第四十一篇  題目 同情ある者の受くる惠



  1. うたのかみに謳はしめたるダビデのうた
    よわき人をかへりみる者はさいはひなり ヱホバ斯るものを禍ひの日にたすけたまはん
  2. ヱホバ之をまもり之をながらへしめたまはん かれはこの地にありて福祉(さいはひ)をえん なんぢ彼をその仇ののぞみにまかせて付したまふなかれ
  3. ヱホバは彼がわづらひの床にあるをたすけ給はん なんぢかれが病めるときその衾(ふすま)をしきかへたまはん
  4. 我いへらくヱホバよわれを憐みわがたましひを醫したまへ われ汝にむかひて罪ををかしたりと
  5. わが仇われをそしりていへり 彼いづれのときに死(しに)いづれのときにその名ほろびんと
  6. かれ又われを見んとてきたるときは虛偽(いつはり)をかたり邪曲(よこしま)をその心にあつめ 外(ほか)にいでてはこれを述ぶ
  7. すべてわれをにくむもの互ひにさゝやき我をそこなはんとて相謀る
  8. かつ云ふ かれに一(ひとつ)のわざはひつきまとひたれば仆れふしてふたゝび起ることなからんと
  9. わが恃みしところ わが糧をくらひしところのわが親しき友さへも我にそむきてその踵をあげたり
  10. 然はあれどヱホバよ汝ねがはくは我をあはれみ我をたすけて起したまへ されば我かれらに報(むくゆ)ることをえん
  11. わが仇われに打勝てよろこぶこと能はざるをもて汝がわれを愛(めで)いつくしみたまふを我しりぬ
  12. わが事をいはゞ なんぢ我をわが完全(またき)うちにてたもち我をとこしへに面(みかほ)のまへに置たまふ
     
  13. イスラエルの神ヱホバはとこしへより永遠(とこしへ)までほむべきかな アーメン アーメン

▲本篇の分解
 (一〜三)神の惠を仰ぎ
 (四〜九)周圍(まわり)にある敵を見
 (十〜十三)神を信ず
▲第一段の中に同情ある者の受くる六つの恩惠記さる。
一、禍より救はる(一)──『よわき人をかへりみる者はさいはひなり ヱホバ斯るものを禍ひの日にたすけたまはん』
二、神に護らる(二始)──『ヱホバ之をまもり之をながらへしめたまはん』
三、此世に於ても福祉を受く(二中程)──『かれはこの地にありて福祉をえん』
四、敵より救はる(二終)──『なんぢ彼をその仇ののぞみにまかせて付したまふなかれ』
五、弱りたる時强めらる(三始)──『ヱホバは彼が弱り衰へて床にある時强めたまはん』(英譯による)
六、試みらるゝ時慰めらる(三終)──『なんぢかれが病るときその衾をしきかへたまはん』
▲第二段に於て敵の事を樣々に言はる。
 『わが仇』(五)
 我が訪問客(六)──『かれ又われを見んとてきたる』
 『われをにくむもの』(七)
 『わが親しき友』なりし者(九)
▲九節迄に敵の事を記せしが十節の始に
 『然はあれどヱホバよ‥‥‥』
と神を仰ぎて祈れり。是ぞ信仰の態度なれ。即ち聖徒の慰藉(なぐさめ)は
一、神を仰ぐ事(十)──『然はあれどエホバよ汝ねがはくは我をあはれみ我をたすけて起したまへ』
二、敵に打勝つ事(十一)──『わが仇われに打勝てよろこぶこと能はざるをもて‥‥‥』
三、神の力に保たるゝ事(十二始)──『なんぢ我をわが完全うちにてたもち』
四、堅き望(十二終)──『我をとこしへに面のまへに置たまふ』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |