第五十九篇



  1. サウル、ダビデを殺さんとし人をおくりてその家をうかゞはしめし時ダビデがよみて「ほろぼすなかれ」といふ調にあはせて伶長にうたはしめたるミクタムの歌
    わが神よねがはくは我をわが仇よりたすけいだし われを高處(たかきところ)におきて我にさからひ起立(おこりた)つものより脫(まぬ)かれしめたまへ
  2. 邪曲(よこしま)をおこなふものより我をたすけいだし血をながす人より我をすくひたまへ
  3. 視よかれらは潜みかくれてわが靈魂(たましひ)をうかゞひ猛者(たけきもの)むれつどひて我をせむ ヱホバよ此(こ)はわれに愆あるにあらず われに罪あるにあらず
  4. かれら趨(はし)りまはりて過失(あやまち)なきに我をそこなはんとて備(そなへ)をなす ねがはくは我をたすくるために目をさまして見たまへ
  5. なんぢヱホバ萬軍の神イスラエルの神よ ねがはくは目をさましてもろもろの國にのぞみたまへ あしき罪人にあはれみを加へたまふなかれ セラ
  6. かれらは夕(ゆふべ)にかへりきたり犬のごとくほえて邑をへありく
  7. 視よかれらは口より惡をはく そのくちびるに劍あり かれらおもへらく誰ありてこの言をきかんやと
  8. されどヱホバよ汝はかれらをわらひ もろもろの國をあざわらひたまはん
  9. わが力よ われ汝をまちのぞまん 神はわがたかき櫓なり
  10. 憐憫(あはれみ)をたまふ神はわれを迎へたまはん 神はわが仇につきての願望(ねがひ)をわれに見させたまはん
  11. 願くはかれらを殺したまふなかれ わが民つひに忘れやはせん 主われらの盾よ 大能(みちから)をもてかれらを散し また卑(おと)したまへ
  12. かれらがくちびるの言はその口のつみなり かれらは詛(のろひ)と虛僞(いつはり)とをいひいづるによりてその傲慢(たかぶり)のためにとらへられしめたまへ
  13. 忿恚(いきどほり)をもてかれらをほろぼしたまへ 再びながらふることなきまでに彼等をほろぼしたまへ ヤコブのなかに神いまして統治(すべをさ)めたまふことをかれらに知しめて地の極(はて)にまでおよぼしたまへ セラ
  14. かれらは夕にかへりきたり犬のごとくほえて邑をへありくべし
  15. かれらはゆきゝして食物(くひもの)をあさり もし飽(あく)ことなくば終夜(よもすがら)とゞまれり
  16. されど我はなんぢの大能(ちから)をうたひ淸晨(あした)にこゑをあげてなんぢの憐憫をうたひまつらん なんぢわが迫りくるしみたる日にたかき櫓となり わが避所となりたまひたればなり
  17. わがちからよ我なんぢにむかひて頌辭(たゝへごと)をうたひまつらん 神はわがたかき櫓 われにあはれみをたまふ神なればなり

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |