第八十三篇



  1. アサフの歌なり 讃美なり
    神よもだしたまふなかれ 神よものいはで寂靜(しづまり)たまふなかれ
  2. 視よなんぢの仇はかしがましき聲をあげ汝をにくむものは首(かしら)をあげたり
  3. かれらはたくみなる謀略(はかりごと)をもてなんぢの民にむかひ相共にはかりて汝のかくれたる者にむかふ
  4. かれらいひたりき 來(いざ)かれらを斷(たち)滅してふたゝび國をたつることを得ざらしめイスラエルの名をふたゝび人にしられざらしめんと
  5. かれらは心を一つにしてともにはかり互にちかひをなしてなんぢに逆(さか)ふ
  6. こはエドムの幕屋にすめる人イシマエル人 モアブ、ハガル人
  7. ゲバル、アンモン、アマレク、ペリシテおよびツロの民などなり
  8. アッスリヤも亦かれらにくみせり 斯てロトの子輩(こら)のたすけをなせり セラ
  9. なんぢ曩(さき)にミデアンになしたまへる如く キションの河にてシセラとヤビンとに作(なし)たまへるごとく彼等にもなしたまへ
  10. かれらはエンドルにてほろび地のために肥料(こえ)となれり
  11. かれらの貴人(きにん)をオレブ、ゼエブのごとく そのもろもろの侯(きみ)をゼバ、ザルムンナのごとくなしたまへ
  12. かれらはいへり われら神の草苑(まき)をえてわが有(もの)とすべしと
  13. わが神よかれらをまきあげらるゝ塵のごとく風のまへの藁のごとくならしめたまへ
  14. 林をやく火のごとく山をもやす熖のごとく
  15. なんぢの暴風(はやち)をもてかれらを追ひなんぢの旋風(つむじかぜ)をもてかれらを怖れしめたまへ
  16. かれらの面(かほ)に恥をみたしめたまへ ヱホバよ然(さら)ばかれらなんぢの名をもとめん
  17. かれらをとこしへに恥おそれしめ惶(あわ)てまどひて亡びうせしめたまへ
  18. 然ばかれらはヱホバてふ名(みな)をもちたまふ汝のみ全地をしろしめす至上者(いとたかきもの)なることを知るべし

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |