第八十二篇



  1. アサフのうた
    かみは神のつどひの中にたちたまふ 神はもろもろの神のなかに審判(さばき)をなしたまふ
  2. なんぢらは正からざる審判をなし あしきものの身をかたよりみて幾何時(いくそのとき)をへんとするや セラ
  3. よわきものと孤兒(みなしご)とのためにさばき 苦しむものと乏(とも)しきものとのために公平をほどこせ
  4. 弱きものと貧しきものとをすくひ彼等をあしきものの手よりたすけいだせ
  5. かれらは知ることなく悟ることなくして暗中(くらきなか)をゆきめぐりぬ 地のもろもろの基はうごきたり
  6. 我いへらく なんぢらは神なり なんぢらはみな至上者(いとたかきもの)の子なりと
  7. 然どなんぢらは人のごとくに死(しに)もろもろの侯(きみ)のなかの一人のごとく仆(たふ)れん
  8. 神よおきて全地をさばきたまへ 汝もろもろの國を嗣たまふべければなり

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |