第七十一篇



  1. ヱホバよわれなんぢに依賴よりたのむ ねがはくはいづれの日までも恥をうくることなからしめ給へ
  2. なんぢの義をもてわれをたすけわれをまぬかれしめたまへ なんぢの耳をわれにかたぶけてわれをすくひたまへ
  3. ねがはくはなんぢわがすまひのいはとなりたまへ われつねにそのところにゆくことを得ん なんぢわれをすくはんとて勅命みことのりをいだしたまへり そはなんぢはわがいはわが城なり
  4. わが神よあしきものの手より不義殘忍ざんにんなる人のてよりわれをまぬかれしめたまへ
  5. しゅヱホバよ なんぢはわがのぞみなり わが幼少をさなきよりのたのみなり
  6. われたいをはなるゝよりなんぢにまもられ母の腹にありしときよりなんぢにめぐまれたり われつねになんぢをほめたゝへん
  7. われおほくの人にあやしまるゝごとき者となれり されどなんぢはわが堅固なる避所さけどころなり
  8. なんぢの頌辭たゝへごととなんぢの頌美ほまれとは終日ひねもすわが口にみちん
  9. わが年老としおいぬるときわれをすてたまふなかれ わが力おとろふるときわれをはなれたまふなかれ
  10. わがあたはわがことをあげつらひ わが靈魂たましひをうかゞふ者はたがひにはかりていふ
  11. 神かれを離れたり 彼をたすくる者なし かれをおひてとらへよと
  12. 神よわれに遠ざかりたまふなかれ わが神よ とくきたりてわれをたすけたまへ
  13. わがたましひの敵ははぢかつおとろへわれをそこなはんとするものはそしりはぢとにおほはれよ
  14. されどわれはたえずのぞみをいだきていやますますなんぢをほめたゝへん
  15. わが口はひねもすなんぢの義となんぢのすくひとをかたらん われそのかずをしらざればなり
  16. われはしゅヱホバの大能たいのう事跡みわざをたずさへゆかん われはたゞなんぢの義のみをかたらん
  17. 神よなんぢわれを幼少をさなきより敎へたまへり われ今にいたるまでなんぢのくすしき事跡みわざをのべつたへたり
  18. 神よねがはくはわれおい頭髪かみげしろくなるともがなんぢの力を次代つぎのよにのべつたへ なんぢの大能たいのうを世にうまれいづるすべてのものに宣傳のべつたふるまでわれをはなれ給ふなかれ
  19. 神よなんぢの義もまたいとたかし なんぢはおほいなることをなしたまへり 神よたれかなんぢにひとしき者あらんや
  20. なんぢわれらをおほくのおもき苦難なやみにあはせたまへり なんぢ再びわれらをいかし われらを地の深所ふかきところよりあげたまはん
  21. ねがはくはわれをいよいよおほいならしめ歸りきたりてわれをなぐさめ給へ
  22. わが神よ さらばわれさうをもてなんぢをほめ なんぢの眞實まことをほめたゝへん イスラエルの聖者よわれ琴をもてなんぢをほめうたはん
  23. われ聖前みまへにうたふときわが口唇くちびるよろこびなんぢのあがなひたまへるわが靈魂たましひおほいに喜ばん
  24. わが舌もまた終日ひねもすなんぢの義をかたらん われをそこなはんとするもの愧惶はぢあわつればなり

 今一度自分の心を探り自分の爲に祈る祈禱也。
▲本篇の分解
 (一〜四)祈禱
 (五〜八)證詞
 (九〜十三)祈禱
 (十四〜十六)確信
 (十七、十八)祈禱
 (十九〜廿四)感謝
▲本篇の終の方に如何にして感謝すべきかを記す。
一、樂器を以て(廿二)──『われ箏をもて汝をほめ‥‥‥われ琴をもてなんぢを讃うたはん』
二、歌を以て(廿三)──『われ聖前にうたふときわが口唇よろこびなんぢの贖ひたまへるわが靈魂おほいに喜ばん』
三、證詞によりて(廿四始)──『わが舌もまた終日なんぢの義をかたらん』
▲本篇に「終日」という語度々見ゆ。終日感謝讃美する也。
 八節──『なんぢの頌辭となんぢの頌美とは終日わが口にみちん』
 十五節──『わが口はひねもす汝の義となんぢの救とをかたらん』
 廿四節──『わが舌もまた終日なんぢの義をかたらん』
▲又『恒に』(日本譯にては或は『斷えず』)といふ語度々記さる。
一、常に護らる(三)──『ねがはくは汝わがすまひの磐となりたまへ われ恒にそのところに往ことを得ん なんぢ我をすくはんとて勅命をいだしたまへり そは汝はわが磐わが城なり』
二、常に感謝す(六終)──『我つねに汝をほめたゝへん』
三、常に喜ぶ(十四)──『我はたえず望をいだきていやますます汝をほめたゝへん』
▲又本篇に『汝の義』について度々記さる。
 二節始──『なんぢの義をもて我をたすけ我をまぬかれしめたまへ』
 十五節始──『わが口はひねもす汝の義となんぢの救とをかたらん』
 十六節終──『われは只なんぢの義のみをかたらん』
 十九節始──『神よなんぢの義もまた甚たかし』
 廿四節始──『わが舌もまた終日なんぢの義をかたらん』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |