第五十二篇



  1. エドム人ドグ、サウルにきたりてダビデはアビメレクの家にきぬと告しときダビデがよみて伶長(うたのかみ)にうたはしめたる敎訓(をしへ)のうた
    猛者(たけきもの)よなんぢ何(いか)なればあしき企圖(くはだて)をもて自らほこるや 神のあはれみは恒にたえざるなり
  2. なんぢの舌はあしきことをはかり利き剃刀(かみそり)のごとくいつはりをおこなふ
  3. なんぢは善よりも惡をこのみ正義(たゞしき)をいふよりも虛僞(いつはり)をいふをこのむ セラ
  4. たばかりの舌よなんぢはすべての物をくひほろぼす言をこのむ
  5. されば神とこしへまでも汝をくだき また汝をとらへてその幕屋よりぬきいだし 生(いけ)るものの地よりなんぢの根をたやしたまはん セラ
  6. 義者(たゞしきもの)はこれを見ておそれ彼をわらひていはん
  7. 神をおのが力となさず その富のゆたかなるをたのみ その惡をもて己をかたくせんとする人をみよと
  8. 然はあれどわれは神の家にあるあをき橄欖の樹のごとし 我はいやとほながに神のあはれみに依賴まん
  9. なんぢこの事をおこなひ給ひしによりて我とこしへになんぢに感謝し なんぢの聖徒のまへにて聖名をまちのぞまん こは宜しきことなればなり

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |