第五十三篇



  1. マハラツ(樂器の名、あるひはいふ調べの名)にあはせて伶長にうたはしめたるダビデの敎訓のうた
    愚かなるものは心のうちに神なしといへり かれらは腐れたり かれらは憎むべき不義をおこなへり 善をおこなふ者なし
  2. 神は天より人の子をのぞみて悟るものと神をたづぬる者とありやなしやを見たまひしに
  3. みな退ぞきてことごとく汚れたり 善をなすものなし 一人だになし
  4. 不義をおこなふものは知覺(さとり)なきか かれらは物くふごとくわが民をくらひ また神をよばふことをせざるなり
  5. かれらは懼るべきことのなきときに大(おほい)におそれたり 神はなんぢにむかひて營をつらぬるものの骨をちらしたまへばなり 神かれらを棄たまひしによりて汝かれらを辱かしめたり
  6. 願くはシオンよりイスラエルの救のいでんことを 神その民のとらはれたるを返したまふときヤコブはよろこびイスラエルは樂まん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |