35. 我あしきものの猛くしてはびこれるを見るに生立(おひたち)たる地にさかえしげれる樹のごとし
  36. 然れどもかれは逝(すぎ)ゆけり 視よたちまちに無(なく)なりぬ われ之をたづねしかど遇(あふ)ことをえざりき
  37. 完(またき)人に目をそゝぎ直(なほき)人をみよ 和平(おだやか)なる人には後あれど
  38. 罪ををかすものらは共にほろぼされ惡きものの後はかならず斷(たゝ)るべければなり
  39. たゞしきものの救はヱホバよりいづ ヱホバはかれらが辛苦(くるしみ)のときの保砦(とりで)なり
  40. ヱホバはかれらを助け かれらを解脫(ときはな)ちたまふ ヱホバはかれらを惡者よりときはなちて救ひたまふ かれらはヱホバをその避所とすればなり

▲本篇の中にコーラスの言あり、九節の言は其なり。
 『惡をおこなふものは斷滅され ヱホバを俟望むものは國をつぐべければなり』
 此言は尚廿二節、及び廿八節終と廿九節始にもあり、また三十八、三十九節も略(ほぼ)同じ句なり。而して此コーラスこそ本詩篇の大意なれ。
國を嗣ぐ事に就ては本篇以下の諸節に度々記さる。
 九  十一  十八  廿二  廿九  三十四
 此は未來に於る千年時代に於て成就する事なれ共、今も靈的に成就する事なり。
▲本篇を二分すれば
 (一〜八)信仰によりて生涯を暮す事(心中の生涯、神の前の生涯)
 (九〜四十)生涯の上に義を表す事(外部の生涯、人の前の生涯)
▲一〜八節迄の第一段に七つの大なる誡(いましめ)あり。
一、心をなやます勿れ(一始)──『惡をなすものの故をもて心をなやますなかれ』(八節中程にも此言あり)
二、嫉を起す勿れ(一終)──『不義をおこなふ者にむかひて嫉をおこすなかれ』
三、善を行へ(三)──『ヱホバによりたのみて善をおこなへ』
四、ヱホバを喜べ(四)──『ヱホバによりて歡喜をなせ』
五、ヱホバに委ねよ(五)──『なんぢの途をヱホバにゆだねよ』
六、神を俟望め(七)──『なんぢヱホバのまへに口をつぐみ忍びてこれを俟望め』
七、忿恚を捨てよ(八)──『怒をやめ忿恚をすてよ』
▲本篇に滅亡(ほろび)を樣々の言を以て度々記さる。神は救の神なれど、其と共に又滅す神なり。我等は深く此事を考へざる可らず。本篇の題目は救と滅亡なり。
 二 節──『草のごとくかりとられ』『靑菜のごとく打萎る
 九 節──『惡をおこなふものは斷滅され
 十 節──『あしきものは久しからずしてうせん
 十七節──『惡きものの臂はをらる
 廿節──『あしき者はほろび』『牧場のさかえの枯るがごとくうせ』『烟のごとく消ゆかん
 廿二節──『神ののろひたまふ人は斷滅さるべし』
 廿八節──『惡きもののすゑは斷滅さるべし』
 卅四節──『惡者のたちほろぼさるゝ時』
 卅六節──『かれらは逝ゆけり』『たちまちに無なりぬ
 卅八節──『罪ををかすものらは共にほろぼされ』『惡きものの後はかならず斷るべければなり』
 神に滅さるゝ事は恐るべき事なり。我等は此事を以て自ら警戒し、又罪人を警戒せざる可らず。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |