第四十三篇  題目 うなたれたる魂の叫 (五)



  1. 神よねがはくは我をさばき 情しらぬ民にむかひてわが訟(うたへ)をあげつらひ詭詐(たばかり)おほきよこしまなる人より我をたすけいだし給へ
  2. なんぢはわが力の神なり なんぞ我をすてたまひしや 何ぞわれは仇の暴虐(しへたげ)によりてかなしみありくや
  3. 願くはなんぢの光となんぢの眞理(まこと)とをはなち我をみちびきてその聖山(きよきやま)とその帷幄(あげばり)とにゆかしめたまへ
  4. さらばわれ神の祭壇にゆき又わがよろこびよろこぶ神にゆかん あゝ神よわが神よわれ琴をもてなんぢを讃たゝへん
  5. あゝわが靈魂(たましひ)よなんぢなんぞうなたるゝや なんぞわが衷におもひみだるゝや なんぢ神によりて望をいだけ 我はなほわが面(かほ)のたすけなるわが神をほめたゝふべければなり

▲三節に『願くはなんぢのとなんぢの眞理とをはなち』とあり、即ち聖靈の光と最初の眞理とを願ふ也。此二つによりて漸次神に近づく也。
▲神に近づく四つの階段あり。
一、『その聖山と』(三)──神に近づく事
二、『その帷幄とにゆかしめたまへ』(三)即ち幕屋に入る事──祈禱と禮拜
三、『さらばわれ神の祭壇にゆき』(四)──御血の聖潔(きよめ)又は全き獻身
四、『又わがよろこびよろこぶ神にゆかん』(四)神御自身に面會する事──神との交通。此處に聖き喜悅(よろこび)あり。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |