第七十九篇  題目 敎會の爲の祈禱



アサフのうた

  1. あゝ神よ もろもろの異邦人ことくにびとはなんぢの嗣業ゆづりの地ををかし なんぢの聖宮きよきみやをけがし ヱルサレムをこぼちて礫堆いしづかとなし
  2. なんぢのしもべのしかばねをそらの鳥にあたへてとなし なんぢの聖徒せいとの肉を地のけものにあたへ
  3. その血をヱルサレムのめぐりに水のごとく流したり されどこれをはうむる人なし
  4. われらは隣人となりびとにそしられ四周めぐりのひとびとにあなどられ嘲けらるゝものとなれり
  5. ヱホバよかく幾何時いくそのときをへたまふや なんぢとこしへにいかりたまふや なんぢのねたみは火のごとくもゆるか
  6. ねがはくはなんぢをしらざることくにびと聖名みなをよばざるもろもろの國のうへに烈怒みいかりをそゝぎたまへ
  7. かれらはヤコブをのみその住處すみかをあらしたればなり
  8. われらにむかひて先祖とほつおやのよこしまなるわざを記念したまふなかれ ねがはくはなんぢの憐憫あはれみをもてすみやかにわれらを迎へたまへ われらはおとされてはなはだしくひくくなりたればなり
  9. われらのすくひの神よみなのえいくわうのために我儕われらをたすけみなのためにわれらを救ひ われらの罪をのぞきたまへ
  10. いかなれば異邦人ことくにびとはいふ かれらの神はいづくにありやと ねがはくはなんぢの僕等しもべらがながされし血のむくいをわれらの目前まのあたりになして異邦人ことくにびとにしらしめたまへ
  11. ねがはくはなんぢのみまへにとらはれびとの嘆息なげきのとゞかんことを なんぢのおほいなる能力みちからにより死にさだめられし者をまもりてながらへしめたまへ
  12. しゅよわれらの隣人となりびとのなんぢをそしりたるそしり七倍なゝかさましてそのふところにむくいかへしたまへ
  13. さらばわれらなんぢのたみなんぢの草苑まきのひつじは 永遠とこしへになんぢに感謝しその頌辭たゝへごと世々よゝあらはさん

 本篇は神殿(かみのみや)の汚されたる時の祈禱(いのり)にて、是亦リバイバルの祈禱といふべし。神の敎會が汚を受けし時、我等も此篇にある如く碎けたる心を以て祈るべき也。
▲本篇の要點以下の如し。
一、敵の働(一〜四)
 此一段に「なんぢの」といふ言度々あるに注意せよ。『異邦人はなんぢの嗣業の地ををかし』『なんぢの聖宮をけがし』『なんぢの 僕のしかばねをそらの鳥に與へて餌となし』『なんぢの聖徒の肉を地のけものにあたへ』
 即ち自分の苦(くるしみ)を感ずる爲に非ず、神の苦を感じて祈る也。
二、敵の審かるゝ事を祈る(五〜七)
三、自らの爲の祈禱(八〜十三)
 八節──過去に於る罪の赦を願ふ
 九節──現在に於て神の助を願ふ
 十節──神の御臨在と能力(ちから)の表されん事を願ふ
 十一節──憐むべき者の救はれん事を願ふ
 十三節──永遠の感謝



| 目次 | 緖言 | 總目次 |