第八十一篇



  1. ギテトの琴にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるアサフのうた
    われらの力なる神にむかひて高らかにうたひ ヤコブの神にむかひてよろこびの聲をあげよ
  2. 歌をうたひ鼓とよき音のことと箏とをもちきたれ
  3. 新月と滿月とわれらの節會の日とにラッパをふきならせ
  4. これイスラエルの律法(おきて)ヤコブのかみの格(さだめ)なり
  5. 神さきにエジプトを攻たまひしときヨセフのなかに之をたてて證(あかし)となしたまへり 我かしこにて未だしらざりし方言(ことば)をきけり
  6. われかれの肩より重荷をのぞき かれの手を籃(かご)よりまぬかれしめたり
  7. 汝なやめるとき呼しかば我なんぢをすくへり われ雷鳴(いかづち)のかくれたるところにて汝にこたへメリバの水のほとりにて汝をこゝろみたり セラ
  8. わが民よきけ我なんぢに證せん イスラエルよ汝がわれに從はんことをもとむ
  9. 汝のうちに他神(あだしかみ)あるべからず なんぢ他神ををがむべからず
  10. われはエジプトの國よりなんぢを携へいでたる汝の神ヱホバなり なんぢの口をひろくあけよ われ物をみたしめん
  11. されどわが民はわが聲にしたがはず イスラエルは我をこのまず
  12. このゆゑに我かれらが心のかたくななるにまかせ彼等がその任意(こゝろまゝ)にゆくにまかせたり
  13. われはわが民のわれに從ひイスラエルのわが道にあゆまんことを求む
  14. さらば我すみやかにかれらの仇をしたがへ わが手をかれらの敵にむけん
  15. 斯てヱホバをにくみし者もかれらに從ひ かれらの時はとこしへにつゞかん
  16. 神はむぎの最嘉(いとよき)をもてかれらをやしなひ 磐よりいでたる蜜をもて汝をあかしむべし

 本篇に於る格別なる言は十節にて、此言は本篇の主意なり。
 『われはエジプトの國よりなんぢを携へいでたる汝の神ヱホバなり なんぢの口をひろくあけよ われ物をみたしめん』
 (此九、十節は聖書の中央の節にて聖書は此にありといふも差支なからん)
▲本篇の分解
 (一〜四)感謝
 (五〜七)神の救
 (八〜十)神の勸
 (十一、十二)神の歎
 (十三〜十六)神の勸と其に從ふ結果
▲十一、十二節に於て神はイスラエルの不信仰の爲に御計畫通りの恩惠を與ふる事能はざるを歎き給ふ。神は十四節以下にある如く以下の惠を備へ給ふが故に十三節の如く神に從順ならん事を求め給ふ也。
 從順なるべき勸(十三)──『われはわが民のわれに從ひイスラエルのわが道にあゆまんことを求む』
▲其結果得られるべき恩惠(十四〜十六)
一、勝利(十四)──『さらば我すみやかにかれらの仇をしたがへ わが手をかれらの敵にむけん』
二、罪人の救(十五)──『斯てヱホバをにくみし者もかれらに從ひ かれらの時はとこしへにつゞかん』
三、溢るゝ程の恩惠(十六)──『神はむぎの最嘉をもてかれらをやしなひ 磐よりいでたる蜜をもて汝をあかしむべし』
 神は我等各自(おのおの)の爲にも此三つの恩惠を備へ給ふが故に我等主に從順ならん事を。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |