第五十七篇



  1. ダビデが洞(ほら)にいりてサウルの手をのがれしとき詠て「ほろぼすなかれ」といふ調にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるミクタムのうた
    我をあはれみたまへ 神よわれをあはれみたまへ わが靈魂(たましひ)はなんぢを避所とす われ禍害(わざはひ)のすぎさるまではなんぢの翼のかげを避所とせん
  2. 我はいとたかき神によばはん わがために百事(すべてのこと)をなしをへたまふ神によばはん
  3. 神はたすけを天よりおくりて我をのまんとする者のそしるときに我を救ひたまはん セラ 神はその憐憫(あはれみ)その眞實(まこと)をおくりたまはん
  4. わがたましひは群ゐる獅のなかにあり 日のごとくもゆる者 その齒は戈のごとく矢のごとくその舌はとき劍のごとき人の子のなかに我ふしぬ
  5. 神よねがはくはみづからを天よりも高くしみさかえを全地のうへに擧たまへ
  6. かれらはわが足をとらへんとて網をまうく わが靈魂はうなたる かれらはわがまへに阬(あな)をほりたり 而してみづからその中におちいれり セラ
  7. わが心さだまれり 神よわがこゝろ定まれり われ謳ひまつらん頌(たゝへ)まつらん
  8. わが榮よさめよ 箏よ琴よさめよ われ黎明(しのゝめ)をよびさまさん
  9. 主よわれもろもろの民のなかにてなんぢに感謝し もろもろの國のなかにて汝をほめうたはん
  10. そは汝のあはれみは大にして天(あめ)にまでいたり なんぢの眞實は雲にまでいたる
  11. 神よねがはくは自からを天よりも高くし光榮(みさかえ)をあまねく地のうへに擧たまへ

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |