第四十九篇



  1. 伶長にうたはしめたるコラの子のうた
    もろもろの民よきけ
  2. 賤しきも貴きも富るも貧きもすべて地にすめる者よ なんぢらともに耳をそばだてよ
  3. わが口はかしこきことをかたり わが心はさときことを思はん
  4. われ耳を喩言(たとへ)にかたぶけ琴をならしてわが幽玄(かすか)なる語(ことば)をときあらはさん
  5. わが踵(くびす)にちかゝる不義のわれを打圍むわざはひの日もいかで懼るゝことあらんや
  6. おのが富をたのみ財(たから)おほきを誇るもの
  7. たれ一人おのが兄弟(はらから)をあがなふことあたはず 之がために贖価(あがなひしろ)を神にさゝげ
  8. 之をとこしへに生存(いきながら)へしめて朽ざらしむることあたはず
  9. (靈魂(たましひ)をあがなふには費(つひえ)いとおほくして此事をとこしへに捨置ざるを得ざればなり)
  10. そは智(かしこ)きものも死(しに)おろかものも獣心者(しれもの)もひとしくほろびてその富を他人(あだしびと)にのこすことは常にみるところなり
  11. かれら竊(ひそか)におもふ わが家はとこしへに存(のこ)りわがすまひは世々にいたらんと かれらはその地におのが名をおはせたり
  12. されど人は譽のなかに永くとゞまらず亡びうする獣のごとし
  13. 斯のごときは愚かなるものの途なり 然はあれど後人(のちのひと)はその言をよしとせん セラ
  14. かれらは羊のむれのごとくに陰府のものと定めらる 死これが牧者とならん 直きもの朝(あした)にかれらををさめん その美容(うるはしき)は陰府にほろぼされて宿るところなかるべし
  15. されど神われを接(うけ)たまふべければわが靈魂をあがなひて陰府のちからより脫(まぬ)かれしめたまはん セラ
  16. 人のとみてその家のさかえくはゝらんとき汝おそるるなかれ
  17. かれの死るときは何一つたづさへゆくことあたはず その榮はこれにしたがひて下ることをせざればなり
  18. かゝる人はいきながらふるほどに己がたましひを祝するとも みづからを厚うするがゆゑに人々なんぢをほむるとも
  19. なんぢ列祖(おやたち)の世にゆかん かれらはたえて光を見ざるべし
  20. 尊貴(たふとき)なかにありて暁らざる人はほろびうする獣のごとし

▲人を救ふ能はざるものは
一、富(六、七)──『おのが富をたのみ財おほきを誇るもの たれ一人おのが兄弟をあがなふことあたはず』
二、智慧(十)──『智きものも死』
三、譽(十二)──『人は譽のなかに永くとゞまらず』
 凡ての世人は此三つのものによりて幸福(さいはひ)を得んと欲するも、是等のものによりては決して眞の幸福を得る能はず、神のみ全き救を與へて眞の幸福を與へ給ふ。即ち
 『されど神われを接たまふべければわが靈魂をあがなひて陰府のちからより脫かれしめたまはん』──十五節



| 目次 | 緖言 | 總目次 |