第六十四篇



  1. 伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデのうた
    神よわがなげくときわが聲をきゝたまへ わが生命をまもりて仇のおそれより脫かれしめたまへ
  2. ねがはくは汝われをかくして惡をなすものの陰(ひそ)かなる謀略(はかりごと)よりまぬかれしめ不義をおこなふものの喧嘩(かまびすしき)よりまぬかれしめ給へ
  3. かれらは劍のごとくおのが舌をとぎ その弓をはり矢をつがへるごとく苦言(にがきことば)をはなち
  4. 隱れたるところにて全者(またきもの)を射んとす 俄かにこれを射ておそるゝことなし
  5. また彼此(たがひ)にあしき企圖(くはだて)をはげまし共にはかりてひそかに羂(わな)をまうく 斯ていふ誰かわれらを見んと
  6. かれらはさまざまの不義をたずねいだして云(いふ)われらは懇ろにたづね終れりと おのおのの衷のおもひと心とはふかし
  7. 然はあれど神は矢にてかれらを射たまふべし かれらは俄かに傷をうけん
  8. 斯てかれらの舌は其身にさからふがゆゑに遂にかれらは躓かん これを見るものみな逃れさるべし
  9. もろもろの人はおそれん 而して神のみわざをのべつたへ その作(なし)たまへることを考ふべし
  10. 義者(たゞしきもの)はヱホバをよろこびて之によりたのまん すべて心のなほきものは皆ほこることを得ん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |