第五十四篇



  1. ジフ人のサウルにきたりてダビデはわれらの處にかくれをるにあらずやといひたりしときダビデうたのかみに琴にてうたはしめたる敎訓のうた
    神よねがはくは汝の名(みな)によりて我をすくひ なんぢの力をもて我をさばきたまへ
  2. 神よわが祈をきゝたまへ わが口のことばに耳をかたぶけたまへ
  3. そは外人(あだしびと)はわれにさからひて起りたち强暴(あらぶる)人はわがたましひを索(もと)むるなり かれらは神をおのが前におかざりき セラ
  4. みよ神はわれをたすくるものなり 主はわがたましひを保つものとともに在せり
  5. 主はわが仇にそのあしきことの報をなしたまはん 願くはなんぢの眞實(まこと)によりて彼等をほろぼしたまへ
  6. 我よろこびて祭物(そなへもの)をなんぢに獻(さゝげ)ん ヱホバよ我なんぢの名にむかひて感謝せん こは宜しきことなればなり
  7. そはヱホバはすべての患難(なやみ)より我をすくひたまへり わが目はわが仇につきての願望(ねがひ)をみたり

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |