第八十六篇



  1. ダビデの祈禱
    ヱホバよなんぢ耳をかたぶけて我にこたへたまへ 我はくるしみかつ乏しければなり
  2. ねがはくはわが靈魂(たましひ)をまもりたまへ われ神をうやまふ者なればなり わが神よなんぢに依賴める汝のしもべを救ひ給へ
  3. 主よわれを憐みたまへ われ終日(ひねもす)なんぢによばふ
  4. なんぢの僕のたましひを悅ばせたまへ 主よわが靈魂はなんぢを仰ぎのぞむ
  5. 主よなんぢは惠ふかくまた赦(ゆるし)をこのみたまふ 汝によばふ凡てのものを豐かにあはれみたまふ
  6. ヱホバよわがいのりに耳をかたぶけ わが懇求(ねがひ)のこゑをきゝたまへ
  7. われわが患難(なやみ)の日になんぢに呼はん なんぢは我にこたへたまふべし
  8. 主よもろもろの神のなかに汝にひとしきものはなく汝のみわざに侔(ひと)しきものはなし
  9. 主よなんぢの造れるもろもろの國はなんぢの前にきたりて伏拜まん かれらは聖名(みな)をあがむべし
  10. なんぢは大なり 奇しき事跡(みわざ)をなしたまふ 唯なんぢのみ神にましませり
  11. ヱホバよ なんぢの道をわれに敎へたまへ 我なんぢの眞理(まこと)をあゆまん ねがはくは我をして心ひとつに聖名をおそれしめたまへ
  12. 主わが神よ我心をつくして汝をほめたゝへ とこしへに聖名をあがめまつらん
  13. そはなんぢの憐憫(あはれみ)はわれに大なり わがたましひを陰府(よみ)のふかき處より助けいだしたまへり
  14. 神よたかぶれるものは我にさからひて起りたち 暴(あら)ぶる人の會(つどひ)はわがたましひをもとめ 斯てなんぢを己がまへに置ざりき
  15. されど主よなんぢは憐憫とめぐみとにとみ怒をおそくし愛しみと眞實(まこと)とにゆたかなる神にましませり
  16. 我をかへりみ我をあはれみたまへ ねがはくは汝のしもべに能力(みちから)を與へ汝のはしための子をすくひたまへ
  17. 我にめぐみの憑據(しるし)をあらはしたまへ 然(さら)ばわれをにくむ者これをみて恥をいだかん そはヱホバよなんぢ我をたすけ我をなぐさめたまへばなり

一、祈禱に於る正しき態度(一〜四)
 1.己の缺乏を感ずる心(一終)──『我はくるしみかつ乏しければなり』
 2.神の愛を感ずる心(二中程英譯欄外)──『われは汝に愛せらるゝ者なれば也』
 3.信仰(二終)──『わが神よなんぢに依賴める汝のしもべを救ひ給へ』
 4.倦まざる熱心(三終)──『われ終日なんぢによばふ』
 5.希望(四終)──『主よわが靈魂はなんぢを仰ぎのぞむ』
二、斯る祈禱に對する神の態度(五〜八に於て之を見る)
 1.祈禱を歡迎し給ふ(五)
 2.惠深く在す(五)──『主よなんぢは惠ふかくまた赦をこのみたまふ 汝によばふ凡てのものを豐かにあはれみたまふ』
 3.喜んで答へ給ふ(七終)──『なんぢは我にこたへたまふべし』
 4.大なる力を以て働き給ふ(八)──『主よもろもろの神のなかに汝にひとしきものはなく汝のみわざに侔しきものはなし』
 祈る時に斯く正しき態度を有ち、又之に對する神の態度を知る事は大切なり。斯て其為に力ある祈禱を捧ぐる事を得。
▲本篇を二つに大區分すれば
 (一〜八)祈禱に於る心の準備
 (九〜十七)祈禱の結果
となす事を得べし。今第二段の要點を云へば以下の如し。
  九、十節  に於て祈禱の結果として神の御計畫を明かに見る事を得
  十一節  に於て尚ほ明かなる光を求め
  十二〜十五節  に於て神の榮光を見て感謝し
  十六、十七節  に於て新しき惠を求む
▲十節に『なんぢは大なり』とあり、是に就て以下の三つの事を見よ。
 『主よなんぢは惠ふかく』(五)
 『なんぢの憐憫(mercy)は‥‥‥大なり』
 『なんぢは憐憫‥‥‥にとみ(full of compassion)』(十五)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |