第六十九篇



百合花ゆりのはなにあはせて伶長うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

  1. 神よねがはくはわれをすくひたまへ 大水おほみづながれきたりてがたましひにまでおよべり
  2. われ立止たちどなきふかきひぢなかにしづめり われ深水ふかきみづにおちいる おほみずわが上をあふれすぐ
  3. われ歎息なげきによりてつかれたり わがのどはかはき わが目はわが神をまちわびておとろへぬ
  4. ゆゑなくしてわれをにくむ者わがかしらのよりもおほくいはれなくしてわがあたとなりわれをほろぼさんとするものの勢力いきほひつよし われかすめざりしものをもつくのはせらる
  5. 神よなんぢはわがおろかなるをしりたまふ わがもろもろの罪はなんぢにかくれざるなり
  6. 萬軍ばんぐんのヱホバしゅよ ねがはくはなんぢをまちのぞむ者をわがゆゑによりてはづかしめらるゝことなからしめたまへ イスラエルの神よねがはくはなんぢを求むる者をわがゆゑによりて恥をおはしめらるゝことなからしめたまへ
  7. われはなんぢのためにそしりをおひ恥はわがかほをおほひたればなり
  8. われわが兄弟はらからには旅人のごとく わが母の子には外人あだしびとのごとくなれり
  9. そはなんぢの家をおもふ熱心われをくらひなんぢをそしるもののそしりわれにおよべり
  10. われ淚をながしてしょくをたち わが靈魂たましひをなげかすればかへりてこれによりてそしりをうく
  11. われ麁布あらたへをころもとなしゝにかれらが諺語ことわざとなりぬ
  12. かどにすわる者はわがうへをかたる われは醉狂ゑひしれたるものにうたひはやされたり
  13. しかはあれどヱホバよ われはめぐみのときになんぢにいのる ねがはくは神よなんぢの憐憫あはれみのおほきによりてなんぢのすくひの眞實まことをもてわれにこたへたまへ
  14. ねがはくはひぢのなかよりわれをたすけいだして沈まざらしめたまへ われをにくむものより深水ふかきみづよりたすけいだしたまへ
  15. 大水おほみづわれをおほふことなくふちわれをのむことなくあなその口をわがうへにとづることなからしめたまへ
  16. ヱホバよねがはくはわれにこたへたまへ なんぢの仁慈いつくしみうるはしければなり なんぢの憐憫あはれみはおほし われに歸りきたりたまへ
  17. みかほをなんぢのしもべにかくしたまふなかれ われ迫りくるしめり ねがはくはすみやかにわれにこたへたまへ
  18. わがたましひに近くよりてこれをあがなひわがあたのゆゑにわれをすくひたまへ
  19. なんぢはわがうくるそしりとはぢと侮辱あなどりとをしりたまへり わが敵はみななんぢのみまへにあり
  20. 譭謗そしりわが心をくだきぬればわれいたくわづらへり われ憐憫あはれみをあたふる者をまちたれど一人だになく 慰むるものをまちたれど一人をもみざりき
  21. かれらは苦草にがきくさをわがくひものにあたへ わがかわけるときにをのませたり
  22. ねがはくは彼等のまへなるえんは網となり そのたのむ安逸やすきはつひにわなとなれ
  23. その目をくらくしてみえしめず その腰をつねにふるはしめたまへ
  24. ねがはくはなんぢの忿恚いきどほりをかれらのうへにそゝぎなんぢのいかりの猛烈はげしきをかれらに追及おひしかせたまへ
  25. かれらのいへをむなしくせよ その幕屋まくやに人をすまはするなかれ
  26. かれらはなんぢがうちたまひたる者をせめ なんぢがきずつけたまひたるもののいたみをかたりふるればなり
  27. ねがはくはかれらの不義ふぎ不義ふぎをくはへてなんぢのにあづからせ給ふなかれ
  28. かれらを生命いのちふみよりけしてたゞしきものとともに記さるゝことなからしめたまへ
  29. かくてわれはくるしみかつうれひあり 神よねがはくはなんぢのすくひわれを高處たかきところにおかんことを
  30. われ歌をもて神のみなをほめたゝへ感謝をもて神をあがめまつらん
  31. はをうしまたは つのひづめとある力つよき牡牛をうしにまさりてヱホバよろこびたまはん
  32. 謙遜者へりくだるものはこれを見てよろこべり 神をしたふ者よなんぢらの心はいくべし
  33. ヱホバはともしきものの聲をきゝ その俘囚とらはれびとをかろしめたまはざればなり
  34. 天地あめつちはヱホバをほめ蒼海おほうみとそのなかにうごくあらゆるものとはヱホバをほめまつるべし
  35. 神はシオンをすくひユダのもろもろのまちたてたまふべければなり かれらは其處そこにすみかつこれをおのがものとせん
  36. そのしもべのすゑもまたこれをつぎそのみなをいつくしむ者そのなかにすまん

 本篇は厳粛なる聖言なり。新約中に七度本篇中より引照せらる。格別に主のゲツセマネの苦(くるしみ)と十字架の贖を指す言本篇より引照せらる。然れども我等は今己が罪を感じて本篇を讀むべし。又周圍の人々の罪を感じて讀む事をも得。かのダニエルはイスラエルの同胞の爲に祈りし時、イスラエル人の罪を己の罪として懺悔し、禱告(とりなし)の祈禱を捧げたり。故に六十七篇或は六十八篇の如くリバイバルを祈る者は本篇の如く人々の罪の恐ろしき事を感じて祈らざる可らず。かくて我等は幾分たりともゲツセマネに於る主イエスの心を己が心として祈る事を得べし。
▲格別に廿二〜廿八節を見よ。(日本譯の廿二節の初にある『ねがはくは』は原語にては祈願を表す言にあらず、唯だ動詞の或格にて英語の let(あれ)と同じ意を表すものなり)。此一段に於て罪の八つの結果を見る。
一、罪は其人を捕へて滅亡(ほろび)に陥(おと)す(廿二)──『彼等のまへなる筵は網となり そのたのむ安逸はつひに羂となれ』
二、罪は心を暗くす(廿三始)──『その目をくらくして見しめず』
三、罪は恐怖(おそれ)を起す(廿三終)──『その腰をつねにふるはしめたまへ』
四、罪は神の怒を招く(廿四)──『願くはなんぢの忿恚をかれらのうへにそゝぎ汝のいかりの猛烈をかれらに追及せたまへ』
五、罪は荒廃を來す(廿五)──『かれらの屋をむなしくせよ その幕屋に人をすまはするなかれ』
六、罪は愈々增長す(廿七始)──『かれらの不義に不義をくはへて』
七、罪人は神の前に義たらず(廿七終)──『なんぢの義にあづからせ給ふなかれ』
八、罪人は永遠に望を失ふ(廿八)──『かれらを生命の冊よりけして義きものとともに記さるゝことなからしめたまへ』
 以上七つの節は實に恐るべき事を記せり。罪人はかく滅亡に行く途を辿りつゝある也。
▲その反對に廿九〜三十六節に救はれし者の感謝記さる。此人は前述の如く罪人にて滅亡の道を辿り居りしが、今や廿九節の如く神の救によりて『高處』に置かれたるが故に
一、感謝の心を以て靈の祭物(そなへもの)を獻ぐ(三十、三十一)──『われ歌をもて神の名をほめたゝへ感謝をもて神をあがめまつらん 此はをうしまたは角と蹄とある力つよき牡牛にまさりてヱホバよろこびたまはん』
二、他の信者を喜ばす(三十二)──『謙遜者はこれを見てよろこべり 神をしたふ者よなんぢらの心はいくべし』(即ち斯る人は他人の感謝を聞きて新しき生命を得る也)
三、凡てのものに感謝せん事を促す(三十四)──『天地はヱホバをほめ蒼海とその中にうごくあらゆるものとはヱホバを讃まつるべし』
四、リバイバルの望を抱く(三十五、三十六)──『神はシオンをすくひユダのもろもろの邑を建たまふべければなり‥‥‥』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |