第三十九篇



伶長うたのかみエドトンにうたはしめたるダビデのうた

  1. われさきにいへり われ舌をもて罪ををかさゞらんためにわがすべてのみちをつゝしみ惡者あしきもののわがまへにるあひだはわが口にくつわをかけんと
  2. われもだしておふしとなり善言よきことすらことばにいださず わがうれへなほおこれり
  3. わが心わがうちにねっし おもひつゞくるほどに火もえぬればわれ舌をもていへらく
  4. ヱホバよねがはくはわがをはりとわが日のかずのいくばくなるとをしらしめたまへ わが無常はかなきをしらしめたまへ
  5. よなんぢわがすべての日を一掌つかのまにすぎさらしめたまふ わがいのち主前みまへにてはなきにことならず にすべての人は皆その盛時さかりのときだにもむなしからざるはなし セラ
  6. 人の世にあるは影にことならず その思ひなやむことはむなしからざるなし その積蓄つみたくはふるものはたが手にをさまるをしらず
  7. しゅよ われ今なにをかまたん わがのぞみはなんぢにあり
  8. ねがはくはわれをすべてのとがより助けいだしたまへ おろかなるものにそしらるゝことなからしめたまへ
  9. われはもだして口をひらかず はなんぢの成したまふ者なればなり
  10. ねがはくはなんぢのせめをわれよりはなちたまへ われなんぢのみてにうちこらさるゝによりてほろぶるばかりになりぬ
  11. なんぢ罪をせめて人をこらし その慕ひよろこぶところのものをしみのくらふがごとくきえうせしめたまふ にもろもろの人はむなしからざるなし セラ
  12. あゝヱホバよねがはくはわがいのりをきゝ わが號呼さけびに耳をかたぶけたまへ わが淚をみてもだしたまふなかれ われはなんぢに寄る旅客たびゞとすべてわが列祖おやたちのごとく宿れるものなり
  13. われこゝをさりてうせざる先になんぢみかほをそむけてわれを爽快さはやかならしめたまへ

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |